截拳道ジークンドーの使い手ビリー・ローは、武道仲間のチン・クーを訪ねて日本にやってきた。ビリーとチンは、多くの者から狙われる程の大物で、使い手としてはナンバーワンの座にいたが、ふたりとも武芸は殺人のものではなく自己を防衛するためのものだという信念をもっていた。帰国したビリーは、武道の修練に励んでいる弟のボビーを訪れるが、もうエキスパート気取りになっているボビーの思い上った態度に不安を抱いた。ある日突然チン・クーが死に、その葬儀に出席するためビリーは日本に渡る。まず、ビリーは銀座のナイトクラブで歌うクーの娘メイを訪ねる。すると、死ぬ前日に彼女にある箱を託していたことがわかる。その箱を娘から見せてもらう瞬間、何者かが現われ箱を奪われてしまうビリー。やがて、チン・クーの葬式の日がやってきた。そして葬式が終わり、埋葬直前に突然ヘリコプターが襲来し棺をつりあげて飛び去ろうとする。とっさに飛びのるビリーだったが、次の瞬間吹き矢で振り落とされ、彼は絶命してしまう。


一方、無頼な生活を送っていたボビーは兄の死を知り復讐心に燃えた。チン・クーが死の直前に訪れたという「死の宮殿」に行ったボビーは、その宮殿の主、武道のエキスパートでもあるルイスと会う。ルイスはボビーを歓待してくれたが、間もなく首を吊られ胸を刺されて殺された。ボビーは前日ルイスから近くの寺の地下にある弘光大師が作った「死亡の塔」のことを聞いており、その中に向かう。そこは実は秘密の麻薬製造所だった。襲いかかる数十名の悪漢を相手に、彼は全力を注いで戦った。そして、なんとその場に死んだ筈のチン・クーが現われた。彼は実はこの工場の黒幕で、警察の目をごまかすために死を装っていたのだ。それを知ったボビーは怒り、死にものぐるいの激闘の末やっとの思いでチン・クーを倒し兄の復讐をとげるのだった。

死亡遊戯に続きブルース・リーのフィルムの使いまわしで3匹目のどじょうを狙った作品です。リーの出番は30分ほどで、リーの映画というよりタン・ロンの映画と言った方が良いです。タン・ロンのカンフーはスピードも迫力もあり、かっこいいです。ラストのウォン・チェン・リーとのバトルも見ごたえ十分でした。

1980年 香港映画 死亡之塔、Tower Of Death、Game Of DeathⅡ ★★★
監督 ウー・シーユェン(呉思遠)
製作 レイモンド・チョウ
武術指導:ユエン・ウーピン
出演:タン・ロン ボビー・ロー
ブルース・リー ビリー・ロー
ウォン・チェン・リー チン・クー
ロイ・ホラン ルイス
ロイ・チャオ 高僧
ユン・ピョウ 高僧の弟子
ト・ワイ・ウォ 片腕の男