ニューヨークで孤独に生きるイタリア系移民のレオンは、プロの殺し屋として、レストランの店主という表の顔を持つイタリア系マフィアのボス、トニーを介した依頼を完璧に遂行する日々を送っていた。ある日、「仕事」帰りのレオンはアパートの隣室に住む少女マチルダと、彼女の顔に父親からの暴力の痕があることをきっかけに知り合う。マチルダは実父であるジョセフだけではなく、異母姉のジョアンからも虐待を受けており、継母のマージからはまるで関心を向けられず、幼い弟マイケルにしか心を開けない閉塞感に満ちた日常を送っていた。「大人になっても人生はつらいの?」と尋ねるマチルダに、レオンは「つらいさ」と答える。その翌日、ジョセフが麻薬密売組織のコカインを横領したことを見抜いたスタンとその一味がジョセフの部屋を襲撃。現場は銃撃戦となり、マチルダの家族は4歳のマイケルもろとも殺害される。レオンのためにいつもの2パックの牛乳を買いにでかけ、運良く難を逃れていたマチルダは、とっさに隣室のレオンに助けを求め、レオンはしばし逡巡した後に彼女を保護する。



弟の復讐のため殺しの技術を学ぼうとするマチルダは「ボニーとクライドみたいにコンビを組もう。」とレオンに持ち掛ける。レオンは学がないものの、マチルダに暗殺技術を伝授することをためらう。またレオンは「根が地面についてないということが自分と同じだ。」と鉢植えの観葉植物に強いシンパシーを寄せる。結果レオンはマチルダに戦術の初歩を伝授、マチルダは家事全般をやるかたわら、レオンに読み書きを伝授することになった。奇妙な同居生活を始めた二人はやがて互いに心の安らぎを見出すようになり、信頼を抱いていく。ある時、マチルダはスタンが麻薬取締局の捜査官であることを突き止める。麻薬密売組織の背後には、麻薬取締局がつるんでいたのだ。マチルダは銃を持参で、単身でピザの宅配員を装い麻薬取締局に侵入するもスタンに早々に察知され逆に捕まってしまう。奇しくも、レオンもマチルダのために、マチルダ一家の殺害に関与した麻薬取締局の捜査官への復讐を開始していた。マチルダの置き手紙を元にレオンは早速麻薬取締局へ乗り込み、スタンの部下2名を殺害、拘束されていたマチルダを救出した。一方スタンは、イタリア系のトニー配下の殺し屋が仲間の捜査官を殺害したと目星をつけトニーを詰問しに出向く。実はスタンこそが、今までトニーを仲介役にレオンに殺しを依頼してきた元締めであった。全てはレオンの仕業であると確信したスタンは翌朝、市警の特殊部隊を総動員してレオンの住むアパートに突入。マチルダも特殊部隊によって捕まえられる。レオンは激しい銃撃戦を掻い潜り、マチルダをダスターシュートから脱出させることに成功する。マチルダとはトニーの店で落ち合うことにし、レオン自身は負傷した突入部隊員を装って脱出を試みるも、スタンに見破られ、外まであと一歩のところで背後から撃たれてしまう。倒れ伏したレオンは、「マチルダからの贈り物だ」と言ってスタンに何かを手渡す。それは手榴弾の安全ピンだった。スタンがレオンの体を改めた途端、彼を道連れにレオンは自爆を遂げた。一人残されたマチルダは、トニーに殺し屋の修行をさせて欲しいと頼むが断られる。レオンの遺産は彼の意志により、トニーが管理して少しずつマチルダに渡されることになった。マチルダは学校の寄宿舎に戻り、レオンの形見となった観葉植物を、根を地につかさせるために学校の庭に植えるのだった。・・・幕

リュック・ベッソンのハリウッド初監督作品。刹那的な殺し屋レオンが隣の12歳の女の子マチルダと出会い、恋をして生きる事の素晴らしさを教えて貰う、それ故、麻薬取締局と全面戦争に巻き込まれてしまうお話です。愛は当然素晴らしいけど、男にとって女(本作は女の子ですが)は甘い妙薬であり、同時に劇薬であると唸らせてくれます。しかし、ジャン・レノの殺し屋は、ひょうひょうとしてて余り怖くは有りませんね。それより本作はナタリー・ポートマンのデビュー作なんですけど、彼女の眼力(めぢから)は本当に凄い。とても子役と思えぬ迫力がありました。やはりユダヤのパワーかな?実際、彼女のお婆ちゃんはアウシュビッツ収容所で亡くなってるしね。

トリビアをウィキから引用。
完全版
監督自らが22分間の未公開シーンを加えたエクステンデッド版。『ディレクターズ・カット版』とも呼ばれている。追加されたシーンにはマチルダの強い主体性やレオンの過去、より実用的なマチルダの暗殺の練習などが描かれており、オリジナルとはレオンとマチルダのキャラクター、二人の関係の印象が少なからず異なっている。正確にはこちらが本来のオリジナル・バージョンであり、監督が本当に公開したかったものであったが、事前の試写会にかけた際、マチルダを実際の現場まで連れて行って暗殺の訓練をするシーンや、大人の男性と幼い少女が愛の言葉を交すシーンが観衆の一部から「刺激的すぎる」「不健全である」との声があったため、やむ無く問題シーンをカットし、劇場では表現を抑えた『不完全版』が公開されることとなった。

備考
屋外のシーンは全てアメリカ合衆国のニューヨークで、アパート屋内のセットを使ったシーンはフランスのパリで撮影された。 後に『TAXi』シリーズで一躍有名となったサミー・ナセリが、本作にはSWAT隊員役として出演。その演技から、ベッソンの目に止まることになった。 ジャン=ユーグ・アングラードが、完全版のみに麻薬の売人役でカメオ出演している。 ラストシーンの曲は スティングの『シェープ・オブ・マイ・ハート』で、ギターがラストシーンから流れ始めエンドロールでも曲が流れ続ける。スティングの『アット・ザ・ムービー』の中に収録されている。 映画公開当時、マチルダの弟マイケルがベッドの下から出て逃げる際に、犯人たちから壁越しに背中から撃ち抜かれる射殺シーンがあった。現在はカットされている。

1994年 フランス・アメリカ映画 Léon ★★★★
Directed by Luc Besson
Writing Credits :Luc Besson ... (written by)
Music by Éric Serra
Cinematography by Thierry Arbogast
Cast :Jean Reno ... Leon
Gary Oldman ... Stansfield
Natalie Portman ... Mathilda
Danny Aiello ... Tony