Piket's Movie Memorandum

ぴけっとの映画ブログにようこそ!ホラサス、SF、ドラマが好きです。各記事内の続きを読むをクリックすると、ネタバレが有りますので、ご注意を。記事数は2019年10月10日現在で、2156作品です。記事内の星はオイラのお勧め度で★1点☆0.5点で、5点満点で採点してあります。よろしくお願い致します。

カテゴリ: Music Family

フランス西南部の海辺の街ロシュフォールは、年に一度の祭を二日後に控え賑わっていた。その街にはソランジュとデルフィーヌという美しい双子姉妹が住んでいた。姉のソランジュは音楽家を、妹のデルフィーヌはバレリーナを志し、いつの日かこのロシュフォールから飛び出し花の都パリで自分達の力を試してみたいと思っていた。また彼女たちには、いつの日か素晴らしい恋人にめぐり逢いたいという夢もあった。姉妹の母親イヴォンヌはカフェの女主人で、彼女の気さくな人柄で多くの常連客もおり店は繁盛していた。その客の中には、今回の祭に出演するために訪れた曲芸師兼ダンサーのエチエンヌとビルの二人組や、理想の女性の人物画を描いている水兵のマクサンスがいた。


続きを読む

第一部 旅立ち 1957年11月~
アルジェリア戦争ただ中のフランス。港町シェルブールに住む20歳の自動車整備工ギイと17歳のジュヌヴィエーヴは結婚を誓い合った恋人同士。20歳のギイは病身の伯母エリーズと、17歳のジュヌヴィエーヴはシェルブール雨傘店を営む母エムリ夫人と暮らしている。エムリ夫人は2人が若過ぎる事を理由に結婚に反対するが、2人は将来生まれて来る子供の名前(女の子だったらフランソワーズ)を考えたり自分たちのガソリンスタンドを持つ夢を語り合ったりと幸福な恋愛を謳歌していた。そんなある日エムリ夫人に莫大な8万フランの納税通知書が届く。切羽詰まっていたエムリ夫人は娘に説得され大切なネックレスを売る決心をして、娘を連れて宝石店へ行った。店主との交渉はうまく進まなかったが、たまたま居合わせた宝石商ローラン・カサールが、その場でネックレスを購入してくれた。やがてギイに召集令状が届きアルジェリア戦争において2年間の兵役を務めることになった。尽きる事無く別れを惜しむギイとジュヌヴィエーヴ。その夜2人はギイの部屋で結ばれた。ギイは幼馴染みのマドレーヌに伯母の世話を頼みジュヌヴィエーヴと永遠の愛を誓い合って、シェルブール駅で別れを告げ入営する。
第二部 不在 1958年1月~
ある日エムリ夫人は町でカサールと出会い食事に招待する。妊娠していることを知ったジュヌヴィエーヴはギイから2ヶ月に1回しか手紙が来ないことを不安に感じていた。ジュヌヴィエーヴが気分が悪いと休んだ後、エムリ夫人に引き止められたカサールはジュヌヴィエーヴに結婚を申し込むつもりだったことを打ち明ける。ジュヌヴィエーヴに出会いカサールは失っていた人生の目標を見つけることができたのだった。決めるのは本人なので押しつけないように頼み、カサールはまた旅に出る。手紙で妊娠を知ったギイからは2月に「男の子だったら名前はフランソワ」と喜びの返事が届く。だがギイを待ち続けていたジュヌヴィエーヴは次第にカサールに心を開き、子どもを一緒に育てようという求婚を受け入れる。結婚からしばらくしてエムリ夫人も店を処分し娘が住むパリへと移住する。


続きを読む

複雑な生い立ちや容姿へのコンプレックスを抱えた孤独な若者フレディ・マーキュリーは、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーたちと出会い、バンド“クイーン”を結成する。この個性的なメンバーの集まりは、互いに刺激し合うことで音楽的才能を開花させていき、常識にとらわれない革新的な名曲を次々に生み出していく。そしてついに、ロックとオペラを融合させた型破りな楽曲『ボヘミアン・ラプソディ』が完成する。しかし6分という当時としては異例の長さに、ラジオでかけられないとレコード会社の猛反発を受けるフレディたちだったが…。


