西暦2202年。暗黒星団帝国の兵器・重核子爆弾が地球へと飛来。さらに、続々と押し寄せてきた敵の大戦力の前に、地球防衛軍は敗北し地球は瞬く間に制圧される。暗黒星団帝国は重核子爆弾によって人類の脳細胞を一挙に死滅させることが出来ると脅しヤマトの在処を示せと要求する。古代達ヤマトの乗組員達は、沖田艦長の銅像がある英雄の丘に集結し真田のいる小惑星イカルスへと向かう。しかし森雪が途中で負傷し宇宙船に乗れず一人だけ地球に取り残されることになる。地球から決死の脱出を果たした一行がイカルスに着くと、そこにはヤマトが隠されていた。ヤマトの乗組員たちは重核子爆弾の起爆コントロールが敵母星であると判断し爆発阻止のために暗黒星雲へと旅立つ。その頃、地球に取り残された雪は、敵将校アルフォンによって介抱されていた。雪はアルフォンから重核子爆弾の情報を聞き出すため彼の下に残るが、彼もまた彼女の思惑を知ったうえで傍に置いていた。そして次第にアルフォンは愛する人を信じ続ける雪の姿に惹かれていく。一方ヤマトは一路暗黒星雲へと向かっていたが、その旅の中で古代は真田志郎の姪とされた真田澪(みお)が実はスターシャと古代守の娘サーシャであることを知る。



辿り着いた暗黒星雲を突破したヤマトは煌めく銀河を目撃する。地球から見た暗黒星雲の正体は白色銀河と黒色銀河が重なりあう二重銀河だったのである。ヤマトは光芒の中で見つけた敵母星と思しき光点へとワープするが、そこにあったのは地球そっくりの星だった。調査へと降り立ったヤマトの先発隊は、そこで暗黒星団帝国の聖総統スカルダートから暗黒星団帝国の正体が未来の地球であることを告げられ、更にヤマトが撃沈されるという歴史を見せられて降伏を迫られる。未来の地球人ということで、現在の地球人を滅亡させられないと分かったヤマト乗組員は、降伏を拒否。運命は自分たちで切り開くものとし地球への帰路に着く。しかしサーシャは未来の地球に残ることを決意し、ヤマトと離別する。帰路においてヤマトは見せられた歴史の通り敵戦艦からの激しい攻撃にさらされる。しかし真田によって暗黒星団帝国人が地球人とは全く無関係の生命体であること、未来の地球も偽物であったことが判明する。ヤマト轟沈の歴史も出鱈目だったと分かって安堵するヤマト乗組員だったが、その事実は暗黒星団帝国が地球人類を滅ぼせるということでもあった。偽地球へと戻ったヤマトは、敵戦艦を波動砲で撃沈するも、その誘爆が偽地球にもおよび表面が剥がれて異形の姿をした星・敵母星デザリアムが姿を現す。波動砲も効かない強固な守りを持つデザリアムに手をこまねくヤマトにサーシャから通信が入る。彼女はいち早く敵の正体に気づいており、ヤマトをサポートするために敵母星に残っていた。彼女は惑星内部の人工都市に波動砲を撃ちこむことが唯一の活路だと言うが、それは彼女自身も犠牲にする方法であった。その時、地球にいる雪から通信が入る。地球ではパルチザンが占領軍との戦いを続けており、アルフォンから「自分を倒せれば重核子爆弾の秘密を教える」と約束され解放された雪は、重核子爆弾内部でアルフォンとの一騎討ちになるが撃てず、仲間が撃って勝利する。アルフォンたちは頭だけ人間のサイボーグだったのだ。雪はアルフォンの頼みで膝枕をしてアルフォンの最期を看取った。そして、アルフォンからもたらされた解体図を基に、爆弾本体側の起爆装置の解除に成功した。残るは敵母星のコントロール装置のみであり、ヤマトはサーシャの導きにより、敵母星内部に侵入。中心部に到達したヤマトは、そこにある人工都市に波動砲の発射準備をするが、直前になり古代はためらってしまう。サーシャは古代を説得するが、そこへスカルダートが現れ、サーシャを射殺する。その光景を見た古代は怒りに任せ波動砲を発射。波動砲により人工都市は爆発しデザリアム星も崩壊する。デザリアムと波動エネルギーの融合による爆発は二重銀河全体へとおよび、二重銀河は崩壊し新しい銀河が生まれようとしていた。自らの血に濡れた手、行いを責める古代だったが、そこへサーシャの幽霊が現れ古代やヤマト乗組員を励まして母スターシャの下へと帰っていく。スターシャとサーシャを見送った後、ヤマトは地球への帰路に着いた。、、、幕

「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」第6作目にして劇場用映画の第3作目。1979年に放送されたテレビスペシャル『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』からの続編。シリーズ中、唯一前作と共通の敵と戦います。
前半で即、古代と雪は地球と宇宙の離れ離れになり、何故か敵のアルフォン技術部将校が雪を助ける。でも古代たちの乗った宇宙船内には生命反応は無いと言って、雪の古代への想いを断ち切らせようとする。ヤマトの登場人物は何人でも美人には弱いのは一貫してますなぁ、笑。そして、中も出口も分からず、レーダーも無反応な暗黒銀河の中を通るヤマト。逃げ込んだところに浮遊要塞が待ち構えていて大ピンチに陥ります。真田さんのアイデアで、波動砲の1/100のエネルギーを仕込んだ波動カートリッジ・ミサイルを主砲で撃ってみたら、予想以上の大爆発で浮遊要塞は全滅しました。ラッキーです。
また、アルフォン将校は「女になってくれたら爆弾の秘密を教える」と雪を口説いていますが、雪は「もう少し時間を下さい」と言います。揺れていますな、女心。雪は、古代は死んだと聞かされてるから危ない状況です。結局雪は爆弾の秘密を探るため女になることを決意しますが、アルフォンに見透かされていました。アルフォンは雪をレジスタンスのパルチザンに返します。一方古代はサーシャに雪の面影を見ていますが、こちらは兄さんの子供、姪ですから、事は始まりません、、、と思いきやサーシャは古代が好きみたい?しかし、好きだからこそヤマトを救うために自己犠牲してくれました。スターシャといい、娘といい、兄さんといい、みんなに守られる古代進でした。
yamatoyotowani
ヤマトよ永遠にの主な登場人物

1980年 日本 Be Forever Yamato
監督:舛田利雄、松本零士
脚本:舛田利雄、山本英明、藤川桂介
製作総指揮:西崎義展
撮影:片山幸男、菅谷信行
音楽:宮川泰
主題歌:愛よその日まで/布施明