西暦2199年。地球は異星国家「ガミラス」と数年にわたる星間戦争を行っていった。圧倒的な軍事力を持つガミラスに防衛艦隊は壊滅寸前へ陥り、地球は遊星爆弾を用いた爆撃によって地上が壊滅し汚染され、人類は地下都市へ追いやられる。地表の汚染は地下都市にも達し始めており、人類絶滅まで1年と迫っていた。そんな中、地球はガミラスとは異なる異星人の惑星「イスカンダル」からの技術供与を受け、恒星間航行可能な宇宙戦艦「ヤマト」を完成させる。そして、イスカンダルに存在する汚染浄化システム「コスモリバースシステム」を受け取るため、艦長沖田十三の下、古代進・島大介・森雪ら乗組員を乗せたヤマトは、16万8千光年彼方の大マゼラン銀河のイスカンダルへ、往復33万6千光年の旅に臨むことになる。



宇宙戦艦ヤマト2199 amazon
y219901
地球から旅立ったヤマトは、地球初の超光速航法(ワープ)に成功するとともに、波動エンジンの副産物である波動砲も駆使して、イスカンダルを目指していく。一方、ガミラスの独裁者であるアベルト・デスラーは、ヤマトにイスカンダルの女王スターシャが関与していることを確信し、エルク・ドメル将軍を小マゼラン戦線から銀河系戦線に派遣替えする。次元断層での初の対決や、ドメル艦隊との交戦、惑星ビーメラ4での乗組員の反乱、イスカンダルからの最初の使者であったイスカンダル第三皇女ユリーシャの目覚め、航路の中間地点であるバラン星に集結する敵大艦隊の中央突破などを経て、ヤマトは大マゼラン銀河へ到達する。
ヤマトは大マゼランの入り口である七色星団においてドメルとの決戦に臨み、辛勝を収めるが、戦闘の中で森雪がユリーシャと間違えられて敵に拉致される。さらに、ガミラスとイスカンダルが双子星であることが明らかとなる。ガミラス本星での戦いの末、雪はヤマトへと生還し、ガミラスもデスラーの独裁政権が崩壊して新たな門出を迎える。
そして、ついにヤマトはイスカンダルへたどり着いたが、スターシャは地球が波動エネルギーを兵器転用した波動砲の存在を理由に、コスモリバースシステムの提供に難色を示す。しかし、ヤマトが波動砲を自身や誰かを守るために用いていたことをヒス副総統やユリーシャから聞かされたスターシャは、考えを改める。古代はスターシャより、戦死したと思われていた彼の兄・古代守が、捕虜として生体サンプルとして護送される途中の事故でイスカンダルへ漂着し、重傷を負って彼女にかくまわれていたもののヤマト到着前に死亡してしまったことを知らされる。そして、波動砲の封印と引き換えにコスモリバースシステムはヤマトへ組み込まれ、古代守の思念はシステムの核となる。そしてヤマトは、地球へと旅立つ。地球への帰路のさなか、ヤマトはデスラーの襲撃を受け、白兵戦の中で雪が瀕死の重傷を負い、地球を目前にして命を落としてしまう。
地球への帰還や仲間の結婚を祝う乗組員達に雪の死を伏せて嘆き悲しむ古代の姿に、古代守はコスモリバースシステムを起動させて雪を蘇生させるが、その代償として古代守の思念は消滅し、システムは再起動不能に陥る。しかし、持病の悪化により末期へ陥っていた沖田が、目前となった地球の姿に感慨の言葉をつぶやきながら艦長室で息絶えると、システムが「新たな思念」を得て、再起動する。西暦2199年12月8日、ヤマトはついに地球への帰還を果たし、地球が本来の青い姿を取り戻して物語は終了する。
ym219902
さあ、いよいよ現代のNew Yamatoです。このTVシリーズは、第1作『宇宙戦艦ヤマト』TV版1974年10月6日 から 1975年3月30日放映のリメイクです。ストーリーは基本同じ。あらすじは、こちらのサイトに任せますので、オイラはオリジナル・アニメとの違い、気づいた点を書きますね。

