Piket's Movie Memorandum

ぴけっとの映画ブログにようこそ!ホラサス、SF、ドラマが好きです。各記事内の続きを読むをクリックすると、ネタバレが有りますので、ご注意を。記事数は2020年02月15日現在で、2192作品です。記事内の星はオイラのお勧め度で★1点☆0.5点で、5点満点で採点してあります。よろしくお願い致します。

カテゴリ: Hr:Ghost Demon

リンジーは夫ダンが過って息子キャメロンの腕を折った事に激昂して別居中だ。夫から何回も電話が有っても無視。しかしキャメロンはパパに会いたがっていた。ある夜、浮浪者の女が家に侵入してきてキャメロンに襲い掛かるが、その時何かがキャメロンに憑りついて女の首をへし折って殺してしまった。場面替わって、とあるナイトクラブ。セス・エンバー博士は、ヘンリーという名前の中年男の側に行き「今何時ですか?」と尋ねた。ヘンリーは自分の時計を見て時間が進んでいないことに気が付き、博士から想い出のライターを渡されて、ヘンリーは突然自らが夢の世界にいるという直観を得た。動転するヘンリーに、博士は「貴方が今まで一緒にいた女性は悪魔なのだ。そいつが貴方の肉体に憑依しているだ。」と告げた。そして二人は即逃げ出して、途中巨人2人に襲撃されたが、窓から飛び降りて何とか逃げ切ることに成功した。ヘンリーは悪魔の憑依を振り切って無事現実の世界に戻ることが出来たのである。夢の世界では自由自在に動き回っていた博士だったが、現実世界では事故で車椅子に乗って移動する生活を送っていた。博士の手首には火傷の跡があった。さっきの夢の世界から現実の世界へ戻る際に、悪魔が博士に付けたものであった。博士の助手のオリヴァーは「悪魔たちが博士の動きに気付いてしまったようです。遅かれ早かれ、博士は夢の世界から戻れなくなるかもしれません」と警告したが、博士は悪魔との戦いをやめようとはしなかった。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ずっと人が住んでいず幽霊屋敷という噂があるウォルター・ヴァン・ヴューランの屋敷に電気工事に行く男。地下室に入った時、誤って金のメダリオンを石の壁から落としてしまう。その後ブレーカーを修理している時、後ろから奇妙な男に押され感電死してしまった。数日後、大学生のリックらカップル2組は不動産屋のホスキンスから1万ドルでビューランハウスの内装工事を請け負った。その家に寝泊まりしても良いとの条件で、オーウェンなんかは寮を引き払ってきていた。到着した日オーウェンは書斎で、この屋敷で17世紀に悪魔のミサが行われていたことを知る。彼は魔術の論文を執筆している最中だったので知識があったのだ。そして、その日を境にシャワー浴びているスーザン(小さいおっぱい可愛い)の背中に手首が這う、タミーの人形が夜中に動いて抱き合う、オーウェンが地下室で女の幽霊を見るとか怪奇現象が乱発する。オーウェンはこの屋敷は、悪魔と人間が乱交する穢れた場所だと確信して、以前心霊を研究していたレイモント教授に相談する。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

心理カウンセラーである茉優の病院に警察に保護された少女が入院してくる。記憶を失い名前も言えない彼女のカウンセリングにあたる茉優(まゆ)だが、周囲で奇怪な現象が頻発する。同じ頃、茉優の弟で動画クリエイターの和真(かずま)は、アップロードした映像の再生回数が伸びないことに焦りを感じていた。そこで、死者5人を出した火災の起きた団地に侵入し、心霊動画を撮ろうとする。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

フランス人オカルト学者デュック・ドゥ・リシュリュと彼の友人レックスは、弟子のサイモンがモカタと呼ばれる男が率いる悪魔崇拝のカルト教団にはまったことを憂慮する。林の中での怪しいイニシエーションの儀式を阻止し、サイモンと同席していた女性タニスを保護したデュックとレックス。だが、モカタは、巨大なタランチュラや死の天使を派遣し、再びサイモンを取り戻そうとする。善と悪の壮絶な対決の行方は……!?



