Rock'N Horror

ぴけっとの映画ブログにようこそ!ホラサス、SF、ドラマが好きです。各記事内のあらすじの後、続きを読むをクリックするとネタバレが有りますので、ご注意の程を。記事数は2020年06月22日現在で、2245作品。星はオイラのお勧め度で★1点、5点満点で採点してあります。

カテゴリ: Suspens Mistery

ワイオミング州ウインド・リバー・インディアン居留地。FWS(合衆国魚類野生生物局)のハンター、コリーは雪山に囲まれた雪原の中で、ネイティブ・アメリカンの少女ナタリーの死体を発見した。BIA(インディアン部族警察)署長のベンは、FBI(連邦捜査局)に捜査を依頼するが、派遣されたのは新人捜査官のジェーン1人だった。ジェーンは過酷な環境での捜査に難渋し、コリーに捜査への協力を依頼した。検死を行うと裂傷やレイプ痕があり、殺人の可能性が高いが、死因は冷気を吸ったことによる、肺の出血と窒息死であり他殺とは断定されなかった。 捜査を進めて行くと、ナタリーが極寒の中を10キロもの距離を裸足で逃げていたことが分かり、さらにナタリーの恋人マットの遺体が森の中で見つかる。謎は深まるが、コリー、ジェーンらはマットの勤務先である、掘削地の警備員たちに目星をつけるが、2人は真実とともにネイティブ・アメリカン社会の闇に直面することになる。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

サンフランシスコ湾に浮かぶアルカトラズ島。そこには刑務所宇のキング、鉄壁のアルカトラズ刑務所があった。1960年1月18日、そこに入所してきた頭脳優秀なフランク・モリスは脱獄の方法を考えていたが、ある日通気口から外へ出られるという話を聞き、独房の小さい通気口への入り口を大きくしてそこから独房の外へ出て、脱出する手段を思いつく。同じ頃、刑務所内で知り合った囚人ドクが、趣味としていた絵描きを刑務所長に禁止されたことに絶望し、斧で指を切断する騒動が起きる。憤慨したモリスは脱獄計画の準備に取り掛かり、囚人仲間たち4人に協力を依頼し脱獄用の道具を取り寄せる。



アルカトラズからの脱出 amazon続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

武器を販売するカララ商事に勤める元軍人のジュリアン・タベルニエは社長夫人フロランスと不倫しており愛の為、邪魔な社長を殺す完全犯罪を目論んでいた。だが社内で社長を自殺に見せかけ殺した帰途、残してきたロープに気づいたジュリアンは現場へ戻ろうとする。しかし週末で警備員に電源を落とされて、エレベーター内に閉じ込められてしまう。しかも会社の前に置いてあった愛車は、若いカップルに無断で使われており、彼らは彼らで別の犯罪を引き起こしていた。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

マルコム・クロウは第一線で活躍する小児精神科医で、これまで多くの子供を心の病から救ってきた。しかし、あるとき彼の自宅に、10年前の少年期にカウンセリングを施したビンセント・グレイという青年が現れる。マルコムはビンセントに「自分を救ってくれなかった」となじられ、銃で撃たれてしまう。その直後、ビンセントが目の前で自殺したことで、マルコムは彼を救えていなかったことを思い知らされる。それから1年後、マルコムは妻のアンナから無視される理由が理解できず、彼の妻との間に隔たりが生まれていると感じていた。妻は別の男とささやかな愛情を育み、それに反して省みられずに苛立つ日々で自信を失ったマルコムは、苦悩と悲しみに暮れる。






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ケイルは父親と一緒に釣りに行った帰りに交通事故を起こす。そして父親を亡くしてしまう。1年経ってもショックから立ち直れず、ある日学校で教師から親不孝者と言われ切れてボコボコにしてしまう。その罪を問われた彼は、3ヶ月間の自宅軟禁処分を裁判所から言い渡された。彼の足首に監視システムを付けられ、半径30m以上外へ出ることができなくなった彼は、暇つぶしに近隣住民への覗きを始める。隣の家に越してきた美人のアシュリーや親友のロニーを誘って、覗きに没頭していたある日、裏手に住んでいるターナーが女性の行方不明事件の容疑者ではないかという疑いを持つ。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