第1話 イスカンダルの使者
古代進と島は黒目が大きくて可愛い感じ、守兄さんはちょっと細面のイケメンか。この3人はオリジナルアニメの方が男っぽい。おおお、佐渡先生はちゃんと目があるよ、点じゃなかったよ、笑。
第2話 我が赴くは星の海原
ヤマト艦内には森雪以外にたくさんの女性勤務者がいて、結構華やかになりました。(コスモゼロの加藤の部下・山本玲あきら、真田技術長の部下・新見薫、森雪の部下・岬百合亜ゆりあ、佐渡先生の部下・原田真琴。)
第3話 木星圏脱出
ワープ航法ののCG、ド迫力の波動砲は必見ですな。因みにガミラス軍はワープのことをジャンプと言ってる。
第4話 氷原の墓標
古代守の船ゆきかぜが漂着した星はタイタンではなくて、エンケラドゥスに変更。ガミラス製アンドロイド(ガミロイド)登場。
第5話 死角なき罠
第6話 冥王の落日
第7話 太陽圏に別れを告げて
南部は雪が好き、雪は1年前の記憶がなく古代が気になる。玲は古代が好き。真琴は加藤が好き。おもろい人間関係の予感がする。コスモゼロの加藤は男気満載の荒くれもの風設定で、戦闘中にも般若心経を読んでる。彼はお寺の息子で、艦内での太陽系赤道祭では袈裟着てた。
第8話 星に願いを
ガミラスのシュルツの家族への思い(惑星ザルツ出身でありガミラス本国に妻のライザと娘のヒルデがいる)が出てきて、覚悟してヤマトと対決する。
第9話 時計仕掛けの虜囚
2199オリジナル。ガミロイドのオルタを殺すアナライザー。お互い自我を持ったロボットの悲哀が描かれてます。回転防御のアステロイド・ベルト、デスラー機雷のエピが無いね。
第10話 大宇宙の墓場
第11話 いつか見た世界
ガミラスとの初の遭遇で先に攻撃したのは地球人。そしてやられたと事実を捻じ曲げて戦争したのだった。ガミラスのリッツ提督の娘メルダが短期間ヤマトに滞在して判明した。
第12話 その果てにあるもの
デスラーからヤマト討伐を命じられたドメルだが、ガミラス上層部で権力争いが激化、親衛隊が力を持ちつつあった。ドメルの奥方が登場、2人の子供は亡くなったようだ。デスラーは遷都を計画。
第13話 異次元の狼
フラーケンの次元潜航艇登場。ヤマトは潜望鏡を破壊して、何とかワープで逃げきった。
第14話 魔女はささやく
2199オリジナル脚本。ガミラスの魔女ミレーネルの異能力で危うく乗っ取られそうになるヤマト。ミレーネルの意識は戻らず死亡。ジレル人はガミラスの宣伝相ミーゼラのみとなった。
第15話 帰還限界点
森雪の素性を調べる伊東保安部長と新見薫。デスラーはバラン星視察の時に艦が爆破される。ヤマトは初めてシールド、波動防壁を使用。
第16話 未来への選択
ビーメラ4に降り立つヤマト。ここには400年前イスカンダル人が来ていて、航海日程短縮の情報を得た。艦内ではクーデター発生(伊東、新見、島)。
第17話 記憶の森から
親衛隊のギムレーはリッツとドメルを総統暗殺の罪で逮捕する。森雪はユリーシャではなく、彼女はヤマトの自動航法室で眠っていた。そしてユリーシャの記憶をトレースしてヤマトはイスカンダルを目指していた。そしてユリーシャは岬に乗り移っていた。古代たちは3万光年の距離を飛べる亜空間ゲートを開く。
第18話 昏き光を越えて
篠原が亜空間ゲートを通り、ガミラスの人工星・バランに着くと、そこにはガミラス艦隊が集結していた。命からがら帰る篠原。デスラーは生きていて死んだのは影武者だった。そして暗殺犯ゼーリックはゲールが射殺。ヤマトはバラン星を波動砲で破壊して大マゼラン星雲までワープした。
第19話 彼らは来た
第20話 七色の陽のもとに
ドリルミサイル作戦失敗、ドメル将軍自爆するも波動防壁でヤマトは助かった。雪はユリーシャと間違われてフラーケンに拉致された。
第21話 第十七収容所惑星
2199オリジナル脚本。ユリーシャは目覚め古代と惑星の偵察、雪救助に行くが、収容所で暴動が起きて雪はデスラーの元へ送られた。伊東はユリーシャを助けて撃たれ死亡する。
第22話 向かうべき星
イスカンダルとガミラスは双子星。沖田艦長とリッツ提督は平和の話し合いをしたが折り合えず。リッツは他の囚人を助けに行き、メルダは連絡将校としてヤマトに乗艦した。デスラー総統は雪が偽ユリーシャと知っていたが、イスカンダルの第三皇女の地位を利用する。ドメルの葬式後、国民の前でガミラスとイスカンダルの大統合を発表した。
第23話 たった一人の戦争
デスラーはヤマトに突っ込まれて、自分だけ宇宙の機動都市要塞『第二バレラス』へ逃げる。その後総統府に都市の一部をぶつけてヤマト殲滅を企むが、ヤマトは波動砲を発射してガミラス市民を助ける。雪はデスラー砲に細工して第二バレラスは大爆発を起こします。宇宙空間を漂う雪を古代は見つけて救出した。
第24話 遥かなる約束の地
スターシャは波動砲を作った人間を疑い、悩んだ末にコスモリバースを渡すことにした。そしてヤマトをコスモリバースの一部として改造すると言い出した。
第25話 終わりなき戦い
デスラーは未だ生きていた。バラン星から銀河系へ向かう亜空間ゲートを使おうとするヤマトにゲールが待ち伏せして仕掛けるが、彼はガミラスで逮捕状が出ていた。ゲールはフラーケンの次元潜航艇が捕まえられた。また、次元潜行艇には藪が船員として乗っていた。ヤマトは亜空間ゲート内でデスラーに捕まりガミロイドを送り込まれる。ガミロイドは真田のウィルスで始末した。雪は自殺しようとしたミーゼラを止めようとして一緒にデスラーの部下に撃たれて死亡する。デスラーは亜空間ゲート内でデスラー砲を使用しようとしたが、ヤマトの砲弾攻撃(ビーム兵器は使えない)で深手を負っており爆死する。
最終話 青い星の記憶

ym219903
放送局:MBS・TBS系列
放送期間:2013年4月7日~9月29日 全26話
原作:西﨑義展
総監督:出渕裕
シリーズディレクター:榎本明広(チーフディレクター)
キャラクターデザイン:結城信輝、山岡信一(ゲスト)
メカニックデザイン:玉盛順一朗、石津泰志、山根公利、出渕裕
音楽:宮川泰、宮川彬良