Piket's Movie Memorandum

ぴけっとの映画ブログにようこそ!ホラサス、SF、ドラマが好きです。各記事内の続きを読むをクリックすると、ネタバレが有りますので、ご注意を。記事数は2020年02月15日現在で、2192作品です。記事内の星はオイラのお勧め度で★1点☆0.5点で、5点満点で採点してあります。よろしくお願い致します。

カテゴリ: Panic

ヨットを購入したダンはザックの誕生日に旧友を呼び寄せメキシコ湾からクルーズとしゃれこむ。エイミーは小さい頃、海で父を亡くして以来、海恐怖症だったが夫ジェームズの勧めもありライフジャケットを着込み乗り込んだ。しばらく航海してヨットを停めて海水浴をしはじめる一行。酔ったダンは海に入らないエイミーを抱きかかえ一緒に飛び込んだ。その後、乗員全員海に入ってしまい、船に上がる為の梯子を出し忘れたことに気づいた。・・・

オープンウォーター2 amazon
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ニューヨークからアテネへ向かう豪華客船「ポセイドン号」には大晦日の夜を祝う1400名の客が乗り合わせていた。順調かと思われた航海の途中、巨大な津波が押し寄せ船は転覆、船底が海上を向いた状態で停止する。パニック状態に陥った乗客たちの中で、たまたま乗り合わせていたスコット牧師がリーダーシップを発揮し、生き残った乗客たちを脱出へと導いていく。だがその先には更なる苦難と悲劇が待ち構えていた。・・・

ポセイドン・アドベンチャー amazon
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

深い森林と湿地帯にかこまれたフロリダ。ここに別荘をかまえるジェイスン・クロケットは、自分の誕生日と独立記念日を祝うために、年に一度ちらばっている家族を集めるのが習慣になっていた。その行事も今年は何か不気味な雰囲気に包まれていた。別荘のまわりに蛙が異常繁殖し、それを絶滅するために農薬を散布していた男が行方不明となったのだ。カメラマンのピケットは爬虫類や公害被害を撮るために湖にカヌーで出ていたが、ジェイスンの孫のクリントのモーターボートと接触しそうになり転覆させられる。お詫びにと、別荘に招待されたのだった。・・・
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新年を迎えた、いずみ野市立病院。救命救急医・松岡剛のもとに、一人の急患が運び込まれてくる。その患者は高熱に痙攣、吐血を催し、全身感染ともいえる多臓器不全に冒されていた。この症状は新型インフルエンザと想定され、治療が進められる。しかし、あらゆるワクチンを投与するも虚しく、患者は死亡してしまうのだった。さらに、正体不明のウイルスは医療スタッフや患者たちにも感染、病院がパニック状態に陥ってしまう。やがて、事態の究明とウイルスの感染拡大を防ぐため、世界保健機関(WHO)からメディカルオフィサーの小林栄子が派遣されることに。そして小林は松岡らに「このウイルスが国内に広まったら3ヶ月以内に交通網・都市機能が停止、半年後には感染者数が数千万人にのぼる」というあまりにも残酷な事態が起こるという予想を告知した。・・・

感染列島 amazon
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

12月25日、ハイチの山奥から男が現れ、近くの浜辺で古い手紙の封印を解くと海の魚が大量に死に始めた。そしてその三日後、イスラエルの砂漠にある村が異常気象による冷害で全村民が凍死するという出来事が起きた。そして次々と世界各地で異常現象が起き始めた頃、出産を控えたアビーの家に山奥から現れた男デビッドが下宿人として住む事になる。その後、彼の言動や部屋にあった古い手紙に不信感を抱いた彼女はその手紙の内容を調べてみることにした。・・・

