ネクタイでの連続絞殺殺人が起こっている恐怖の街ロンドン。かつて空軍で英雄だったが、バーテンダーも首になり、うらぶれた生活を送っているリチャード・ブレイニー。彼は結婚紹介所を営む離婚した妻ブレンダが絞殺された時に事務所に行ったため、連続殺人の容疑者として追われることになる。しかし犯人はブレイニーの友人ラスクだった。ブレイニーが逃亡を続ける間もラスクは、ブレイニーの恋人バーバラも殺す。そして、自分の罪をまんまとブレイニーに着せてしまう。



事件を追っていたオックスフォード警部は逮捕されたブレイニーの態度を見て釈然としないものを感じ、再調査の結果、ラスクが真犯人と確信する。そこにブレイニーが脱走したという報が。オックスフォード警部は、復讐に向かったに違いないとラスクのアパートに急ぐ。そこで警部が見たものは、女性の死体とバールを持ったブレイニー。だが、死体を処理するためのケースを持って、ネクタイを締めていないラスクが二人の前に現れた。・・・幕

ヒッチコックにしては珍しく女性の胸や裸体が3回も出てきます。時代は70年台に入り観客が更なる刺激を求めているのと、人気が下降気味な時との重なりが、そうさせたのでしょう。内容的に一番ハラハラしたのは、ラスクがバーバラの死体からネクタイピンを取るために芋のトラックの荷台に乗り込んでいるシーンです。トラックは発進して、ロンドン郊外のドライブインまでラスクは連れていかれます。そして、そこの店員に見られ、自分の髪の毛を付けたブラシも警察に押収されました。それが再捜査の決め手になったのです。バーバラは死んでも犯人のタイピンを取り、恋人のブレイニーを守ったんです。

1972年 イギリス映画 Frenzy ★★★
監督、製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:アーサー・ラバーン
脚本:アンソニー・シェイファー
撮影:ギル・テイラー
音楽:ロン・グッドウィン
出演:ジョン・フィンチ リチャード・ブレイニー、ディック
バリー・フォスター ロバート・ラスク、ボブ
バーバラ・リー=ハント ブレンダ・ブレイニー、ディックの前妻、結婚紹介所を経営。
アンナ・マッセイ バブス・ミリガン、バーバラ
バーナード・クリビンス フェリックス・フォーサイス、バーの経営者の義理の弟
アレック・マッコーエン ティム・オックスフォード、ロンドン警視庁警部
ヴィヴィエン・マーチャント オックスフォード夫人
ジーン・マーシュ モニカ・バーリング