続きを読む

1938年のエジプトで、考古学者のチームが墳墓と財宝を探す。チーム・リーダーの幼い息子が穴に落ちたが、そこに探していた墓を発見して息子は父親とチームを呼び寄せる。チームは石板を見つけて喜ぶが、現地人は、石板を動かせば死が訪れると警告した。現代のニューヨーク、夜間警備員のラリーとアメリカ自然史博物館の展示物たちは、新しいプラネタリウムのレセプションを準備する。展示物にはラリーそっくりのネアンデルタール人の蝋人形のラーが加わっている。一方、石板には錆のような異常が発生。アクメンラーはラリーにその事を伝えるが彼は気にせずレセプションを敢行。その後、石板の錆が更に広がると展示物たちは我を忘れて大暴れしてしまいレセプションは台無しになってしまった。ラリーは展示物たちを叱り、家に帰るが、息子のニッキーがパーティーを深夜まで開いていた。パーティーはお開きになり、ニッキーは大学に進むべきか迷っており、「一年ゆっくり考えたい、イビザ島でDJがしたい」と言いだした。ラリーは前任の老警備員・セシルが1938年に石板を発見した少年であることを知る。セシルは現地人が言っていたことが、石板の魔法の終りであることを知り、アクメンラーの両親が大英博物館に運ばれた事を教える。ラリーは父親が石板の秘密を知っているとアクメンラーが言っていたことを思い出し、レセプションの責任を取りクビになったばかりのマクフィー博士を説得、アクメンラーと石板を連れてロンドンに行けるよう計らって貰った。



続きを読む

アメリカ自然史博物館での騒動から2年後。元警備員のラリーは発明をしてヒットして、自分の会社を立ち上げ成功していた。同館は改装のために休館となり、居場所のなくなった展示物たちはスミソニアン博物館の地下保管庫に保管されることになる。スミソニアンへと運ばれてきた展示物たちだったが、自然史博物館に残されるはずだった魔法の石版が、デクスターのいたずらで一緒に運ばれたため、夜になると魔法の力で動き出す。ところが、魔法の力がスミソニアンの展示物にまで命を吹き込んでしまったことから博物館内は大騒ぎになる。その夜、ラリーの元に展示物から電話が入る。自然史博物館のファラオ・アクメンラーの兄であるカームンラーが、他の展示物を味方につけて世界征服を目論んで動き出したという。ラリーは石版を取り返すため、合わせて1億以上にも及ぶ展示物たちを相手にまたまた奮闘することになってしまう。・・・



続きを読む

冴えない自称発明家のラリーは何の仕事をしても長続きせず失業中だった。離婚した元妻と暮らしている息子のニックから、仕事を探すよう諭されたラリーは、職業斡旋所に行き、そこでニューヨークの自然史博物館での仕事を紹介される。博物館に訪れたラリーが聞いた仕事とは夜警(夜間の警備員)だった。ラリーは3人の老警備員たちから、博物館の来場者が少なくなったせいで長年夜警を務めていた俺たちは解雇され新たに1人だけ雇うことになったのだという話を聞く。こうしてラリーは博物館の新米夜警として働くことになる。夜警として働き出したその日、ラリーはいつの間にかティラノサウルスの骨格標本が台座から忽然と消えているのに気付く。訝しがるラリーが見回りをすると、なんと骨格標本はまるで生きているかのように博物館内を動き回っていた。それだけではなく、石像や動物の剥製、ミニチュア人形など他の展示物も同様に動き回り、言葉を話したりしていることに気付く。ラリーは電話で元警備員の老人たちに助けを求めるが、老人たちは展示物が動くのは当然のことであるかのように話し「渡したマニュアルを見ろ」と電話を切ってしまう。 そんな状況の中ラリーは夜な夜な暴れだす博物館の展示物達を鎮めるため、孤軍奮闘することになる。



続きを読む

ロジャー・ウォーターズの2010年~2013年に行なわれた“The Wall Live"ツアーの模様を追ったドキュメンタリー映画「Roger Waters The Wall」に合わせてリリースされる最新ライヴ作品。“The Wall Live"ツアーはピンク・フロイドが1979年に発表したコンセプト・アルバム『ザ・ウォール』を完全再現するもので、演奏が進むごとにステージ壁が積み上げられ、飛行機が飛んできて壁に激突、巨大な人形が出現し、ブタは飛び、最後に壁が崩れ落ちるという凄まじいスケールのステージで、3年間で219公演、ソロ・アーティストとしては歴代最高の興行収益を記録した。映画ではライヴや舞台裏とともに、1944年にイタリアで戦死した、祖父が眠る場所へ訪問する模様などロードムービー的な要素も盛り込まれている。・・・



