1508年。教皇はローマに住むミケランジェロを自分が建てたシスチネ礼拝堂へ案内し、その天井に12使徒のフレスコ画を描けと命じた。ミケランジェロはどうしても気が進まず、ジョバンニ枢機卿とその妹コンテッシーナにも苦しみをうちあけた。そして彼は描きかけのまま、ローマから姿を消した。教皇お気に入りの建築家ブラマンテが、若い画家ラファエルを紹介したが教皇の気に入らず、直ちにミケランジェロの行方を探せと布告を出した。彼はカララの石切場に隠れ大理石を切り出していたが軍が探しに来て山に逃れたある夜、突如構想がひらめく。旧約創生記を描くことである。やがて自ら出ていき教皇に許しを請い天井画制作に心魂を傾けはじめた。


しかしある日、彼の視力が急に衰え足場から落ちてしまった。コンテッシーナのお陰で徐々に恢復したが、教皇自ら彼を見舞いに来て、仕事を他の画家にやらせようという。嫌がらせで気力をよみがえらせようという配慮だった。この頃、法皇庁に外患が頻発する。フランス軍が侵入し、ドイツ軍が迫り、さらにフェララとボローニャが同盟して反旗を翻す。ある日、ミケランジェロが仕事にかかろうとすると足場のとり払いが行なわれている。早速法皇に抗議を申し込むと途中でも良いから、みんなに公開したいからだと言う。その権利は画家にあると口答えして法皇の象牙のムチをうけた。彼はローマを去ろうとするが、コンテッシーナの励ましで教皇に完成まで描かせてほしいと申し出、その承認を得た。やがて教皇は戦争に負けて負傷して帰ってくる。病床につき生死も危ぶまれたが持ち直した。戦争もスイスとイギリスの救援を得て外敵は制圧した。彼の仕事も着々と進み、天井画は完成。これはミケランジェロ37歳の時の仕事で、ミケランジェロは教皇の霊廟に飾るモーゼの巨大な彫像に取り掛かった。・・・幕

今回も主演はヘストンですか、60年代の歴史ものはヘストン多いですね。ミケランジェロの肖像画を見ると眼は実物のが優しそうですが、髭を生やせばヘストンと似てるかも。体はもっとヤサ男と思いますけど。物語は自分の言う事を聞けというスポンサーの教皇と、立場知らずの我儘芸術家ミケランジェロとの掛け合いが延々と続きます。所々、ローマに進行するドイツ軍、フランス軍との戦闘シーンが有りますが、これはちゃちな物でした。メインは、システィーナ礼拝堂の天井画(フレスコ画)の制作をめぐるミケランジェロの苦悩であり、芸術家の生みの苦しみを体現してました。

1964年 アメリカ・イタリア映画 THE AGONY AND THE ECSTASY ★★☆
監督、製作:キャロル・リード
原作:アーヴィング・ストーン
脚本:フィリップ・ダン
撮影:レオン・シャムロイ
音楽:アレックス・ノース
出演:チャールトン・ヘストン ミケランジェロ
レックス・ハリソン ローマ教皇ユリウス2世
ダイアン・シレント コンテッシーナ
ハリー・アンドリュース 建築家ブラマンテ