大雨による洪水のため農作物に大被害を受けたチョウアンは、叔父さんの紹介で従弟のホイ一家を頼って都会で働く決心をかためた。旅立つとき、母は喧嘩早い彼の行末を安じて人との争いをかたく禁じ、チェン自身も母から贈られたヒスイのペンダントにかけて、絶対に喧嘩をしない誓いを立てた。その彼が身を寄せることになったホイの家は、妹のハオ・ムイを始めとする大家族で暮していたが、男たちは町の南にある製氷工場で働いていて、チョウアンもそこで働くことになった。町の有力者であるマイが経営するこの製氷工場は表向きで、ここで作る氷の塊の中に隠した麻薬の密売が彼の本業だった。そんなこととは知らないチョウアンは工場で働き始めた初日、ふとした手もとの狂いで氷を搬送路から落とした為、中に隠してあった麻薬が飛びだしてしまった。そして、それを目撃した工員のチンとギムの二人が行方不明になった。不信に思ったホイは工場長、社長のマイを訪ねるが、その彼も社長の息子に殺されてしまう。広大な屋敷に住んでいるマイは、自ら陣頭に立って親衛隊にカンフーを教える腕の持主だった。家に残された仲間たちは、ようやくマイ一味を疑い始め情報を要求してストライキに入る。その結果、無理矢理働かせようとするマイの部下たちとの間で乱闘が始まり、静観していたチョウアンも巻き添えをくい母が贈ってくれた大切なペンダントが真二つに割れた。さしものチョウアンもこれ以上我慢できなかった。チョウアンの強さに驚いた工場長は、この有様をボスに報告し彼を新しい主任に任命した。


その夜、工場長に接待されたチョウアンはヘネシーをがぶ飲み、酔いつぶれ、翌朝、眼を覚ましたのはウーという女のベッドの中だった。驚ろいて跳ね起き、表へ飛びだしたチェンは運悪くハオ・ムイと出くわしてしまった。かねてからチョウアンに思いを寄せていたハオ・ムイにはショックだった。ホイを探さず工場長の接待を受けて朝帰りしたチョウアンに対する仲間の態度が急変。チョウアンは彼らの誤解をとくために、マイに会ってホイたちの捜索を頼むと同時に、ウーからマイ一味が麻薬の密売をしている事実を聞かされ製氷工場へ駆けつけた。山と積まれた氷の柱。チェンはその中から、行方不明になっていたホイの頭、バラバラ死体を発見した。そこへマイの命令でチョウアンを尾行していた親衛隊が現われ大乱闘が始まる。だが、チョウアンの前には敵ではなかった。失意と疲労で家へ帰ったチョウアンが発見したのは小さな子供に至るまで、無残に刺し殺された仲間の姿であった。ハオ・ムイの姿も消えていた。全身怒りに震え、今や復讐の鬼と化したチョウアンはマイの屋敷に急いだ。帰らぬ息子の捜索を命じられた親衛隊が屋敷から飛びだした眼の前に、不敵な笑いを浮かべたチョウアンが立っていた。怒り狂うチョウアンの鉄拳が、次々に敵を倒していく。ついにマイとチョウアンの一騎打ちが始まる。互いに秘術をつくしての凄まじい死闘だ。その時かねてからマイに虐待されていた女中の一人が、屋敷牢に監禁されていたハオ・ムイを逃がしてくれた。広い庭園での死闘はなおも続いていたが、ついに凱歌はチョウアンの上に上がった。力つきたマイの死体の上に、折り重なって倒れたチェンは全身血だらけだった。ハオ・ムイの知らせで警官隊がかけつけた。なおも抵抗しようとするチェンに、ハオ・ムイは自首をすすめるのだった。・・・幕

ブルース・リーが香港に帰って撮った『ドラゴン』シリーズ1作め。これを起点に、燃えよドラゴンまでカンフー4作で世界制覇します。ストーリーは、タイに来たチョウアン(リー)がおじさんの紹介で友達ができて仕事をし始めるまでの序盤、仲間が次々に失踪する中盤、好きなハウムイは拉致されるは、仲間は子供含めて全員惨殺されてチョウアンの怒りは頂点に、製氷会社の仕業と分かり正義の鉄拳を振りかざす終盤です。中盤の展開は失踪してみんなであれこれ探すのですが、ちょっと間延び気味かな。わざとテンション下げて、ラストのカンフー爆発って感じにしたのかもね。あと、ホイが社長宅を訪れる時のBGMは、ピンクフロイドのタイムのイントロだし、チョウアンが将棋の店にホイを探しに行く時のBGMは、キングクリムゾンのラークスだし。これは大抵、時代的に無許可で使ったんでは?と思いました。