KNRSテレビのジェニファーと妹カレン、それにアシスタントのヴィッキの3人がソルバンクのお祭りの取材にやって来た。ところがエージェントの手違いで3人のホテルの部屋がとっていなかった。当日ではどこのホテルも満員で3人は車を走らせながら途方に暮れていた。しばらくしてユニオン・ホテルという古ぼけた建物を見つけた彼女らは、中から出てきた中年男に、このホテルは廃業して博物館になっているがよかったら自分の家で泊まらないかと提案される。その男アーネスト・ケラーの家は、3人が思ったより立派な家だったが、妻のヴァージニアは内気で話をしたがらず、彼女らに何か奇妙な印象を与えた。ジェニファーとカレンが町へ取材に行っている間に、ケラーの家では恐ろしい事件が起きていた。風呂に入って休んでいたヴィッキが通風孔の中に引きずりこまれ、無惨な姿で殺されたのだ。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

マイルズとポーラのクラークソン夫妻は、名ピアニスト・ダンカンとその娘ロクサーヌに出会う。ダンカンは、マイルズがラフマニノフと同じ理想的なピアニストの手を持つ者として認め、彼に異常な執着心を見せる。また、ダンカンやロクサーヌはポーラの店にもよく来て、売り上げに貢献してくれた。それでもポーラはダンカンのマイルズへの執着心に疑問を思い、娘ロクサーヌにはマイルズを取られるのではという嫉妬心を燃やしはじめる。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

南米パラグアイでナチスハンターの若者バリー・コーラーが、ナチス会(旧ナチス党員)の不可解な動きを察知。実績のあるリーベルマンに国際電話で情報提供するが「パラグアイにみんないることは知ってるよ」と相手にされなかった。その後、コーラーはアウシュヴィッツの主任医師だったメンゲレ博士が招集した会議の盗聴に成功するが、気づかれてリーベルマンへの電話の途中に殺される。メンゲレの計画は、世界に散らばっている65歳の公務員など94人を暗殺するというもので、事故に見せかけて決して家族に危害を加えてはならないというものだった。リーベルマンはロイター通信の友人に「60代の不審死があったら教えてくれ」と頼む。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ロレーヌ地方、ドイツ国境近くにあるモンタヌス派教会の修道院。その禁断の第13号室の壁に、新入りの修道士がキリスト像をクギで打ち付けたところ、そこから血が流れ出てきた。現場に赴いたニーマンス警視率いる捜査班が壁をスキャンしたところ、中に死体が埋め込まれていることが判明する。一方、若い刑事レダは麻薬犯罪を捜査中、イエス・キリストそっくりの格好をして心身の衰弱した男に出くわした。不可解なうわごとを口走るその「イエス」は入院するが、僧衣に身を包んだ何者かに命を狙われる。気づいたレダがこれを追跡するが、超人的な体力を持つ暗殺者に逃げ切られてしまう。そして、ニーマンスも壁に埋められた男フィリップの人脈から、「イエス」にたどりつく。また、事件のあった修道院や各地の掩蔽壕が、第二次世界大戦中に使われた要塞「マジノ線」によって地下でつながっていることもわかった。ニーマンスとレダ、そして宗教の専門家である捜査官マリーは協力して調べを進めてゆくが、フィリップの知人である12使徒と同名の人々が次々に殺されていく。広大な地下迷宮であるマジノ線。そこに秘められた何かをめぐって、巨大な陰謀がうごめいていた。・・・


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

フランスのアルプスの麓にあるゲルノンは、フランス有数の名門大学であるゲルノン大学を擁する大学城下町である。そこで、目をくりぬかれ両手は切断され、体中を鋭利な刃物で切りつけられた、胎児のような格好をした遺体(図書館の司書レミー・ケロワ)が地上50mの崖から発見される猟奇殺人事件がおきた。この事件の捜査に、パリ市警からニーマンス警視が派遣される。殺害された男性は眼球を摘出されており、二ーマンスは眼に入った水を調べるように指示する。その後、彼は地元の眼科医、シェルヌゼ医師を訪ねる。シェルヌゼは遺伝的な目の研究をしていた。彼はゲルノンでは昔から近親結婚が多く、遺伝的に目に異常のある子どもが多く生まれてきたと話す。しかし2世代前からそれがなくなってきたと不思議に思っていた。同じ頃、ゲルノンから200㎞にある田舎町サルザックで墓荒らしが起こり、駐在員のマックス警部補が捜査にあたる。荒らされた墓に眠っていた人物は僅か10歳でトラックに轢かれて死んだジュディット・エローだった。彼女の墓には鉤十字が書かれ、当初はネオナチ・グループ、スキンヘッズによる犯行と考えられたが、墓の管理人の「悪魔に殺されたとその娘の母親アンドレは言っていた。」という言葉がマックスの頭に引っかかる。やがて、何の関係も無いと思われたこれら二つの事件を結びつける驚愕の事実が明らかになる。・・・


