主人公のサムたちは会社の研修旅行の中、工事が続いている巨大な吊り橋をバスで渡ろうとしていた。 その瞬間、サムは強風と手抜き工事により突如として橋が崩れ落ち、同僚や上司が次々と死んでいく凄惨な予知夢を見る。 パニックに陥ったサムは周りに危険を知らせると、恋人モリーを連れ、橋から避難。彼らを含め8人の社員が奇跡的に事故から生き延びる。 ところが、それは新たな惨劇の始まりであった。・・・

ファイナル・デッドブリッジ amazon
Final Destination 5 trailer

finaldestination501.jpg
 
finaldestination502.jpg

『ファイナル・デスティネーション』シリーズの5作目。前作に続いて3Dで撮影・公開されました。この作品の時系列は、ファイナル・デスティネーションの前です。生き残った主人公のサムとモリ―は1の飛行機、2000年5月13日パリ行きの180便に乗るのですから。アレックスがビビって飛行機を降りるシーンがあります。そしてエンジンが爆発炎上して、2人ともおだ佛でした。死ぬシーンはほとんどがCGで瞬間的ですので、じっくり、キモイ、グロさはありません。あっという間にシーンが変わりますから。(写真で見るとグロですけど。汗。)見所は橋が崩れ落ちる場面。特に冒頭のサムの予知夢が凄まじかったですね。まるでハリウッドのパニック映画さながらでした。

finaldestination503.jpg

2011年 アメリカ FINAL DESTINATION 5 ★★★☆
監督:スティーヴン・クエイル
製作:クレイグ・ペリー、ウォーレン・ザイド
製作総指揮:リチャード・ブレナー、ウォルター・ハマダ、デイヴ・ノイスタッター、エリック・ホルンバーグ、シーラ・ハナハン・テイラー
脚本:エリック・ハイセラー
撮影:ブライアン・ピアソン
プロダクションデザイン:デヴィッド・R・サンドファー
編集:エリック・シアーズ
音楽:ブライアン・タイラー
出演:ニコラス・ダゴスト サム、会社に入りながらレストランでコックのアルバイト。パリでの修業を夢見てる。飛行機では火に焼かれる。
エマ・ベル モリー、サムの元カノ。サムの予知夢では助かったのだが、、、飛行機が炎上して外に投げ出され主翼に激突して死亡。
マイルズ・フィッシャー ピーター、サムの同僚。錯乱してモリ―をレストランで襲う、サムが串刺しにして殺す。
アーレン・エスカーペタ ネイサン工場長、一番最後に死ぬ。ロイを殺して助かったかに見えたがロイから貰った寿命は無かった。バーの屋根を突き破って落下してきた飛行機のタイヤ(180便)の下敷きになって死亡した。
デヴィッド・ケックナー デニス営業部長、機械の回転に巻き込まれたスパナが飛んできて死亡。
エレン・ロー キャンディス、ピーターの恋人、平行棒で落下して体が捻じれて即死。
ジャクリーン・マッキネス・ウッド オリヴィア、視力回復手術中、眼を焼かれ足を滑らし窓から転落死。
P・J・バーン アイザック、中国マッサージ中、出火、逃げるも仏像が顔面に落ちてOUT。
コートニー・B・ヴァンス FBIのブロック捜査官、錯乱したピーターに射殺される。
ブレント・ステイト ロイ、工場のリーダーで組合長、ネイサン工場長と言い合いになり、足場が崩落した際に一緒に落ちたクレーンのフックに顔面をつらぬかれ死亡。実は脳に動脈瘤があり余命いくばくも無かった。
トニー・トッド ウィリアム検死官。前作に引き続き検死官として登場。主人公たちに「死の運命のルール」について教え「生死の席数は決められている」とアドバイスする。