1947年、若くして銀行副頭取を務める優秀な銀行員アンドリュー・デュフレーン (アンディ)は、妻とその愛人プロゴルファーを射殺した罪に問われる。無実を訴えるも終身刑の判決が下り劣悪なショーシャンク刑務所への服役が決まる。ショーシャンクでは、長年服役する「調達屋」ことエリス・ボイド・レディング(レッド)が、もう何度目かとなる仮釈放の審査を受け、更生したことを訴えるがやはり却下されていた。レッドが落胆し部屋を出ると、アンディを含む新しい受刑者達が護送されて来る。アンディら新入り達はノートン所長とハドリー主任刑務官から脅しを含めたショーシャンク刑務所の紹介をされ、その晩に取り乱した一人の新人受刑者がハドリーから過剰暴力を受けて死んでしまう。1ヶ月孤立していたアンディは、やがてレッドに声をかけ鉱物採集の趣味のため小さなロックハンマーを注文する。それをきっかけにアンディはレッドと交友を重ね始める。他方、アンディは荒くれ者のボッグズとその一味にカマを掘られ、抵抗のため常に生傷が絶えない生活が続いた。1949年、アンディは屋根の修理作業中、ハドリーの兄の遺産相続問題を知り財務経理の知力を駆使し作業仲間達へのビールと引き換えに、妻に遺産を贈与すると税金がただで済むと提案する。ビールを手に入れ仲間達から尊敬される一方で、それからハドリーら刑務官からも一目置かれるようになる。その後ボッグズらがアンディを襲って全治1ヶ月の重傷を負わせるも、ハドリーが復讐してくれてボッグズを半殺しにされて以後、アンディを襲う者はいなくなった。アンディが治療を終え自分の房に戻ってくるとレッドに以前に注文していたリタ・ヘイワースの大判ポスターが退院祝いとして置かれていた。やがて、アンディは図書係に配置換えとなり、もう50年も服役している老囚人ブルックスの助手となる。だが、その本当の目的はノートン所長や刑務官達の税務処理や資産運用をアンディに行わせるためだった。アンディは有能な銀行家としての手腕を発揮する一方で、名ばかりだった図書係としても精力的に活動を始め、州議会に図書館予算の請求を毎週送るようになる。



1954年、ブルックスに仮釈放の許可が下りるが、50年服役した老人は塀の外の生活への恐れから取り乱す。アンディらに説得され仮釈放を受け入れるが、結局、外の生活に馴染むことはできず最期は首を吊って死んでしまう。死の間際に送られた感謝の手紙を読んで、アンディとレッドは苛まれる。一方、手紙に根負けした州議会はわずかばかりの寄付金200$と古書をショーシャンク刑務所に送ってくる。アンディは送られてきた荷物の中に『フィガロの結婚』のレコードを見つけ、それを勝手に所内放送で流したことで懲罰房送りとなる。その後、仲間達からレコードを流した理由を尋ねられ、アンディは「音楽と希望は誰にも奪えないものだ」と説明するが、レッドは「そんなもの(希望)は塀の中じゃ不必要だ」と反論する。1963年、アンディが州議会にさらに手紙を送り続けた結果、年度毎の予算まで獲得し、倉庫同然だった図書館は囚人達の娯楽と教養を得る場となっていた。その頃所長は、囚人達の社会更生を図るという名目で、彼らを労働力として野外作業をさせ始め、そのピンハネや土建業者達からの賄賂を受け取り始める。そしてアンディは「ランドール・スティーブンス」という架空の人物を作り出し、その多額の不正蓄財を見事に隠蔽していた。1965年、新たに入所したコソ泥のトミーは、すぐにレッドの仲間達と打ち解けアンディも彼を気に入る。更生を望むトミーにアンディは文字の読み書きから勉強を教え始め、やがて高校卒業資格を申請するにまで至る。トミーはアンディの過去を知ると、その真犯人に心当たりがあることを話す。アンディは所長に再審請求したいと頼み込むが、優秀な経理担当者であると同時に不正蓄財を知っている彼を自由にさせる気のない所長は、アンディを懲罰房に入れ考えを改めるよう迫る。1ヶ月経っても折れないアンディに業を煮やした所長とハドリーは、冤罪証明の鍵を握るトミーを呼び出して射殺、後日アンディには「脱走したため撃った」と嘘を伝える。トミーの死から1ヶ月後、アンディは再び不正経理を行うことを条件に懲罰房から出される。しかし、アンディの様子はどこかおかしくレッドに要領を得ない伝言を残す。レッドら仲間達はアンディが自殺を考えていると疑い、嵐の晩に心配が募る。翌朝の点呼の際、アンディが房から消えていることが発覚する。所長やハドリーもアンディの房に向かい、リタ・ヘイワースからマリリン・モンローへ、そしてラクエル・ウェルチへと代替わりしていたポスターの裏の壁に大穴が開いていることを見つけ出した。アンディは約20年間ロックハンマーで壁を掘り続け、ついに1966年、脱獄したのだった。アンディはスティーブンスに成りすまして12銀行に分けた所長の不正蓄財を全て引き出すと同時に、告発状を新聞社へ送り難なくメキシコへ逃亡する。そしてアンディの告発状によってハドリーは逮捕され、所長は拳銃自殺する。間もなくレッドは服役40年目にしてようやく仮釈放されるが、ブルックスと同様に外の生活に順応できない。ブルックスと同じ悲劇への道を辿りかけるが、レッドは仕事を手伝って欲しいというアンディの伝言を信じて、メキシコへ向かう。そして、青海の海岸線で悠々自適の生活を送るアンディと再会し、喜びの抱擁を交わしたのだった。・・・幕

中々面白い刑務所内のドラマでした。この前のグリーンマイルは再見でしたが、これは初めてです。
アンディが経理の知識を生かして所長や刑務官に取り入る所は頭が良いですが、その後、利用されて刑務所に閉じ込められる危機に陥ります。しかし、ここでも彼はプランBを持ってて、架空人物をでっちあげてて(所長の裏金をばれないように、助けているふりをして)ラストでは脱獄して架空人物になりきり37万$を銀行から引き下ろして、メキシコにトンズラをかわします。このラストは、一時アンディが首を吊るのでは?とハラハラしたあとなんで、超痛快でした。
あと、ブルックスが仮釈放になってシャバに出ても馴染めず自殺してしまうシーンは悲しい結末ですが、待ってくれる人がいなければシャバも孤独なだけですから仕方ないかもね。しかも、彼は終身刑の仮釈で50年後とかですから、家族も当然いないし。罪を償うのは並大抵ではないと改めて思いました。

1994年 アメリカ製作 The Shawshank Redemption
監督・脚本:フランク・ダラボン
原作:スティーヴン・キング
音楽:トーマス・ニューマン
出演:ティム・ロビンス アンドリュー・"アンディ"・デュフレーン
モーガン・フリーマン エリス・ボイド・"レッド"・レディング
ボブ・ガントン サミュエル・ノートン刑務所長
クランシー・ブラウン バイロン・ハドリー主任刑務官
ウィリアム・サドラー ヘイウッド
ギル・ベローズ トミー・ウィリアムズ
マーク・ロルストン ボッグズ・ダイアモンド
ジェームズ・ホイットモア ブルックス・ヘイトレン
ジェフリー・デマン 検察官
ポール・マクレーン トラウト
ジュード・チコレッラ マート