Piket's Movie Memorandum

ぴけっとの映画ブログにようこそ!ホラサス、SF、ドラマが好きです。各記事内の続きを読むをクリックすると、ネタバレが有りますので、ご注意を。記事数は2019年10月10日現在で、2156作品です。記事内の星はオイラのお勧め度で★1点☆0.5点で、5点満点で採点してあります。よろしくお願い致します。

カテゴリ: Suspens Mistery

野球少年CJ(クリス)は風邪をひき試合に出れず自宅の2階で引きこもり。彼の両親は旅行中の為、面倒は祖母が見てくれている。ある日、隣に元メジャーリーガーのピッチャー、クライトン・シェパード夫婦が越してくる。CJもピッチャーなので、隣の引っ越しパーティーに参加したかったが、祖母から出ては駄目と言われてしまった。その夜、CJが何気に窓から隣を見たら、近所のクララにクライトンが抱きつき殴られるのを見る。その後、激情したクライトンはクララを包丁で刺して殺してしまった。焦ったCJは即、警察に電話。そして、GFジェシーの父親の刑事が来た。彼は「殺人なんか無いよ。クララも元気に生きている。」と言い、CJは逆に怒られてしまった。納得のいかないCJ。野球チームの友達ジョッシュ、そしてGFのジェシーとこの殺人の捜査を開始した。・・・

続きを読む

フロリダのロダデール・ビーチにローズの赤のクライスラーで向かう女の子4人組(スー・エレン、パティ、シンディ、ローズ)。途中のジョージア州の小さな町を通り過ぎ、森でタイヤがパンクしてしまう。スペアタイアは邪魔なのでローズが家に置いてきた。仕方が無いので勝気なパティが近くのGSまで歩いて助けを求めに出かけた。残った3人のうちの一人スー・エレンは、おしっこがしたいので森の奥深くに入って行くと、男女が不倫してるのを目撃。暫くすると2人は喧嘩して、男は激怒して女を絞め殺してしまった。スーはヤバいと感じて、その場を上手く逃げ通すが、その後ローズとシンディがその男に助けを求めてしまう。・・・

続きを読む

1952年、ニュージーランド、クライストチャーチ。女子中学に通うポウリーンは、イギリスからの美しい転校生ジュリエットと熱烈な友情を育む。ポウリーンは下宿屋を営む低所得の家庭に育ち、ジュリエットは名門大学の学長の娘とまるで環境の異なる2人だが、マリオ・ランザのオペラ、ヒロイックな冒険物語、ハリウッドの美形スターなど好みや感性は驚くほど似通っていた。疎ましい現実を忘れさせてくれるものに崇拝の念を抱く彼女たちの豊かな想像力は、やがて「ボロウィニア王国」という聖なるもの達の物語を生み出した。作家を夢見る2人は、ジュリエットが肺結核で入院生活を送る間も、文通を通じて何世代にも渡る王家の物語を膨らませていった。その間、下宿人の1人ジョンにポウリーンは処女を捧げる。彼女たちの意識はますます自分自身を離れ、この傾向はジュリエットの退院後にいよいよ強まり、2人は自分たちが作り上げたフィクションの世界にのめりこんでいく。



続きを読む

1888年、ロンドン。赤毛の美女メアリー・ケリーと仲間の5人の娼婦たちは、ここホワイトチャペル地区で身を売ってなんとか生きていた。しかしある夜、仲間の一人マーサが何者かに襲われ喉をかき切られて殺されてしまう。さらに立て続けにもう一人の犠牲者が出る。それは、世に怖れられた切り裂きジャックのゲームの始まりだった。事件の捜査に当たったのはアバーライン警部。2年前に妻子を亡くして以来心を閉ざしアヘンの幻覚に救いを求めて生きていた。だが、そんな彼もメアリーの美しさに次第に心惹かれていくのだった。しかし、肝心の捜査は思わぬ妨害もあり遅々として進まない。・・・



続きを読む

新聞記者のコリーは諜報部に務める情報屋(モール)・アーチャーからのネタで、悪事を働く企業経営者を追跡。しかし、いつもコリーが調べ始めると、その対象者達は亡くなっていた。(ヘッジコーは断熱材で窒息死、ベネットは下水で溺死、アランファルは線路で寝て自殺。ウィスキーの製造工場を日本に売却しようとしたベイン社長はウィスキーを飲まされて死亡。)次に、アーチャーは「Ares Project」というイラクへの武器密売組織を調べろと言ってきた。そしてコリーがジャージー島の武器商人アズールを訪ねると彼は既に風呂の中で無残な姿で死んでいた。更に、ジャージー島に行く前に立ち寄ったストロームフェリーに住む親友アンディまでもが殴られ焼かれて死んだ。コリーは連続殺人犯の容疑者としてマグダン警部らに追われる身に陥った。