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

何かに追われるように猛スピードで車を走らせる女子学生のマーサ・セイヤーズは、遠く離れたLAの姉の住む家に逃げ込む。しかし、外出から帰宅した姉のエリザベスが見たものは、マーサの無残な首吊り死体だった。警察は自殺だと決めつけるがエリザベスは納得がいかない。そこで彼女は事件の真相を探るべく、本名を隠して妹の通っていたマサチューセッツ州の美術大学セーラム学園に入学する。そこで彼女を待っていたのは、謎に満ちた不気味な教授や、何かに怯える挙動不審な女学生たちの姿だった。・・・

ネタばれトレイラー。音楽は全く関係ないゾンビですけど、笑。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

第1話 フローレンスの悪夢 Florence Bravo (1986)  ★★
大学講師の夫デビッドの転勤で新居を見に来たエミリー達。不動産屋のジュリアンは、正直に個々の前の住人チャールズは2階で撃たれて死んだと言った。妻のフローレンスが裁判にかけられたが証拠不十分で無罪になった。2人はこんな事、意に関せずこの部屋を借りた。エミリーはデビッドの浮気で神経がやられており薬を毎日飲んでいた。少し治ってきたが、ある日暖炉の前で女の声が聞こえた。フローレンスだ。「夫は浮気してるよ、男なんか信じちゃいけない。」それから時々フローレンスが語り掛けてきて、だんだんエミリーは夫とジュリアンの仲を疑い始める。ある夜、フローレンスは暖炉の横のレンガを外し拳銃を出す。そして「これで始末しろ。」と言った。エミリーは帰ってきた夫に3発殺してしまった。その後、居間で椅子に座り、笑いながら語り合う2人の姿があった。・・・幕

ホラー・オムニバスのアメリカのTVシリーズで色んなシーズンから抜粋、日本でVHSビデオ発売されてました。第1話目の緊迫したエミリー役のロリ・カーディルの演技は中々上手いです。エミリーはラストで霊のフローレンスと一緒ですが、彼女も死んだのかな?不明です。
アメリカTV Tales from the Darkside(1983~1988)
Directed by John Lewis
Writing Credits Edithe Swensen
Cast:Lori Cardille...Emily McCall
David Hayward...Dr. David McCall
Carol Levy...Juliann Hanratty
Lauren Klein...Florence Bravo
Paul Sparer...Narrator (voice)

第2話 メデゥーサの恋 Miss May Dusa (1987) ★★★
NYのある店に泥棒が入り、マネキンの女と目が合ったら彼は人形になってしまった。そして彼女は人間に変身。彼女はサングラスをかけて地下鉄へ行き、アルトサックス奏者のジミーと出会う。彼は記憶喪失だと言う彼女の話を親身に聞いてくれて、メイ・ドゥーザという名前を付けてくれた。2人は一旦は別れようとしてキスをした時、彼がメイのサングラスをとってしまう。でも、彼は人形にならなかった。メイは治ったと喜んでサングラスを折って捨てた。そしてジミーのサングラスを取ると、なんと彼は盲目だった。ジミーは「これは縁に違いない」と喜び、俺の部屋に泊まるよう勧めた。メイも同意したがサングラスが要るかもという事で、ジミーを連れて再び店に戻る。そして店でサングラスを取ろうとした時、眩しい光が射す。メイが横を向いた時、鏡で自分を見てしまった。その瞬間メイは元の人形になってしまい泥棒は人間に戻る。ジミーがメイに声をかけて店に入ると、泥棒は発砲して逃げた。ジミーはメイに助けてくれと言い、彼女の足元で死んだ。人形になったメイは何もできなかった。・・・幕

蛇の頭じゃないメデゥーサの少しロマンチックな、悲しい結末のお話でした。
Directed by Richard Blackburn
Writing Credits Richard Blackburn
Cast:Sofia Landon Geier ...Miss May Dusa (as Sofia Landon)
Gary Majchrazak...Jimmy James
Steve Tracy...Robber (as Steve R. Tracy)
Paul Sparer...Narrator (voice)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

突然スペインのガルシアの古城を相続した夫マイケル・アルバレス。先に夫が移り住み、妻スーザンは後からニューヨークからスペインの古城へやって来た。実は彼女は先日、中世の魔女の火あぶりの夢を見ていた。そして、古城でのお披露目パーティーの夜に、従妹と名乗るセクシーな女性ディアナ・アルバレスが現われた。彼女はマイケルとスーザンに血塗られたアルバレス家の過去を話し始めた。・・・

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

軍のベンドルトン基地から350万ドルの大金を盗んだ4人組の武装強盗団がパイロットとその娘ケリーの乗る貨物機を強奪、メキシコに向けて逃走する。しかし、その途中、仲間の一人バートが裏切り、金を奪ってジャングルへ離脱。他の3人は娘とパイロットを引き連れ、金を奪い返しに後を追う。そのジャングルには無人の館が一軒と、その周りを取り囲むように無数の不気味な“かかし”が立っていたが、やがて、それらが動き出し彼らを一人、また一人と惨殺してゆく。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