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

野球少年CJ(クリス)は風邪をひき試合に出れず自宅の2階で引きこもり。彼の両親は旅行中の為、面倒は祖母が見てくれている。ある日、隣に元メジャーリーガーのピッチャー、クライトン・シェパード夫婦が越してくる。CJもピッチャーなので、隣の引っ越しパーティーに参加したかったが、祖母から出ては駄目と言われてしまった。その夜、CJが何気に窓から隣を見たら、近所のクララにクライトンが抱きつき殴られるのを見る。その後、激情したクライトンはクララを包丁で刺して殺してしまった。焦ったCJは即、警察に電話。そして、GFジェシーの父親の刑事が来た。彼は「殺人なんか無いよ。クララも元気に生きている。」と言い、CJは逆に怒られてしまった。納得のいかないCJ。野球チームの友達ジョッシュ、そしてGFのジェシーとこの殺人の捜査を開始した。・・・

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

フロリダのロダデール・ビーチにローズの赤のクライスラーで向かう女の子4人組(スー・エレン、パティ、シンディ、ローズ)。途中のジョージア州の小さな町を通り過ぎ、森でタイヤがパンクしてしまう。スペアタイアは邪魔なのでローズが家に置いてきた。仕方が無いので勝気なパティが近くのGSまで歩いて助けを求めに出かけた。残った3人のうちの一人スー・エレンは、おしっこがしたいので森の奥深くに入って行くと、男女が不倫してるのを目撃。暫くすると2人は喧嘩して、男は激怒して女を絞め殺してしまった。スーはヤバいと感じて、その場を上手く逃げ通すが、その後ローズとシンディがその男に助けを求めてしまう。・・・

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1952年、ニュージーランド、クライストチャーチ。女子中学に通うポウリーンは、イギリスからの美しい転校生ジュリエットと熱烈な友情を育む。ポウリーンは下宿屋を営む低所得の家庭に育ち、ジュリエットは名門大学の学長の娘とまるで環境の異なる2人だが、マリオ・ランザのオペラ、ヒロイックな冒険物語、ハリウッドの美形スターなど好みや感性は驚くほど似通っていた。疎ましい現実を忘れさせてくれるものに崇拝の念を抱く彼女たちの豊かな想像力は、やがて「ボロウィニア王国」という聖なるもの達の物語を生み出した。作家を夢見る2人は、ジュリエットが肺結核で入院生活を送る間も、文通を通じて何世代にも渡る王家の物語を膨らませていった。その間、下宿人の1人ジョンにポウリーンは処女を捧げる。彼女たちの意識はますます自分自身を離れ、この傾向はジュリエットの退院後にいよいよ強まり、2人は自分たちが作り上げたフィクションの世界にのめりこんでいく。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1888年、ロンドン。赤毛の美女メアリー・ケリーと仲間の5人の娼婦たちは、ここホワイトチャペル地区で身を売ってなんとか生きていた。しかしある夜、仲間の一人マーサが何者かに襲われ喉をかき切られて殺されてしまう。さらに立て続けにもう一人の犠牲者が出る。それは、世に怖れられた切り裂きジャックのゲームの始まりだった。事件の捜査に当たったのはアバーライン警部。2年前に妻子を亡くして以来心を閉ざしアヘンの幻覚に救いを求めて生きていた。だが、そんな彼もメアリーの美しさに次第に心惹かれていくのだった。しかし、肝心の捜査は思わぬ妨害もあり遅々として進まない。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新聞記者のコリーは諜報部に務める情報屋(モール)・アーチャーからのネタで、悪事を働く企業経営者を追跡。しかし、いつもコリーが調べ始めると、その対象者達は亡くなっていた。(ヘッジコーは断熱材で窒息死、ベネットは下水で溺死、アランファルは線路で寝て自殺。ウィスキーの製造工場を日本に売却しようとしたベイン社長はウィスキーを飲まされて死亡。)次に、アーチャーは「Ares Project」というイラクへの武器密売組織を調べろと言ってきた。そしてコリーがジャージー島の武器商人アズールを訪ねると彼は既に風呂の中で無残な姿で死んでいた。更に、ジャージー島に行く前に立ち寄ったストロームフェリーに住む親友アンディまでもが殴られ焼かれて死んだ。コリーは連続殺人犯の容疑者としてマグダン警部らに追われる身に陥った。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ネクタイでの連続絞殺殺人が起こっている恐怖の街ロンドン。かつて空軍で英雄だったが、バーテンダーも首になり、うらぶれた生活を送っているリチャード・ブレイニー。彼は結婚紹介所を営む離婚した妻ブレンダが絞殺された時に事務所に行ったため、連続殺人の容疑者として追われることになる。しかし犯人はブレイニーの友人ラスクだった。ブレイニーが逃亡を続ける間もラスクは、ブレイニーの恋人バーバラも殺す。そして、自分の罪をまんまとブレイニーに着せてしまう。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「スコティ」ことジョン・ファーガソン刑事は犯人を追う途中に同僚を死なせてしまったショックで、高所恐怖症によるめまいに襲われるようになり警察を辞めてしまう。そこへ学生時代の友人エルスターが現れて何かに憑かれたかのように不審な行動する妻マデリンを調査してほしいという。スコティはマデリンを尾行するうちに彼女の曾祖母であり自殺した人物、カルロッタの存在を知る。カルロッタは髪型から首飾りまでマデリンそっくりであり、スコティはエルスターから「マデリンはカルロッタの霊に取り憑かれている」とする見解を聞かされる。ある日、尾行を続けていると彼女は突然サンフランシスコ湾に投身自殺を図る。そこを救い出したスコティは初めて彼女と知り合うことになり、やがて二人は恋へと落ちていく。スコティは彼女を救おうと思い彼女が夢で見たスペイン風の村へ向かうと、マデリンはカルロッタの自殺した教会へと走っていく。スコティは追いかけるが、高所恐怖症によるめまいの為に追いつくことが出来ず、マデリンは鐘楼の頂上から飛び降り自殺してしまう。マデリンの転落は精神障害からの自殺と処理され、エルスターは彼を慰めながら自分はヨーロッパへ行くと告げる。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