続きを読む

ネクタイでの連続絞殺殺人が起こっている恐怖の街ロンドン。かつて空軍で英雄だったが、バーテンダーも首になり、うらぶれた生活を送っているリチャード・ブレイニー。彼は結婚紹介所を営む離婚した妻ブレンダが絞殺された時に事務所に行ったため、連続殺人の容疑者として追われることになる。しかし犯人はブレイニーの友人ラスクだった。ブレイニーが逃亡を続ける間もラスクは、ブレイニーの恋人バーバラも殺す。そして、自分の罪をまんまとブレイニーに着せてしまう。



続きを読む

「スコティ」ことジョン・ファーガソン刑事は犯人を追う途中に同僚を死なせてしまったショックで、高所恐怖症によるめまいに襲われるようになり警察を辞めてしまう。そこへ学生時代の友人エルスターが現れて何かに憑かれたかのように不審な行動する妻マデリンを調査してほしいという。スコティはマデリンを尾行するうちに彼女の曾祖母であり自殺した人物、カルロッタの存在を知る。カルロッタは髪型から首飾りまでマデリンそっくりであり、スコティはエルスターから「マデリンはカルロッタの霊に取り憑かれている」とする見解を聞かされる。ある日、尾行を続けていると彼女は突然サンフランシスコ湾に投身自殺を図る。そこを救い出したスコティは初めて彼女と知り合うことになり、やがて二人は恋へと落ちていく。スコティは彼女を救おうと思い彼女が夢で見たスペイン風の村へ向かうと、マデリンはカルロッタの自殺した教会へと走っていく。スコティは追いかけるが、高所恐怖症によるめまいの為に追いつくことが出来ず、マデリンは鐘楼の頂上から飛び降り自殺してしまう。マデリンの転落は精神障害からの自殺と処理され、エルスターは彼を慰めながら自分はヨーロッパへ行くと告げる。



続きを読む

カメラマンのジェフは、自動車レースを撮るためにコースに入って左足を骨折し、6週間の車椅子生活を余儀なくされる。そんな彼にできる楽しみは、カメラの望遠レンズを使って裏窓から見る隣のアパートの住人達の人間模様の観察であった。ある日、いつも口喧嘩が絶えなかった中年夫婦の妻が突如として姿を消す。装飾品のセールスマンらしい夫の怪しい挙動を観察していたジェフは、数々の状況証拠から病気の妻を殺してバラバラにしたと確信。恋人リザ、自分の看護士のステラと共に調査に当たる。そして、事件を認めない友人のドイル刑事を納得させるため確たる証拠を掴もうとする。・・・



続きを読む

新しい精神病院長に就任したエドワーズ博士は、白地に縞のある模様を見ると発作を起こす奇妙な病癖を持っていた。やがて彼はエドワーズ博士とは別人であることが発覚。本物のエドワーズ博士は、どこにいるのかわからぬまま、疑いの目は「彼、JB?」に向けられる。しかし、病院の勤務医であるお堅いコンスタンスは「JB」に一目惚れ、愛してしまい、「JB」の無罪を信じ二人で逃避行する。そして協力して彼の発作の原因である記憶をたどっていく。・・・



続きを読む

イーデス・ヴァン・ホッパー夫人の付き人としてモンテカルロのホテルにやってきた「わたし」は、そこでイギリスの大金持ちであるマキシムと出会い2人は恋に落ちる。マキシムは1年前にヨット事故で前妻レベッカを亡くしていたのだが、彼女はマキシムの後妻として、イギリスの彼の大邸宅マンデレーへ行く決意をする。多くの使用人がいる邸宅の女主人として、控えめながらやっていこうとする彼女だったが、かつてのレベッカ付きの家政婦長で、邸宅を取り仕切るダンヴァース夫人にはなかなか受け入れてもらえない。次第に「わたし」は前妻レベッカの見えない影に精神的に追いつめられていき、遂にはダンヴァース夫人に言われるまま、窓から身を投げようとしてしまう。そのとき、偶然に上がった花火の音で「わたし」は正気を取り戻すが、その花火は難破船が見つかったことを知らせるものであった。



