関西地区を牛耳る広域暴力組織の中松組が跡目相続問題で分裂した。五年後、枝分かれをした川越会本部では病床の川越会長をはじめ、幹部連中が集まっていた。その中に服役中の瀬上組々長瀬上雅之の妻芙有(ふゆ)の姿もあった。彼女は夫の服役中、気丈の強さで組織の運営を務めているのだ。そんな時、五年前に中松組の銃弾で夫を失った伊勢夏見という女が残った組員の根津豊を連れて大阪へやって来る。根津豊は中松組の四代目・田所のタマを狙うが失敗、その後、瀬上組も中松の仲間と間違えて弾を打ち込む。夏見は芙有(ふゆ)に事情を正直に話して許してもらい、芙有と夏見は固い友情で結ばれるのだった。



亡き夫の復讐に燃える夏見は、瀬上組を中松組と互角に張り合える組織へ拡大しようとする芙有に協力するが、川越会系・光石組長の裏切りにあい夏見は光石を射殺し、そのまま身を隠してしまう。夏見からの連絡も途絶え、妹分の安否が気にかかった芙有は確たるあてもなく夏見の故郷である美浜へと足を向けた。だがそんな芙有の心配をよそに夏見は仇である中松組組長、田所亮次を射めようとするが、逆に銃弾を浴び息絶えてしまうのだった。それは中松組に丸め込まれた川越会が解散をした直後であった。出所後、中松組におだてあげられていた瀬上は結局自分がただの道化役であったことに気付き、戦争を再開しようとするが、芙有は豊らを連れて組を去って行く。そして夏見の死に決着をつけるべく、芙有達は田所を射止めるのだった。・・・幕

極妻シリーズ第4弾。オイラの大好きな志麻姉さん、ご復帰の1本。獄中の瀬上を見届人に兄弟の盃を交わす芙有と夏見、、、このシーンは強烈な女の覚悟と情念を感じますわ。そして、ラスト間近に、税理士の市場先生がやりながら電話で言うように、「女は鬼になれるんや。」その通りでんがな。しかしぃ、瀬上親分はかっこよく出所してきたものの、結局は自己保身優先で四代目・田所にまかれちまう。臭い飯5年も食っていたので任侠道を貫くの、もう嫌になっちまったのかな?あああ、全くかっこ悪かった。そしてラストで豊と芙有は仇討、本懐を遂げますが、芙有まで警察に撃たれて死ぬとは思わなんだ。これは、びっくりですな。

1990年 日本・東映 ★★★☆ 
監督:山下耕作
プロデューサー:奈村協 、 天野和人
原作:家田荘子
脚本:高田宏治
企画:日下部五朗
撮影:木村大作
音楽:津島利章
出演:岩下志麻 瀬上芙有(ふゆ)
小林稔侍 瀬上雅之、瀬上組の親分、芙有(ふゆ)の旦那。
かたせ梨乃 伊勢夏見、亡くなった旦那が瀬上の配下だった。
哀川翔 根津豊、夏見の子分、夏見の仇討で田所に2発ぶち込むがとどめを刺せず、反対にやられた。
石田ゆり子 植木志織、夏見の妹、福井の学校の事務員。ラストは大阪に出てきて、田所の愛人になり襲撃時に撃たれて死ぬ。
中尾彬 田所亮次、中松組四代目
津川雅彦 市場憲章、中松組の税理士、極道の金庫番
品川隆二 光石和義、夏見の旦那の兄弟分だったが裏切ったため、夏見に射殺される。
緒形幹太 高木真一
西村和彦 高木照男
森永奈緒美 柳井涼子
浜田晃 紺屋基和
須賀不二男 川越清市
野口貴史 常松清七
南雲勇助 岡城吉
椎谷建治 朽植雄三
曽根晴美 空地丈太郎
菅貫太郎 桜井弁護士
三上真一郎 寺沢耕造
磯部勉 南部武将
平泉成 宗城博友