フロリダの湿地帯にある先住民族の埋葬地。ここの考古学調査に来たエドとジュリーのタイソン夫婦、生徒ら6名。先に到着したはずのサムは姿が見えず、そのうちに学生2人が何故か湖でサメに襲われ殺される。エドは何で淡水にサメがいるんだと疑問に思い始める。そして25マイル離れた村タミアミ・トレイルに帰ろうとしたが、エアボートが2基とも破壊されていた。やむなく救助を呼ぼうと学生ジョニーは単身でナタと食料を持って歩き始めた。しかし彼もニシキヘビの餌食に。エドは、この原因は400年前に死んだインディアンの呪術師タートゥが様々な獣に変身して殺しているのでは?と考え、タートゥの墓を探し始めた。・・・

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1520年、スペインのとある海岸。悪魔崇拝の罪で背教神父ロレンソ・エステバンが新大陸に追放され、その後黒ミサで1人の若い妊婦が生にえとなって斬首された。時代は現代、カリフォルニアのウェストアンドバー陸軍士官学校。行動が愚鈍、サッカーが下手だということで同級生からのけもの扱いをうけているスタンリー・クーパースミスは、特にババ、ジョジョ、オックスの悪ガキ3人組に目の敵にされていた。ある日、遅刻2回の懲罰作業として、地下の貯蔵室の掃除を命令されたクーパースミスは、そこにアル中の召使いの軍曹が住んでいることを知る。さらに開かずの間を見つけるが不思議なことに、その部屋は最近彼が夢の中でよく見る部屋だった。実は、そこは追放されたエステバン神父が残した悪魔の聖域で祭壇そして奥にはエステバン自身の墓もあった。彼は部屋の中で見つけた書物をコンピュータで解読し、それが悪魔の祈祷書であることを知る。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

10月に死んだ父親は内緒で黒海の孤島にそびえる電気も何もない修道院に毎月献金していた。その理由と家族の過去を調べるため、そこに滞在することになったエリザベス。彼女は7才までの記憶がなく、母はお産の時に亡くなったと父に聞かされていた。不気味な尼僧達と寝起きを共にするうちに、エリザベスは2人の少女と磔にされた尼僧、血を吐きながら叫ぶ尼僧という恐ろしい悪夢に苛まれ始めて、その上、正体不明の何者かに命を狙われるようになった。唯一の友達サラは逃げ出しなさいと勧める。実はエリザベスが来る前に友達のテレサも来ており、もう姿は無かった。実は彼女は悪魔のメダルの一片を地下で見つけたため刺殺されていた。翌日エリザベスは脱走したが、孤島の島から本土へ向かうはずだった船便は出た後で来週まで来ず。彼女を死にもの狂いで追う尼僧達。エリザベスは海岸であった盲目の老婆から名前を呼ばれ、老婆が自分の母の親、祖母と知る。老婆の家には6歳の頃の自分と母の写真や少女2人の写真もあった。母はお産で死んだのではなかった。そして私には妹がいると知る。老婆はベヌチアとエリザベスを呼び、どうもそれが本名のようだ。老婆は悪魔の紋章をいっぱい刺繍していた。その時、尼僧が火のついた十字架の松明を老婆に投げつけて彼女は焼死。ついに逃げ場を失ったエリザベスは、やむなく修道院の地下洞窟に潜っていゆく。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

洋館でウィジャボードをする老婦人。今日はいつものトーマスと違う霊が現れて、名前はアグスタラオスと言った。ほどなくしてポルターガイスト現象が起きて、猿のおもちゃがシンバルを叩くと落雷が木、部屋に命中、老婦人もろとも洋館は焼け落ちた。妻を亡くしたデビッドは息子マイクと二人暮らし。時々恋人のスーザンが家にやってくる。マイクの誕生日を隣のピート家族と祝った時、スーザンは骨董品屋で買ってきた猿のおもちゃをプレゼントする。その日を境に植物は枯れ、金魚、愛犬も死んだ。そしてスーザンは猿のおもちゃに取り憑かれたように、マイクを殺そうとし始めた。・・・