カメラマンのジェフは、自動車レースを撮るためにコースに入って左足を骨折し、6週間の車椅子生活を余儀なくされる。そんな彼にできる楽しみは、カメラの望遠レンズを使って裏窓から見る隣のアパートの住人達の人間模様の観察であった。ある日、いつも口喧嘩が絶えなかった中年夫婦の妻が突如として姿を消す。装飾品のセールスマンらしい夫の怪しい挙動を観察していたジェフは、数々の状況証拠から病気の妻を殺してバラバラにしたと確信。恋人リザ、自分の看護士のステラと共に調査に当たる。そして、事件を認めない友人のドイル刑事を納得させるため確たる証拠を掴もうとする。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新しい精神病院長に就任したエドワーズ博士は、白地に縞のある模様を見ると発作を起こす奇妙な病癖を持っていた。やがて彼はエドワーズ博士とは別人であることが発覚。本物のエドワーズ博士は、どこにいるのかわからぬまま、疑いの目は「彼、JB?」に向けられる。しかし、病院の勤務医であるお堅いコンスタンスは「JB」に一目惚れ、愛してしまい、「JB」の無罪を信じ二人で逃避行する。そして協力して彼の発作の原因である記憶をたどっていく。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イーデス・ヴァン・ホッパー夫人の付き人としてモンテカルロのホテルにやってきた「わたし」は、そこでイギリスの大金持ちであるマキシムと出会い2人は恋に落ちる。マキシムは1年前にヨット事故で前妻レベッカを亡くしていたのだが、彼女はマキシムの後妻として、イギリスの彼の大邸宅マンデレーへ行く決意をする。多くの使用人がいる邸宅の女主人として、控えめながらやっていこうとする彼女だったが、かつてのレベッカ付きの家政婦長で、邸宅を取り仕切るダンヴァース夫人にはなかなか受け入れてもらえない。次第に「わたし」は前妻レベッカの見えない影に精神的に追いつめられていき、遂にはダンヴァース夫人に言われるまま、窓から身を投げようとしてしまう。そのとき、偶然に上がった花火の音で「わたし」は正気を取り戻すが、その花火は難破船が見つかったことを知らせるものであった。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