第七の予言 amazon
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まれに見る不安定な気象状況に、多数の竜巻発生が予想されたアメリカ南部。かつて「ストーム・チェイサー(竜巻を追い観測する研究者)」として名をはせた気象予報官のビルは、現役のストーム・チェイサーである妻ジョーとの離婚を成立させるため、フィアンセをともなってひさしぶりに竜巻追跡の現場へやってくる。ジョーのチームは、ビルの発案で開発された画期的観測装置「ドロシー」の運用実験に臨んでいた。そこにはアイデアを盗んでまったく同じ仕様の装置を持ち出して来たライバル研究者、ジョーナスの姿もあった。気もそぞろにジョーたちの手伝いを始めるビル。資金力にものをいわせて竜巻を追うジョーナスたちに先んじて、なんとしても「ドロシー」を竜巻の直下に仕掛けなければならない。いくつもの竜巻との遭遇……幼少時、竜巻に奪われた父を追うかのように無謀なジョーの姿……ビルの中で、何かが動き始めたその時、夜の闇の奥から強力な大竜巻が現れ、町を破壊しつくしていった。新しい竜巻予報システムを構築して被害を防がなければ……。そのためにはデータが要る!目的と絆を取り戻したビルとジョーは、「ドロシー」に改良を加え最後の追跡に挑む。そして遂に、彼らの目の前に、最大級F5クラスの巨大竜巻が現れた。・・・

ツイスター amazon
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ローマ行きの旅客機内に、爆弾が持ち込まれているという通報が入った。バーノン機長と主任スチュワーデス・グエンは、爆弾の入ったアタッシュ・ケースを確保しようとするが、犯人は爆弾もろとも自殺してしまう。そしてその衝撃で、旅客機の胴体に亀裂が入り、空中分解の危機が訪れる。急遽、旅客機はリンカーン空港へ向けて転回するが、空港は猛吹雪のため一切の機能を停止していた。・・・

airport19701.jpg

大空港 amazon
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

火星軌道と木星軌道の間に存在する小惑星帯の一部であるアポロ小惑星群の「オルフェウス」に彗星が衝突し、砕けた破片の幾つかが、メテオ(隕石)となって地球に接近し始めた。特に最も大きなメテオは最大直径が約8キロあり、一週間後に地球に衝突すると予測された。これが地球に衝突したら、吹き上げられた土砂が空を覆い、氷河期が訪れるだろうと推定された。アメリカ合衆国政府は14基の核ミサイルを搭載した人工衛星「ハーキュリーズ」を使ったメテオ破壊を企図し、その開発者である科学者ポール・ブラッドレーを招へいした。
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

50年前に小学校に埋められたタイムカプセルから不可解な数字が書かれた一枚の紙を持ち帰ってきた少年ケイレブ。彼の父親で宇宙物理学教授のジョンは、そこに記された数字の羅列が過去50年とこれから先に起きる未来の出来事を予言したものだと気づく。そして、最後に書かれた数字は人類の存亡に関わるものだった。・・・

ノウイング amazon
knowing trailer
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年。太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える。この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、すぐに米大統領 主席補佐官に報告。やがて世界各国の首脳と一握りの富裕層にのみ事実が知らされ、人類を存続させる一大プロジェクトが極秘に開始される。そして2012 年。売れない作家のジャクソンは離婚後、子供たちとキャンプにやってきた。そこ、イエローストーン国立公園で、乾き切った湖や政府の奇妙な動きを目撃。世界に滅亡が迫っていることを、偶然知ってしまう。・・・

2012 amazon
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関東に直下型地震が発生して数週間。都市の機能は回復しつつあった。しかし、地震の影響で太平洋の海水温が上昇しイルカや魚が死亡。水蒸気が大量に放出され台風が発生する。その台風は中心気圧870hPa(ヘクトパスカル)、最大風速110mの巨大さで9月16日東京に上陸予定だ。まず予兆として台風はヒョウを銀座に降らせ、高潮で都市を破壊。東京は完全にパニック状態に陥る。旧新橋駅地下に閉じ込められた5人の中には、元ハイパーレスキュー隊(消防救助機動部隊)の篠原祐司がいた。彼は、“252”(要救助者あり、2回、5回、2回と音を出すこと。)の信号を地上に向けて送り続ける。・・・