以下、ウィキより引用です。
概要
アメリカから香港に凱旋したブルース・リーがゴールデン・ハーベスト社と契約して主演した一連のカンフー映画の第1作目にあたる。香港では、当時の映画興行記録を更新する大ヒットとなり、続く『ドラゴン怒りの鉄拳』で、リーの人気を不動のものにした。本作品は当初ジェームス・ティエンを主役に据えた作品で、リーは準主役という位置づけであったが、リーの凄まじいインパクトに彼を主役に据える方向でシナリオが書きかえられた。そのため、ティエン演じる役柄は途中で殺されてしまうことになった。監督は当初からロー・ウェイが担当することになっていたが、直前の作品の完成が遅れたため、クランクイン直後は、GHの創業者の一人、レナード・ホーが代わりに演出していた。しかし、そのホーも別の仕事が入り、ローにバトンを渡すことなく現場を去った。その後、ローが到着するまで、助監督で工場長役のチェン・チャオと、同じく助監督であり映画の中で最初に麻薬を発見し殺されるシュウの弟・チャンを演じたチー・ヤオチャンが現場を切り盛りした。タイ在住の華僑チェン・チャオは現地のスタッフとキャストを取り纏めるなど、本作では八面六臂の活躍をしており、ホー・チョンドー主演の『カンフーに生きる!ブルース・リー物語』でも本人役で出演している。また、チー・ヤオチャンは本作での仕事ぶりをリーに認められ、以降、『死亡遊戯』も含め、『燃えよドラゴン』に至るまで生前の全てのリーの作品で助監督を担当している。ストーリー設定は20世紀初頭をイメージしていたが、タイ側のスタッフの意思統一が図られなかったため、主人公たちは前時代的な衣装を着て、常に徒歩移動するものの、劇中に現代風の大型バスやパトカー等が登場するなど、奇妙な世界観が展開されている。本作をはじめ、多くのカンフー映画が20世紀初頭、或いは、それ以前を舞台設定にする理由はストーリー上、正邪の別なく拳銃を使えなくするためである。
ロケ地
ほとんどのシーンがタイでのロケによるもので、主要キャストを除いてエキストラもほとんどがタイ人だった。
事故
タイの過酷な気候の中で続いた撮影で、主役を演じたブルース・リーの体重は激減したという。また、リーがコップを洗っていた際、右手人差し指を十針縫う大ケガを負ってしまう[3]。後に握力が強すぎて握りつぶしてしまったと関係者から語られている。
怪鳥音
他の作品で有名になったリーの怪鳥音・ヌンチャクが登場しない作品。ただし、1982年に香港でのリバイバル公開時に新たに製作された広東語音源[4]では、怪鳥音のないアクション・シーンに、他のリー作品(主に『燃えよドラゴン』)からサンプリングした怪鳥音を被されており、以後のビデオグラムはほぼ全てがこの音声をメイントラックに扱っている。このため、新しいファンにとってはこの広東語版が最も馴染みのある音声という人も多く、地元香港で度々行われるモノマネ大会でも本人の肉声ではない広東語吹替のセリフ回しがしばしば採用される。その一方、日本公開時の独自音声を支持する層からはすこぶる評判が悪い。日本における最初のビデオソフトはポニーから発売されたが、既にこの音源が使用されていた。正確にはこれより以前、まだビデオデッキが一般に普及する前の1970年代に、日本国内でも8ミリフィルムで本作のダイジェストフィルムが発売されていた。
タイトル
日本題名『ドラゴン危機一発』は、同じく第2弾である『007 危機一発』(後に『007 ロシアより愛をこめて』に改題)をもじったもので、ストーリーとは全く関係ない。『ドラゴン危機一髪』と表記するのは誤りである。イギリス統治時代の香港映画には、第一公用語である英語の原題が必ずあったが、なぜかアメリカの劇場公開版では本作(The Big Boss)が『Fists of Fury』に、『ドラゴン怒りの鉄拳』(Fist of Fury)が『The Chinese Connection』となった。「The Big Boss(大親分)」を「The Chinese Connection(中国麻薬密売組織)」に改題して配給しようとして2作品を取り違えたと考えられるが、「Fist」が複数形の「Fists」になっていることと加え、このような間違いが起きた原因は不明である。現在では、オフィシャルのものでも勘違いされることがあるが、「The Big Boss」とはハン・インチェ演じる(ビッグと呼ぶにはいささか違和感がある)社長を指すものではなく、原題「唐山大兄」の意訳(直訳は「Chinese Big Brother」)であり、すなわち、ブルース・リーの事を意味したものである。
公開
日本では『燃えよドラゴン』に続いて1974年に劇場公開されている。日本で公開されたゴールデン・ハーベスト社単独製作のカンフー映画は本作が2本目となる。また、日本公開時は配給元の東和が製作したオリジナル主題歌マイク・レメディオスの「鋼鉄の男」を編入したオリジナルのバージョンで公開された。2012年現在このバージョンは、東和の権利切れにともない再公開・放送・ソフト発売はされていない。また東和は「洋画は英語」という理由で英語音源で公開している。


1971年 香港映画 唐山大兄、The Big Boss ★★★★
監督・脚本:ロー・ウェイ
製作:レイモンド・チョウ
撮影:チェン・チンチュー
音楽:ワン・フー・リン、ピーター・トーマス、ジョセフ・クー(日本公開バージョン)
武術指導:ハン・インチェ
出演:ブルース・リー チョウアン
マリア・イー ハオ・ムイ、ホイの妹、一家の炊事洗濯等、家事をしきる。
ジェームズ・ティエン ホイ・キン
リー・クン コン
ラム・チェンイン チェンの従兄弟の一人
ハン・インチェ マイ、製氷会社社長、麻薬販売の悪党だが、カンフーは強かった。
トニー・リュウ マイの息子・チュン
チェン・チャオ 製氷会社工場長、愛想は良いが完璧二枚舌男。
マラリン ウー・マン、売春婦
ノラ・ミャオ(特別出演) 町の氷菓子屋の娘、彼女は綺麗だな、好み!