元代。モンゴル民族が中国全土はじめアジア全域を支配したこの時代、最強の魔力を秘めた伝説の宝刀、倚天刀と屠龍刀をめぐり、全中国の武道家たちは争いを続けていた。すなわち、中原六大派(少林寺・武當ぶとう・華山かざん・峨眉がび・崑崙こんろん・空洞こうとう)と、ペルシャを拠点に領土奪還を図る明教(四代法王は、紫杉龍王しさんりゅうおう、白眉鷹王はくびょうようおう、金毛獅王きんもうしおう、青翼蝠王せいよくふくおう)であった。その中で、金毛獅王ジェーソンは武當の一門の五番弟子チョン・チョイサンと義兄弟の契りを交わす。ところがジェーソンは師匠シン・コンが元王朝に加担、仲間と妻子を殺されたのに逆上する。六大派から屠龍刀を奪い誰彼構わず殺しまくって身を隠した。このためチョイサンは金毛獅王ジェーソンと共に、妻で白眉魔王の娘ヤン・ソウソウと幼い息子チョン・モウゲイ(張無忌)を連れ孤島に逃げた。そして、師匠で武當の老師チョン・サンフォンのもとへ100歳の生誕祝いに訪れたが、そこでジェーソンを敵と狙う者、玄冥らに息子モウゲイを奪われる。彼らは秘拳“玄冥神掌”をモウゲイに食らわせて逃げた。その後、老師のもとへ身を寄せた親子に、五大派が大挙して押しかけ、ついに父チョイサンは義理のために自ら心臓を気で飛ばして?自害、母はモウゲイに、その場にいた5人の顔をおぼえさせ復讐を誓わせてから、胸に短剣を刺し夫の後を追った。



それから8年後。モウゲイは“玄冥神掌”の毒のため、武術は使えない体のまま成長し青年となった。親代わりのサンフォン老師は彼に、かつて彼に挑んで来た少林寺の秘法“九陽神功”(きゅうようしんこう)を習得した男だけがモウゲイの体を救えると教える。その矢先、モウゲイは武当の跡継ぎで彼とは幼なじみのいとこ、ソン・チンシュとジーヨの挑発に乗って争い殺されかける。そこへ明教の魔王の下女を名乗る謎の娘シウチウが突然現れ窮地を救うが、ジーヨは2人を谷底に追い落とす。ところが、その谷底にいたのが、“九陽神功”を習得した男だった。男は老師サンフォンを倒すため、モウゲイに“九陽神功”を注入、彼を従わせようとするが、今やモウゲイも互角の力を持つに至り、勝ってシウチウを連れ祖父白眉鷹王のいる明教のもとへ赴く。折しも、六大派と明教は大激戦の最中。乱軍の中をくぐりぬけ、地下墓地に入った2人はそこで争いの原因を引き起こしたシン・コンに会う。実は彼こそ元朝と結んで暗躍するすべての悪事の元凶と知ったモウゲイは一撃をおみまいしてシン・コンは逃げ去る。モウゲイは、更にそこで6時間、明教の最強奥義「乾坤大揶移」(けんこんだいない)をマスターする。さて白眉鷹王とその盟友青翼蝠王ワイは、六代派に追い詰められていたが、駆けつけたモウゲイは絶対的な力で双方を圧倒する。そして、真実の敵はシン・コンと教え調停する。乾坤大揶移を身につけ、新たに明教の教主となったモウゲイは、シン・コンらを操る指令者、元の皇帝の娘ジウマンと対決する。サンフォン老師のもとへ戻ったモウゲイは、ジウマンに抱き込まれたチンシュとともに現れた“玄暝神掌”の使い手の二人組と戦い、(戦いながら師匠に太極拳を習ってましたが)見事復讐を果たす。ジウマンは人質として拘束した六大派の首領たちの命を救いに宮中に来るようにとモウゲイに言い残し、去って行くのだった。・・・幕

サモ・ハン・キンポーとジェット・リーの初共演作となった香港アクションらしいです。オイラは情報無しで見始めて、サモ・ハン・キンポーは老人、白髪、長髭メイクなんで誰か分かりませんでしたよ、笑。燃えよデブゴンなら、道理でカンフーが上手いはずだ。さて、主人公のジェットの超絶カンフーアクションと、ワイヤーアクションは終盤に炸裂、、、前半はジェットが子供の時に玄冥神掌を食らって、その毒にかかってて武術が出来ませんので、カンフーアクションは少なめです。、、、がぁぁぁぁ、この作品は、展開があっちこっちに飛びすぎ、シチュエーションが余りに詰め込みすぎでした。オイラはDVDを止めてあらすじを書いてましたので、何とかついて行けましたが、何気に見てたら、置いてけぼりは間違いなし、ついて行けませんよ。更にラストは結論出ず。ジウマンが「モウゲイよ、仲間を助けたければ朝廷に来い。」と言って去っていきます。これで「2に続く」で終わってしまいましたよ。爆発!!!ネットで調べると、やはりこの完全ネタバレサイトにも、「状況説明の仕方が悪いのです」と記載されてました。ですから、人物の相関関係を理解してから、ゆっくり見ることをお勧めします。魔教教主 1/6 日本語吹き替え
PS:カルトマスター2は、2020/08/10現在、いまだに未製作です。こんなニュースも流れてました。ジェット・リーが師弟コンビで映画出演か?未完の「カンフー・カルト・マスター」に続編浮上 (2019年12月31日) - エキサイトニュース

1993年 香港 倚天屠龍記之魔教教主、THE EVIL CULT
監督、脚本:王晶 バリー・ウォン
原作:金庸の武俠小説『倚天屠龍記』
製作総指揮:チャールズ・ヒョン、ジミー・ヒョン
撮影:ビル・ウォン
編集:潘雄輝
音楽:ジョセフ・クー
出演:ジェット・リー李連杰 チョン・モウゲイ(張無忌)
チンミー・ヤウ邱淑貞 シウチウ小昭、明教の白眉鷹王の下女を名乗るが、出生不明。なぜモウゲイについてきたかは本作では判明せず。
サモハン・キンポー洪金寶 武當派の老師、チョン・サンフォン(張三豊)
チョン・マン 白眉魔王の娘で、モウゲイの母ヤン・ソウソウ、元王朝の皇帝の娘ジウマン(一人二役)
イー・シン ソン・チンシュ、武當派でモウゲイの父チョイサンの兄弟分、ソン・ユンキュウの息子。老師に可愛がられるモウゲイに嫉妬している。最後は武當派を裏切り、元王朝になびきサンフォン老師を刺す。しかしモウゲイがジウマンの部下、玄冥2人に勝ってジウマンに捨てられる。モウゲイは一発殴って、二度と武芸が出来ない体にした。
ジジ・ライ チャオ・ジーヨ、滅絶ミッジュの一番弟子。倚天刀を取りに武當派へ訪れる。チンシュと組んで青年モウゲイを色気でコケにした。怒ったモウゲイを殺そうとしたが、突然シウチウが現れモウゲイを助けた。
リチャード・ウン 明教の四大法王の一人、青蝙魔王ワイ(青蝙蝠王)