デビルズギフト予告編
tdsg続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1630年、ニューイングランド。信仰に篤いウィリアムは妻キャサリンと5人の子どもたちと入植地での生活を始めたばかりだったが、住民と衝突して共同体を追われてしまう。そのため一家は、森の近くの荒れ地に居を構え、厳しい自給自足生活を余儀なくされる。ある日、年ごろの長女トマシンが子守りをしていた赤ん坊サムが忽然と消えてしまう。その後も一家には説明のつかない不幸が次々と降りかかる。いつしか家族は魔女の仕業に違いないと思うようになり、恐怖に支配された彼らは次第にトマシンに疑いの目を向け始めるのだったが…。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1974年11月13日の深夜3時15分。ブッチ・デフェオはライフルで眠っている家族全員を殺害した。6名の犠牲者全員が銃声で目覚めることもなく、うつ伏せに寝たまま射殺されていた。物語は3週間前にさかのぼり、一家の最期の日々を描いてゆく。暴力をふるう父親との確執により、徐々に崩壊してゆくブッチの精神。妹ドーンと妹の秘密の赤い部屋で交霊会をした後、ブッチの周りに黒い影がつきまとう。そして、ブッチに家に棲みついた“何か”が『奴らを殺せ』と命じる。ついに、その夜がやって来る。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ティバートン大学博物館のウィルソン教授は、古代アステカの祭壇(棺)を手に入れた。この祭壇の上で20000人が生きたまま心臓を切られ生贄にされており、彼の著書「アミニズムの心理」にまつわる品も中に入っていた。ウィルソンが蓋を開けると、中には赤いケープを着たミイラが。ウィルソンは即ケープを着て警備員を呼んで惨殺、そして家に帰って妻を斧で殺し自殺した。ウィルソンの友達の心理学者ブキャナンはエイミー達聴講生に「アミニズムの心理」を読んで感想を出せと宿題を出した。エイミーの両親は亡くなったばかりで、彼女は叔母マーサ、従妹のグロリアの家に居候しながら小間使いをしていた。ある日、友達のエディーから演劇ロミオとジュリエットの小道具係を頼まれる。エミーは小道具を探し、あるトランクの中の赤いケープに触ると、ウィルソンの視点での幻影を見る。その後、エディーがそのケープをまとい演劇のリハをすると、彼は我を忘れて真剣に戦ってしまった。たまたまケープが取れると元に戻った。そう、このケープには人の邪悪な面を増長させる魔力があったのだ。エミーはケープを拾い家に持って帰り、その夜自分用のドレスに加工。彼女はそれを着て、ダンスパーティーに出かけていく。いつもと違う妖艶な魅力を発散させながら。・・・


Dressvhs続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ミス・ギデンズは住み込み家庭教師として田舎町ブライを訪れ、古い屋敷に向かう。そこではマイルスとフローラの幼い兄妹が長い間、メイドのグロース夫人に面倒を観られながら暮らしていた。雇われて屋敷で生活して行くうち、ギデンズは屋敷にいるはずのない男の姿を屋上で見かけたり、遠くからこっちを眺める黒服の若い女性の姿を見かけたりと、さまざまな怪奇現象に襲われる。ギデンズは怪奇現象の謎を知るために屋敷の過去のことを調べ、自分の前任者のミス・ジェスルが入水自殺したことを知る。・・・


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

怪談雑誌で読者の体験談をもとにした短編を連載している小説家の「私」。ある日、読者の女子大生・久保さんから“今住んでいる部屋で擦る様な奇妙な音がする”という手紙を受け取る。興味を持った「私」は彼女と連絡をとり、一緒に調査を開始する。すると、そのマンションでは他にも不思議と人が居着かない部屋が存在した。しかも過去の住人たちが、引っ越し先で不可解な死に遭遇するケースがたびたび起こっていたことも分かってくる。そこで「私」と久保さんは、作家の平岡芳明や心霊マニアの三澤徹夫らの協力を得て、さらなる調査を進めていく。・・・


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

女子大生の有里は、見たら2日後に必ず死ぬという“呪いのビデオ”を見てしまった親友の夏美を救おうと奔走し、異端の霊能者・常盤経蔵とその相棒で強い霊感を持つ盲目の少女・珠緒と出会う。一方、“呪いの家”の向いに引っ越してきた女子高生の鈴花。ある日、彼女は思わずその家に足を踏み入れてしまう。そんな2つの呪いを解くために経蔵が企てた秘策は、貞子と伽椰子を激突させるという驚くべきものだったが…。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

数多くの犠牲者を出した“呪いの動画”事件を追っていた安藤孝則と鮎川茜の間には、凪(なぎ)という娘が生まれていた。だが、茜は出産後に死亡。孝則は生まれたばかりの娘を妹の楓子に預け、一人で暮らしている。事件から五年後、再び“呪いの動画”による死亡事件が発生するようになり、楓子は五年前の事件の首謀者で死刑囚の柏田清司に面会する。貞子とその子供について聞かされる。・・・


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1977年、西ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にアメリカ・オハイオ州からやってきた。初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに入団を許可された。そんな中、彼女のまわりで不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げはじめたのだ。彼女は実力もあったが、舞踊団の人材不足もあり、1948年から演じられている「民族」という演目の主役に抜擢された。一方、心理療法士クレンペラー博士は、患者であった若きダンサー・パトリシアの行方を捜すうち、舞踊団の闇に近づいていく。やがて、舞踊団に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、スージーの身にも危険が及んできた。・・・
sus201801

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