252 生存者あり amazon
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1996年ジェイミーの仕事はCSSRの気象調査官。夫のジムと一緒に仕事で嵐を追跡している時、サイレントストームの雷(バースト)にジムが運転する小型飛行機がやられジムは死亡。2年後、ジェイミーはCSSRで新人の訓練を行っているが厳しすぎる教官と有名だ。彼女は、夫が死んで以来、夫の仕事の完成だけを夢見て、世捨て人のようだった。ある日、コロラド州北部の小さな町を竜巻が襲う。それは地理や雨が少ない気候を考えても通常起こり得ない災害であり、不審に思ったジェイミーは、被災者救済組織FEMAのウィルと協力して原因究明に乗り出すことにした。早速町の周辺を調べたところ、山中に観測衛星を打ち上げるためのロケット発射場(名称はパインフェザー)を発見し、これと竜巻の関連性を探る。この施設はエネルギー省、そしてNASAとも関連があった。しかしジェイミーが調べようとした結果、彼女はエネルギー省にマークされた上、上司からも見放されてしまう。その後、自分のノートPCのシュミレーション機能で、ロケット燃料の液化水素が大気に残存して電磁層を作りあげ上昇気流を生み出し竜巻を発生させる原因になっていること突き止める。更にそうしている間にも、次なる巨大竜巻が発生しようとしていた。・・・

ツイスターインフェルノ2 amazon
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ネブラスカ州の小さな町、ブレインズワース。そこに住む少年ダニーは、ある嵐の晩、友人のアーサーと赤ちゃんのライアンと一緒に家で留守番をしていた。母はダイナーで仕事、父は20キロ北で竜巻発生のニュースを聞き祖母の所へ行った。その後、突然、通常と違う進路をとった竜巻が襲来して家は全壊する。とっさの判断で地下室に逃げ込み、辛うじて難を逃れたダニーは、バラバラになった家族を救い出すために町中を奔走する。・・・
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いつもと同じように朝を迎えたセントラルパークに突然何者かの叫び声が響き、来園者たちは時が止まったかのように道に立ちつくす。やがて後ろ向きに歩き出し、バタバタと倒れ出す人々。別の場所のある工事現場では、作業員たちがまるで糸の切れた操り人形のように、自らビルの屋上から転落していく。それが前代未聞の大惨事の始まりだった。ニューヨークの異変は、その原因もわからぬまま、科学教師エリオットが勤める学校にも伝わってきた。すでに謎の死を遂げた人々には、言語の混乱、方向感覚の喪失などの兆候が見られたという。生徒たちは帰宅させられ、エリオットの同僚ジュリアンは、フィラデルフィアの母親の家に一緒に避難しようと彼を誘う。エリオットは妻アルマ、ジュリアンとその幼い娘ジェスとともに列車に乗り込む。しかし当局が原因を突き止められない〈見えない脅威〉は、急速にアメリカ全域へと広まり、各地で大パニックが発生。エリオットらの列車も途中で停車してしまい、車掌は「誰とも連絡がつかなくなった」と力なく告げる。見えない脅威は周辺に迫り、その場にじっとしていたら確実に飲み込まれてしまう。しかし、いったいどこへ逃げればいいというのか。離ればなれになっている妻を助けに行くというジュリアンからジェスの身を預かったエリオットは、アルマとともに絶望的なサバイバルを繰り広げていく。・・・

ハプニング amazon
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

地上135階、サンフランシスコにそびえ立つ超高層ビル“グラス・タワー”竣工式の日。設計仕様外の製品を使った為に81階で起きた出火はやがて巨大な炎となり、最上階に300人も閉じ込めたままビルを飲み込む。・・・

