突然スペインのガルシアの古城を相続した夫マイケル・アルバレス。先に夫が移り住み、妻スーザンは後からニューヨークからスペインの古城へやって来た。実は彼女は先日、中世の魔女の火あぶりの夢を見ていた。そして、古城でのお披露目パーティーの夜に、従妹と名乗るセクシーな女性ディアナ・アルバレスが現われた。彼女はマイケルとスーザンに血塗られたアルバレス家の過去を話し始めた。・・・

この古城は、元々ディアナ・バチェコのものでしたが、彼女らは中世に異端の宗教と教会に裁かれて、教会の命でアルバレス公爵が惨殺、火あぶりにしました。アルバレス公爵はその褒美として、この城を貰ったのです。本作は、この修道女ディアナの呪いが、尽きることなくアルバレスの末裔まで祟るお話です。美人のディアナと夢の中で逢瀬を重ねる度に、マイケルは生気を吸い取られ弱っていきます、、、まるで、日本の怪談・牡丹灯籠を西洋版にしたようなストーリーです。途中ではスーザンが十字架で助けるのかなと思いましたが、マイケルは、あっけなくディアナに心臓を掴み出されて死にます。うーん、この映画は完全に刺激不足ですわ。ホラー映画として連続的に人が死ぬわけじゃなく、死ぬのは最後にマイケル一人だけだし、サスペンス映画として見るんでも、脚本の捻りはほとんど有りません。これでは余りに、まったりで眠くなりましたわ。

arbares

1991年 アメリカ映画 IMMORTAL SINS ★
監督:ハーブ・ハッチェル
製作:ロジャー・コーマン
脚本:トム・クレーバー、ビヴァリー・グレイ
撮影:アルフレッド・マヨ
音楽:リチャード・スペルマン
出演:マリアム・ダボ スーザン・アルバレス
クリフ・デ・ヤング マイケル・アルバレス
シャリ・シャタック ディアナ・アルバレス。顔は違えど本性は城に住み着く怨霊ディアナ・バチェコ。本当の姿は毛むくじゃらの鬼です。
トニー・アイバート グスタボ、マイケルの友達、ラストで身籠ったスーザンを燃える城から助け出した。