ソウル郊外の街・盆唐(ブンダン)地区に密入国者たちを運んだ男が、謎のウイルスに感染して死亡。それから24時間も経過しないうちに市内の病院で似た症状の患者が続出し、次々と命を落としていく。爆発的な勢いで拡散するウイルスは鳥インフルH5N1の変異型と判明。感染を止めるすべのない韓国政府は、国家災難事態を発令して盆唐の完全封鎖を敢行する。救急隊員ジグは女医イネと出会い、医療活動に当たる彼女に代わって娘ミルを守ることに。だが、世界的感染を恐れたアメリカ軍が盆唐を丸ごと消滅させる攻撃計画を進めていた。・・・



韓国のパンデミック・パニック映画。キム・イネを好きになったレスキューのジグが、活躍してキム親子(イネと娘ミル)を必死に自己犠牲の精神バリバリで守ります。ジグの相手は、彼から見えない所にいる韓国の政治家たち。感染当初、状況が分からない時は盆唐の国会議員チェ・ドンチ氏が医師の盆唐隔離案に猛反対。でも、どんどん感染が広がっちゃって、次は総理が軍隊を送り込み隔離を強化。一方、大統領は熱血・モロ人道主義者として描かれ、彼に意見するのはアメリカの大使かな?「大統領は甘すぎる、韓国や世界の脅威を感じていない」として、総理とアメリカが結託して大統領の統括権を勝手に剥奪。そして抗体を持ったイネの娘ミルがいても、盆唐(ブンダン)をミサイル爆撃浄化しようとするアメリカ。大統領は韓国軍が地対空ミサイルで撃墜すると脅して、何とか収まりました。個人の努力で頑張る冒頭から、あれよあれよと話が凄くなる所は韓国映画らしいですね。オイラが一番強烈だと思ったのは、感染者をビニル詰めして死んだように見せかけて、実は生きていても、グラウンドで焼いているシーン。これにはゾッとしましたね。

2013年 韓国 風邪FLU ★★★☆
監督:キム・ソンス
脚本:イ・ヨンジョン、キム・ソンス
撮影:イ・モゲ
美術:パク・イルヒョン
編集:ナム・ナヨン
音楽:キム・テソン
出演:チャン・ヒョク ジグ
スエ キム・イネ
パク・ミナ キム・ミル、イネの娘
ユ・ヘジン ギョンオプ
マ・ドンソク