続きを読む

心臓疾患を抱えるゲイリーは自家用機での運搬業を営んでいた。ある日、テレビ局のプロデューサーとして多忙な日々を送る妻テスといさかいを起こした彼は発作を起こして病院に運ばれ、車椅子に頼る身に。テスは後ろめたさを覚えながらも作家のアレックスとの情事に溺れていく。回復のため心臓移植を決断したゲイリーはその機会を待ち、ほどなく事故死した17歳の少年ショーンの心臓を移植される運びとなった。ショーンの母親マリアは息子がドナーカードを持っていたこともあって、心臓の提供を合意した。手術は無事に成功、ゲーリーは順調に回復し、アレックスと別れたテスとの関係も修復したかにみえたが、ゲーリーはなぜか妻が信じられず、アレックスに文句や殴り込みに行く。行動が粗暴になったのは、新しい心臓のせいと彼は疑い始め、元の持ち主だったショーンの事件の裁判に出向き、マリアに会い自分の正体を明かす。有望なボクサーだったショーンの心臓は強靭そのもの。マリアはやがて、10代でもうけた最愛の息子が他人の体の中で生きているという妄想に駆られ、異常な行動に出るようになる。・・・


続きを読む

モニカ・リバースは、旅回りのサーカスの女団長。主人は空中ブランコの事故で6年前に亡くなっており、娘のアンジェラはお嬢様の寄宿学校に入ってる。ある夜、観客の目の前で綱渡りの名人ギャスパーの綱が切れて、首つりになって死んだ。これは事故ではない、殺人だと警察が動き出したが、モニカは冷然としているばかりか新聞で宣伝になり物見高い客が呼べるとさえ言うのだった。しかし株主でマネージャーのドランドは彼女の方針に反対だった。やがて、新しい綱渡り芸人フランク・ホーキンスが来た。モニカは彼を気に入り二人の関係が人々の口にのぼりだした。そんな頃第二の殺人が起った。マネージャーのドランドが額のまん中を長くぎで打ちぬかれて死んでいたのだ。犯人は内部の人間に違いないと座員がさわぎだした。彼が殺された夜、テントの中をモニカが歩いていたという目撃者が出てき、彼女に疑いの目が向け始められた。そんな騒ぎの中をアンジェラが放校されて、帰ってきた。そしてサーカスの一員となり、ナイフ投げの名人グスタボの助手となって働き始めた。


続きを読む

両親を自動車事故で亡くした幼い姉弟が暮らす田舎の屋敷ブライ邸。下男のクイントは無学で野卑な男だったが、二人にとっては良き理解者で雑学の先生だ。クイントは子供たちの家庭教師ジェスルを力ずくで犯したが、犯されたジェスルもだんだんSMに目覚めてクイントを愛する。だが子供たちへの影響を懸念した老家政婦グロース夫人が二人の仲を裂こうとした時、姉弟は二人を永遠に結ばせようとする。・・・


続きを読む

原子物理学者マイケル・アームストロングは学術会議に出席するため、アシスタントで婚約者のサラ・シャーマンと共に船でコペンハーゲンに向かっていた。しかしコペンハーゲンに着く前、マイケルはある文書を受け取り、急に「ストックホルムで研究活動を続ける」と言い出した。コペンハーゲンに着いて早々書店から受け取った本に隠された暗号に従い、東ベルリン行の飛行機に内緒で乗るマイケル。不審に思ったサラは、彼のあとを追う。到着した東ベルリンでは、西側記者も招いた記者会見でマイケルの亡命受け入れとカール・マルクス大学での教授職就任が大々的に発表される。困惑するサラを、東ドイツ保安省の役人ゲルハルトはマイケルと東側の研究に協力するのなら留まっても良いと諭す。しかし翌朝、マイケルはサラに「国に帰れ」と置き手紙を残し、監視役グロメクの目を感じつつ暗号が示した存在「π(パイ)」と接触するため郊外の農園へと向かうのだった。・・・


続きを読む

東西冷戦の真っ只中、ソ連のKGB副長官の要職にあるクセノフ一家がアメリカへ亡命を企て、彼の証言からキューバに対しソ連がミサイルの搬入をしている事実が発覚する。キューバ危機の始まりであった。CIAは先のピッグス湾事件でキューバに対するコネをなくしていたため、フランス情報部のアンドレ・デベロウにキューバ潜入を依頼することとなる。・・・