続きを読む

1830年、バイオリンの名手で悪名高き女たらし、パガニーニはヨーロッパ全土で絶賛されキャリアの頂点に立っていたが、ロンドンでだけはまだ名声を得ていなかった。パガニーニを英国デビューさせるべく、指揮者ワトソンは財産を投げ打ってロンドン公演を計画、マネージャーのウルバーニは、嫌がるパガニーニを眠らせてイギリスに連れ出すことに成功。ジャーナリスト、ランガムの絶賛記事にも助けられロンドンの人々はパガニーニの演奏を待ちわびていた。・・・



続きを読む

1940年代のアメリカ・ニューヨークの夜の街。小刻みなライドシンバルのリズム、うねるようなウッドベースそして、アルトサックスの音色。ビバップの創始者、アルトサックス奏者のチャーリーパーカー(バード)はその卓越したメロディセンスとアドリブで観客の歓声を浴びていた。しかしその裏では、潰瘍による苦しみ、アルコール、ドラッグに溺れる日々、そして音楽に対する深い不安を抱えた彼がいたのであった。・・・



続きを読む

天才ピアニスト、ミッシェル・ペトルチアーニ。成人してからも身長が1メートルほどしかない骨の病気に苦しみながらも、類い希な音楽的才能でジャズの本場アメリカにその名を轟かせる一方、プライベートでは数々の女性遍歴を重ねていく。そんなペトルチアーニの情熱的で型破りな人生と、周囲を虜にしてしまうカリスマ的魅力を、彼の演奏シーンや日常を捉えた貴重な映像の数々と関係者へのインタビューで明らかにしていく。・・・



続きを読む

英国のバンド、クオリーメンはメンバーチェンジを経て1960年、ザ・ビートルズと改名して再出発するが、無名時代はドイツのハンブルクで多忙な毎日を過ごした。しかし、1962年にデビュー曲「ラヴ・ミー・ドゥ」を発表した後、母国だけでなく世界中を熱狂に巻き込むほどの人気バンドになる。彼らはワールドツアーで日本など世界各地に向かうが、バンドがカリスマ的になり過ぎたことに対してジレンマを感じるようになる。・・・



続きを読む

1950年代に一世を風靡した、ジャズ・トランペッター「チェット・ベイカー」は、ドラッグ絡みのトラブルをたびたび起こしスポットライトから久しく遠ざかっていた。 1966年公演先のイタリアで投獄された後、アメリカに帰国したチェットは俳優として自伝映画の撮影に参加する。しかしヤクの代金未払いにより売人から惨たらしい暴行を受け、アゴが砕かれ前歯を全部失う重症を負わされた。これは今までのキャリアの終焉を意味していた。トランペットが吹けないチェットの心のよりどころは、映画で共演した女優ジェーンの存在だった。 ジェーンの献身的な愛に支えられ、険しい再起への道のりを乗り越えていくチェットだった。・・・



続きを読む

エルサとアナは美しきアレンデール王家の姉妹。氷の魔法が使えるエルサは幼い頃、自分の力をコントロールできなくなって妹アナのこめかみに氷を打ち込み死の間際まで追い込んでしまう。トロールの長老の力でなんとかアナは助かったが、それ以来エルサはアナを遠ざけ自ら部屋に閉じこもる。両親が海難事故で亡くなってもエルサは部屋から出てこない。そして成長してエルサの女王の戴冠式で、ハンスと婚約すると言うアナと言い争いになり、氷の魔法を使い市民に魔法使いとばれて、一人で出て行く。妹アナは姉に街に戻るよう、街の氷を溶かしてくれるよう雪山に頼みに行くがエルサは、またしても誤ってアナの心臓に氷を打ち込んでしまう。・・・

アナと雪の女王 amazon
2013 FROZEN trailer
 
続きを読む

14歳の小人の少女・アリエッティは、郊外にある古い屋敷の床下で、人間の生活品を借りながら、両親と密かに慎ましく暮らしていた。しかし、彼女らは人間に見られてはいけないという掟があった。そんなある日、その屋敷に引越してきた病を患った少年・翔に自分の姿を見られてしまい、アリエッティは外の世界で暮らすことを余儀なくされる。・・・

