ワイオミング州ウインド・リバー・インディアン居留地。FWS(合衆国魚類野生生物局)のハンター、コリーは雪山に囲まれた雪原の中で、ネイティブ・アメリカンの少女ナタリーの死体を発見した。BIA(インディアン部族警察)署長のベンは、FBI(連邦捜査局)に捜査を依頼するが、派遣されたのは新人捜査官のジェーン1人だった。ジェーンは過酷な環境での捜査に難渋し、コリーに捜査への協力を依頼した。検死を行うと裂傷やレイプ痕があり、殺人の可能性が高いが、死因は冷気を吸ったことによる、肺の出血と窒息死であり他殺とは断定されなかった。 捜査を進めて行くと、ナタリーが極寒の中を10キロもの距離を裸足で逃げていたことが分かり、さらにナタリーの恋人マットの遺体が森の中で見つかる。謎は深まるが、コリー、ジェーンらはマットの勤務先である、掘削地の警備員たちに目星をつけるが、2人は真実とともにネイティブ・アメリカン社会の闇に直面することになる。・・・



雪山や白銀の大平原が凄くロマンチックですが、陰惨な殺人事件が2件起こります。オイラは主人公コリーの娘エミリーの死と、エミリーの親友だったナタリーの死に何か関連性があるのかな?もしかして宗教的な背景が何か隠されているのかな?と考えていました。しかし、二人の死は何も関係はありませんでしたね、汗。エミリ ーの死はコリーら両親が外泊した日のパーティーで何かあったのか?までしか分からなくて、ナタリーの死は恋人マットと寝たあと、掘削所のピートら五人がトレーラーハウスに帰ってきて、酒によったピートが絡みます。怒ったマットが喧嘩を仕掛けたんですが、みんなに殴り殺されて、ナタリーはレイプされ隙を見て逃げ出したのでした。でも外は零下20度以上の寒さなので、肺が壊れて死んでしまったのです。コリーは娘のことを思い出しながら捜査に協力して、最後ピートに自供させました。そして靴を剥ぎ取り雪山に放置して、直接は殺しませんが死に至らせました。最後の字幕で、ネイティブ・アメリカンの失踪者の数は数えられていなくて、今でも不明だと出ます。やはり、ここでもアメリカの人種差別は色濃く残っています。

2017年 アメリカ WIND RIVER
監督、脚本:テイラー・シェリダン
音楽:ニック・ケイヴ、ウォーレン・エリス
出演:ジェレミー・レナー コリー・ランバート、FWS(合衆国魚類野生生物局)のハンター。
エリザベス・オルセン ジェーン・バナー、FBI捜査官。
ジョン・バーンサル マット、ナタリーの恋人、イラン人か?
グレアム・グリーン ベン、BIA(インディアン部族警察)署長。
ケルシー・アスビル ナタリー
ギル・バーミンガム マーティン、ナタリーの父