続きを読む

広告会社CEOのロジャー・ソーンヒルはホテルでの会合の最中、別の人物ジョージ・カプランに間違えられ、広壮な邸宅に拉致らてしまう。そこで待っていたタウンゼントという男は、彼をCIAのスパイのカプランと決めつけ、どこまで情報を嗅ぎつけたのかを教えろと迫る。ロジャーが人違いだと訴えてもお前の予定はすべて把握していると言って受け付けない。ロジャーがあくまで否定すると、男の手下たちが強引にバーボン1本ストレートで飲ませて酩酊させて、車に乗せ崖から転落させて殺そうとする。彼は辛くも逃れるがパトロール中の警官に逮捕されてしまう。顧問弁護士を呼んで、すぐに裁判が行われる。ロジャーは自分の証言を証明する為、警察を連れて邸宅を訪れると、昨日会った夫人は彼は酔って訪れてベロべロになるまで飲んで帰ったと嘘の証言をする始末。ロジャーはカプランを探し出して自分の無実を証明しようと母を連れて拉致された現場のホテルに戻る。しかしホテルの客室にカプランが宿泊している形跡はあっても当人を見た者は誰もいない。そのうえ従業員達は自分がカプランだと思っているらしい。そのうち昨日の手下たちが、迫ってきたのでホテルから逃走し、タウンゼントが国連で演説する予定と聞いたのを思い出すと、今度はタウンゼントを追って国連本部ビルへ向かう。ところが国連のロビーで会ったタウンゼントは、邸宅にいた男とは別の人物だった。2人が噛み合わない会話をしていると、そのタウンゼントの背中に手下の一人が投げたナイフが突き刺さる。ロジャーは殺人容疑者として新聞に写真入りで報道されてしまう。


続きを読む

当時仏領のモロッコ・マラケシュへ息子連れで観光にきていたアメリカ人医師のマッケナ一家は、バスでフランス人ルイ・ベルナールと出会った。翌日、マッケナとホテルで知り合ったドレイトン夫妻と市場見学してると、ベルナールはベン・マッケナに「ロンドン、暗殺、アンブローズ・チャペル」という謎の言葉を残して暗殺される。その後、息子ハンクが一家に近寄っていたドレイトン夫妻によって誘拐されてしまった。警察に喋ると息子を殺すと言う脅迫の電話もかかり、警察には頼れないベン。「アンブローズ・チャペル」という言葉を頼りにロンドンに飛んだ夫妻は息子の捜索を開始するが、首相暗殺という巨大な陰謀に飲み込まれていった。・・・


続きを読む

ニューヨークのクラブでコントラバスを弾くマニーは、妻ローズと共に貧しい生活を送っていた。妻のため歯の治療費$300を借りようと、マニーはローズの保険証書を持って共同生命保険のオフィスを訪ねる。しかし、そのオフィスに2度も強盗に入った男にマニーがそっくりだったため通報されて警察により連行されてしまう。・・・


続きを読む

若く美しい妻マーゴの不倫を知った夫トニーは、彼女の殺害を企む。自分はマーゴの不倫相手マークとパーティへ出かけアリバイを作り、その間に大学時代の旧友の悪党スワン(偽名レズゲイト大尉)に妻を殺させようというのだ。だが計画は失敗、マーゴが逆にスワンをハサミで刺し殺してしまった。思わぬ展開に焦りを隠せないトニーは、実はマーゴが不倫をネタに脅迫されており、そのためにスワンを殺したというシナリオに変更する事にするのだが……。


続きを読む

カナダ・ケベック市の敬虔な神父マイケル・ローガンは、ある夜、教会で召使いとして働くオットー・ケラーから2000$の強盗殺人を犯したとの告解を聞く。事件を担当するラルー警視は犯行時に犯人が法衣をまとっていたことを突き止め、マイケルに疑いがかかる。だが、マイケルはケラーの告白を他言することができない。そのうえ、犯行のあった夜にマイケルが国会議員の妻ルースと逢っていたことがわかり、警察からの容疑が深まってしまう。ルースはマイケルの無実を証明するために夫ピエール、検事、警視、マイケルらの前で、マイケルが聖職を志す以前の過去の恋を打ちあける。そして、事件の被害者であるヴィレット弁護士が、この過去の恋を材料にして2人を脅喝し続けていた事実も判明する。ヴィレットが殺害された晩は、その対策を相談するために2人は逢っていたのである。・・・


続きを読む

このページのトップヘ