タワーリング・インフェルノ amazon
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大地震の被害にあった潜水艇わだつみ6500のパイロット小野寺と幼い少女美咲は、レスキュー隊員の阿部玲子に救出される。最近大地震がよく起こる為、政府は調査・シュミレーションを開始。アメリカからの報告では数十年以内に日本は沈没するという報告書が来た。しかし地質学者田所博士は、独自のシュミレーションで30年後ではなくて、1年後に沈没すると警鐘を鳴らす。・・・

日本沈没 amazon
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大晦日の夜。北大西洋を航行中の豪華客船“ポセイドン号”。広大なボール・ルームには大半の乗客が集まり、ニューイヤー・イブの祝宴が華やかに催されていた。ところが、今まさに新年を迎えようとしたその瞬間、巨大な波がポセイドン号を襲い、船は瞬く間に船底を上に向けて完全に転覆してしまうのだった。4000人の乗客の多くが一瞬にして命を失う。天地逆転したボール・ルームに残るわずか数百名の生存者たち。船長は救助が来るまでこの場に止まるよう全員に命じる。しかし、プロのギャンブラー、ディランは自らの直感を信じ、一人脱出を企てる。一方、前NY市長のロバートも、別の場所にいる娘ジェニファーを捜すため、ディランと行動を共にするのだったが。・・・

poseidon.jpg

ポセイドン amazon
Poseidon trailer 2006
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

古代の気象を研究する気候学者のジャック・ホールは、地球の温暖化により新たな氷河期が到来する不安を察知していた。すぐに手を打たねばいけないとアメリカ政府に警告するジャックだが、副大統領ベッカーは経済コストを盾に彼の主張をいなしてしまう。しかしやがて、南極の氷棚から巨大な氷河が崩落。そこから東京、ハワイ、ニューデリー、ロサンゼルスと、世界中で深刻な異常気象が立て続けに起きていった。

デイ・アフター・トゥモロー amazon
the day after tomorrow trailer
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

米ソ対立がエスカレートした結果、西ベルリン封鎖を端緒にして東西ドイツ国境においてソビエト連邦率いるワルシャワ条約機構軍(WTO軍)が西ドイツに侵攻、それに対するアメリカ側のNATO軍はその侵攻を核地雷などにより防ごうとする(ブリュッセルのNATO事務局がWTO軍の核攻撃を受けて壊滅した)。一方、アメリカ中部のカンザスシティは平和な町であったが、東欧での米ソ間の武力衝突により、ついに全面核戦争が勃発。市内にあるミサイルサイロから東側陣営の都市に向けてICBMが射出され、またソ連からもミサイル攻撃を受けた。着弾まで30分しかないなか、市民はパニック状態に陥りハイウェイに殺到する。しかし午後3時38分、カンサス・シティで核ミサイルが爆発した。米ソ間で休戦協定が締結されたため、即座に人類が滅亡したわけではなかった。しかし本当の地獄はその日の後(The Day After)から始まったのであった。つまり、核爆発にともなう破壊から生き残った人々にも放射線障害による死の影からは逃れられなかったのである。・・・

ザ・デイ・アフター amazon
the day after trailer 1983
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ボストンでペースメーカーを付けていた32名の人々が一斉に死んだ。翌日、ロンドンのトラファルガー広場で鳩の大群が突然方向感覚を失って暴れ始めた。その2日後、スペースシャトル・エンデバーが地球へ帰還途中、突如として制御不能に陥る。シカゴ大学の地球物理学者ジョシュは、一連の不可解な異常現象を分析し、その原因として、地球の“コア”の回転が停止しているのではと仮定する。それは、磁場のなくなった地球が太陽光線をまともに受け、1年以内に焼き尽くされ、人類絶滅のピンチに立たされることを意味していた。急遽、選ばれし者達はコアを起動させるべくコアへもぐる。・・・

ザ・コア amazon
The Core 2003 trailer
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