西暦20XX年、地球は謎の侵略者に支配された。廃墟と化したロサンゼルス。上空に巨大UFOが浮かび哨戒するドローン《無人機》が人間を片端から殺してゆく。難民と化した人々は、全滅を待つだけの絶望の日々を送っていた。ある日、レジスタンス兵士のイライアスは、軍事組織“ホーネット”にリクルートされる。彼らの目的は、人類の“独立”を勝ち取ること。その第一歩として、ドローン母艦爆破作戦が開始された。圧倒的な科学力を持つ姿なき敵に、人類は勝てるのか?



LAを舞台にして、エイリアンのドローンが街を襲う映画。うーん、始まりからいきなり荒廃したLAの映像でドローンが攻撃してきます。エイリアンがどっから来たとか?どういう奴らとか?説明は全くなく戦闘シーンからでした。そして外観はID4似の巨大マザーシップが街に飛来し主砲で都市を破壊、、ああっ全くID4と同じなんですが、笑。そして中盤はエイリアンVS人間じゃなくて、(エイリアンの攻撃は続いているのに)元軍人リースが、イライアスが貰った軍のプロジェクト・ホーネットの最新兵器を欲しいがために、ごちゃごちゃ襲ってきます。エイリアン君の存在感はリースの頭の中には無いのか?いやあるから欲しいんだろうが、貰っても武器を試験改良できなければ意味無いのでは?こいつ、アホ丸出しですわ。そしてリースの最後は突然現れた蛇型ドローンにやられました。当たり前でしょ、誰が敵なのか?本末転倒です。

2016年 アメリカ映画 Drone Wars ★☆
監督:ジャック・ペレス
撮影:ラファエル・レイヴァ
音楽:クリス・ライデンハウア
出演:コリン・ネメック イライアス
ホイットニー・ムーア ケイト、イライアスが助けた救急救命士。司令部の医師を助ける。
ネイシン・バトラー リース、元軍人だったが合わず除隊、自分の軍を作る。
ヴェローナ・ブルー リースの腹心の女、モヒカンが強烈で忠誠心は人一倍強い。