1945年。人形職人のサミュエルとその妻エスターは交通事故で娘のビーを亡くしてしまう。その12年後の1957年。夫妻は自宅にシスターのシャーロットと孤児の少女たち6人を受け入れる。新しい暮らしに喜ぶ少女たちだが、そのうちの一人、ポリオで左足が不自由なジャニスは、かつてビーのものだった部屋から何かの気配を感じ取る。ある夜、「私を見つけて」と書かれたメモを見つけたジャニスは、サミュエルから入ってはいけないと言われていたビーの部屋に立ち入ってしまう。メモに示されるままクローゼットの鍵を開けると、そこには白いドレスを着た少女の人形があった。・・・



『死霊館』に登場した実在する呪われた人形アナベルをフィーチャーしたスピンオフ・シリーズの第2弾。『アナベル 死霊館の人形』の前日譚で人形の誕生秘話を描き出してます。娘が事故死して会いたい一心で邪教にハマる夫婦。そして娘と間違えて、人間の魂を食う悪魔を人形に憑依させちまうって話。この辺は、ペットセメタリーっぽいですね。いくら愛してても冥界と現世を、ごちゃまぜにする事は神への冒涜ですよね。ラストは『アナベル 死霊館の人形』に連結。ジャニスはシスター・シャーロットに聖書が貼られた部屋に閉じ込められ人形を残して消えます。その後、ジャニスは自らをアナベルと名乗りヒギンズ夫妻に貰われ、12年後カルトに染まってヒギンズ夫妻を惨殺。その隣に『アナベル 死霊館の人形』のジョンが住んでて、悲鳴を聴いて見に来ると、続いていました。
Anabellecreation
anabellecreation2
annabellecreation3
2017年 アメリカ映画 ANNABELLE: CREATION ★★★
監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
撮影:マキシム・アレクサンドル
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ
出演:ステファニー・シグマン シスター・シャーロット、ジャニスに空中に浮かされて鏡に激突。
タリタ・ベイトマン ジャニス、孤児。ポリオで左足が不自由。アナベル人形を目覚めさせて付きまとわれる。最後は悪魔に憑依され殺戮開始。
ルールー・ウィルソン リンダ、ジャニスの親友。
フィリッパ・クルサード ナンシー、高校生かな?一番上で姉貴分。
グレイス・フルトン キャロル、ナンシーと仲がいい。
ルールー・サフラン ティアニー
テイラー・バック ケイト、黒人の女の子。
サマラ・リー ビー(アナベル)・マリンズ、サムがタイヤ交換中ナットを飛ばして、拾いに前に出たらトラックに轢かれて7歳で死亡。
アンソニー・ラパリア サミュエル・マリンズ、手作りアナベル人形の製作者。指を折られ目つぶしされて殺された。
ミランダ・オットー エスター・マリンズ、サミュエルの妻。悪魔に顔半分やられ人形を封印した。でも戻った悪魔に胴体チョンパされて、壁にキリストのように飾られ死亡。