借りぐらしのアリエッティ amazon
The Borrowers 2010 trailer
続きを読む

1823年11月、凍てつくウィーンの街で1人の老人が自殺をはかった。「許してくれモーツァルト、おまえを殺したのは私だ」、老人は浮わ言を吐きながら精神病院に運ばれた。数週間後、元気になった老人は神父フォーグラーに、意外な告白をはじめた。老人の名はアントニオ・サリエリ。かつてはオーストリア皇帝ヨゼフ二世に仕えた宮廷作曲家だった。神が与え給うた音楽の才能に深く感謝し、純潔を守り、音楽を通じて神の下僕を任じていた彼だが、神童としてその名がヨーロッパ中に轟いていたウォルフガング・アマデウス・モーツァルトが彼の前に出現したときその運命が狂い出した。・・・

アマデウス amazon

続きを読む

約2万年前の地球には温暖化の波が押し寄せ、氷河期(アイス・エイジ)は終わろうとしていた。以前の冒険の旅ですっかり友情を育んだマニー、シド、ディエゴの3匹は、仲良くこのポカポカ陽気を満喫していた。しかし、アルマジロのものしりトニーやハゲワシが“このままだと5日後には大洪水が起こる”と警告する。そしてたまたま谷の壁の上に上ったマニーたちが見た光景はどんどん氷が解け始めている姿だった。その後、徐々に氷の壁が崩れ始める。谷の動物たちは生き残りを懸け、水の少ない谷の反対側にある船を目指し大移動を開始した。旅の途中でマニーは「みんなからマンモスはもう絶滅した」と聞かされる。おまえが最後の1頭だと言われ落ち込むマニー。そんな時、マンモスの声を聞き、駆けつけてみると、そこには雌マンモスのエリーがいた。ただし彼女はフクロネズミの兄弟と暮らしており、自分がマンモスと自覚していないようだった。・・・

ice age 2 the meltdown (trailer)
アイス・エイジ2 amazon
続きを読む

カクレクマノミのマーリンは妻と新居のイソギンチャクに引っ越す。広い海原が見える環境で妻は卵を産み孵化まであと2日。その時カジキが現れマーリンが気絶している間にみんな食べられてしまった。ただ1個の卵を残して、、、1人息子のニモは元気に成長し「エイ先生」の学校に入学する事になった。しかし入学初日に好奇心から人間のボートに近づき、捕らえられてしまう。そして連れられていったのは、シドニーの歯医者さんの水槽の中だった。父マーリンは息子会いたさに、大海原を駆け抜ける長い旅に出発した。・・・

ファインディング・ニモ amazon
Finding Nemo Trailer
続きを読む

森の奥の沼で1人で住む怪物シュレック。ある日デュロックの町のファークアード卿の命令で住む場所を追われた「おとぎの国の住人」たちが大挙押し寄せてきた。ロバのドンキーと仕方なく直談判に出掛けるのだが、なんとフィオナ姫の救出選考会に出る羽目になり、そこで優勝してしまう。そして沼の権利書と引き換えにドラゴンのいる城にフィオナ姫を助けに行く。溶岩のお堀を抜け、ドラゴンと戦い、なんとか救出してデュロックに向かう。その道すがら、ほのかな恋心を抱く2人。しかし相手は姫、自分は怪物。もどかしさを感じるシュレックだった。しかし姫には秘密があり昼と夜とでは容姿が変わってしまうのだった。魔女に魔法をかけられ運命の人とキスをすると、その時初めて本当の自分に戻れるのだ。・・・

シュレック amazon
shrek trailer 2001
続きを読む

愛国主義の時代、国と国は戦争を繰り返していた。18歳の少女ソフィーは自分の人生をどう生きればよいか葛藤を続けながら亡き父の帽子屋を営んでいた。ある日、町で荒地の魔女の手下:ゴム人間に追われている青年ハウルと出会う。ハウルはソフィーに魔法をかけ空中散歩をさせてくれた。夢のような一時を過ごすソフィー。ところがその夜、ソフィーは荒地の魔女に呪いをかけられ90歳の老婆の姿にされてしまう。老婆のままでは家にいる事も出来ない。しょうがなくソフィーは家出をする。その後荒地で途方にくれていた時、カカシのカブがハウルの動く城を連れてきてくれた。魔法使いは美女の心臓を食うという噂がある中、おばあちゃんの心臓は食わないだろうと考え、城の中へ潜り込んだのだった。・・・

ハウルの動く城 amazon
howl's moving castle trailer
続きを読む

このページのトップヘ