murder_on_d_street001.jpg

昭和2年、東京市本郷区団子坂(D坂)にある古本屋・粋古洞(すいこどう)の女将・須永時子は、伝説の責め絵師・大江春泥の「不知火(しらぬい)」の贋作(がんさく)作りを蕗屋(ふきや)清一郎という画家に依頼した。蕗屋は見事に「不知火」の贋作を二つ作り本物の「不知火」は燃やしてしまい、二つの贋作を時子に渡し一つは本物と嘘を言う。そうとは知らず、絵の出来映えに満足した時子は、続けて吉原の遊女を折檻する場を描いた春泥の「明烏(あけがらす)」を作るよう蕗屋に依頼。しかし「明烏」は本物が無い為、春泥のタッチを習得した蕗屋が春泥に成りきり独自で書かなければならない。その後「明烏」作りに時子から送られたマユミをモデルに使うも、どうしてもうまく描けない。そんなある日、彼はマユミの衣裳を着た自分の鏡に映る姿をモデルにすることで、「明烏」を完成させるのであった。蕗屋の描いた「明烏」の出来映えに、時子は再び満足した。だが、蕗屋は粋古洞で、「明烏」のモデルお蝶さんが実は時子だったことを聞かされ愕然となる。彼は、贋作を作った後に本物をこの世から消し去ってしまうことを慣わしとしていたからだ。自分をモデルにして描いた「明烏」のオリジナル・モデルが、この世に存在してはならないのだ。そこで彼は二日後粋古洞を訪れ時子を絞殺するのであった。

D坂の殺人事件 amazon
 


さて、時子を殺害した蕗屋が去った後、店に戻ってきた従業員・斎藤が時子の死体を発見するも、その際、彼は時子が盆栽に隠しておいた札束を盗んでしまう。そのことが警察にバレて、彼は殺人の容疑者として警察に逮捕されるのだが、予審判事の笠森は斎藤が時子殺害の犯人だとはどうしても思えなかった。彼は、蕗屋のことを疑っていたのだ。そこで、斎藤と蕗屋を最新鋭の機械を使った心理試験にかけることにするが、結果は斎藤が犯人であることを明白にするばかり。それでもまだ確信が持てない笠森は、遂に友人の明智小五郎に試験結果を見せることにする。その結果を見た明智は、蕗屋が犯人であると断言した。彼が心理試験の内容を、予め把握していたような答え方をしているのが見て取れたからだ。更に、明智は時子殺害現場にあった屏風を使って蕗屋が真犯人であることを証明。見事、事件を解決してみせるのであった。・・・幕

江戸川乱歩の2つの短編「D坂の殺人事件」と「心理試験」をミックスした倒錯趣味の映画。お馴染みの緊縛プレイ、真田広之の女装姿が登場。蕗屋は同じ贋作を2つ作り、片方を本物、もう片方を贋作とし、見本とした本物は消去するという考え方、それ故、時子を殺すという思想は面白い設定でした。ただ明智の推理のシーンが少ないのは残念だったね。謎解きの楽しさは無視してエロで飛ばした映画って感じでしたので、カテゴリーはサスペンスにしませんでした。

murder_on_d_street002.jpg

murder_on_d_street003.jpg

1997年 日本 MURDER ON D. STREET ★★
監督: 実相寺昭雄
製作: 黒澤満、植村徹
プロデューサー:一瀬隆重、石原真、宍倉徳子
企画: 大木淳吉、小坂恵一
原作: 江戸川乱歩 「D坂の殺人事件」、「心理試験」
脚本: 薩川昭夫
撮影: 中堀正夫
音楽: 池辺晋一郎
特殊美術:保倉一郎
助監督:高橋巌
出演: 真田広之 蕗屋(ふきや)清一郎、絵画の修復屋だが、雁作作りもする。オカマであり女に興味無し。
嶋田久作 明智小五郎、警察に協力して探偵で名を馳せたが、それで食うか悩んでいた、しかし金が底をつき思い切って探偵事務所を開設したばかり。
三輪ひとみ 小林芳雄、明智が面倒みてる少年で助手。ラストで彼も女装趣味が発覚、蕗屋(ふきや)清一郎の気持ちが分かると発言。ひとみ嬢、男役でもメチャ綺麗でした。
吉行由実 須永時子、粋古洞の女将。実は責め絵師・大江春泥(おおえしゅんでい)のモデル・お蝶だった。
岸部一徳 笠森糺、予審判事
大家由祐子 花崎マユミ、カフェのウェイトレスでSMモデル。
齋藤聡介 斎藤勇、粋古洞の従業員で食堂きくやの女将キセ子と不倫している。
小川はるみ 秋村キセ子、緊縛プレイ大好きの食堂きくやの女将。