ケイトとリサの姉妹は休暇でメキシコを訪れていた。リサは「君は退屈な人間だ」と彼氏ステュに言われて破局し傷心中。2人は飲んで踊って海辺で夜明かしした時、知り会った地元の青年からケージ・ダイビングについての話を聞く。ケイトはリサをケージ・ダイビングに誘う。リサは気乗りしなかったが、ケイトから「サメの写真を撮って彼氏に送ろう。退屈な女じゃないよと言おう。」と諭され渋々ダイビングに挑むことにした。翌日2人は地元の青年たちとテイラー船長の船に乗った。ケイトはテイラーに「2人ともダイビングをしたことがある」と言ったが、これは嘘であった。リサにはダイビング経験がなかったのである。ダイビングスポットに到着したとき、テイラーはサメをおびき寄せるための餌を撒き始めた。最初に潜ったのは地元の青年2人。青年たちが無事に帰還したのを見たテイラーは、リサとケイトを海底に送る準備を始めた。2人が檻の中に入り、水深5mの所から見た海の世界は素晴らしかった。ケイトに至っては、巨大ザメを見ても恐がるどころかはしゃいでいる。しかし船に戻ろうとした時、備え付けられていたケーブルの巻上機が壊れ水中に落下してしまい、2人はそのまま海底47メートルへと沈んでいった。しかも深過ぎて、船との交信ができない状態におかれてしまった。海面下40メートルまで泳いでいったケイトは、必死の思いで船との交信を試みた。テイラーは「ハビエルがスペアの巻上機をもってくるまで耐えてくれ。あと、サメがウヨウヨしているから、檻の外には出るな」とケイトに言った。極度の緊張下におかれた2人は、予想以上の量の酸素を消費してしまった。やがて、2人をハビエルのサーチライトが照らした。ハビエルは自分たちを視認できないのではないかと考えたケイトは、檻の外に出ようとしたが、彼女の酸素タンクは空に近い状態にあった。そこで、リサがケイトの代わりに檻の外に出ることとなった。サメが下から襲撃してくることを防ぐために、リサは海底に沿って光源へと向かった。


途中にあった崖を乗り越えて光源にたどり着いたリサだったが、そこにハビエルの姿はなかった。しかも、光源にたどり着くのに必死になる余り、檻と自分がどれくらい離れているのか分からなくなってしまった。そこへハビエルが姿を現わしたが、彼はサメに襲撃され命を落としてしまった。ハビエルの持ってきたワイヤーと水中銃を装備したリサは檻へと泳いで戻る。そしてテイラーは2人の入った檻を引き上げようとしたが、その途中でケーブルが切れてしまった。2人の入った檻はさらに深い場所まで沈んでしまった。生還の見込みを失った2人はパニックに陥り、しかも檻はリサの足を下敷きにしていた。テイラーはケイトと交信して、沿岸警備隊に救助依頼を出した事、そしてボンベ2本を落とすと伝える。すぐにボンベは落とされ、ケイトが拾いに行くが、檻まであと1mという時にサメに襲われてしまった。・・・

海底からの生還を目指す姉妹を描くパニック・スリラー。海底の中で次から次へと難題が襲います。テンションは結構高くワクワクして見れました。海底で酸素が減ってきて、どこにいるかも分からない恐怖は、宇宙で取り残されるのと同じですね。そんな状況を想像するだけで、オイラはゾッとします。
さて、上の続き、肝心なオチを書きます。リサは目の前の新品のボンベに銛を引っ掛けて、手繰り寄せてボンベを交換する。そして、リサはケイトを探す為、緊急浮上装置を使い檻を少し浮かして何とか足を抜いた。ケイトを見つけて浮上するリサ。サメは発煙筒を焚いて追い払っていたが、最後の発煙筒を使い果たして海面へ出る。テイラーから浮き輪を貰い、負傷しているケイトを先に船に乗せるリサ。その時、リサの脚にサメが食いつき、海に引きずり込まれてしまった。リサは脚をえぐられたが、サメに目つぶしを食らわせて脱出。船の上では船長が話しかけてくるが声が変だ、、、、そう、ケイトが襲われた後の話は、リサの幻覚だったのです。リサはまだ脚を挟まれたまま檻にいました。窒素を吸い過ぎて幻覚を見ていたのでした。その後、沿岸警備隊が3人来て、リサは救い出されました。ケイトの行方は分からないですが、多分もうサメに食われたでしょうね。

2017年 アメリカ映画 47 METERS DOWN ★★★★
監督:ヨハネス・ロバーツ
脚本:ヨハネス・ロバーツ、アーネスト・リエラ
撮影:マーク・シルク
編集:マーティン・ブリンクラー
音楽:トムアンドアンディ
出演:マンディ・ムーア リサ
クレア・ホルト ケイト
クリス・ジョンソン ハビエル
サンティアゴ・セグーラ ベンジャミン
ヤニ・ゲルマン ルイス
マシュー・モディーン テイラー船長