dr_phibes_rises_again.jpg

3年間の眠りから覚めたファイブス博士は亡き妻を蘇らせるためエジプトへ向かう。2000年に一度、砂漠に眠る寺院を流れる生命復活の河の出現が目前に迫っているためだ。不老不死の体を求める学者バイダベック、ファイブス博士を追うトラウト警部も砂漠へ向かい、かくして生命復活の河をめぐる戦いが展開される。・・・
dr_phibes_rises_again001.jpg

今回の舞台はエジプト。復活したファイブスは、妻に永遠の命を与える為、エジプトのファラオの墓に入口がある生命の河を目指します。一応、蛇、蠍、鷲を使って邪魔者は消していますが、妻への愛情表現のシーンが多く、ファンタジー調で少し眠気を誘われました。妻役マンローはまた、写真と寝てるだけ。彼女、こんなんでギャラ貰えたんでしょうか?せっかくクレジットされているんだから演技しないとねぇ。

dr_phibes_rises_again002.jpg
マンローが寝ているだけなんで、女優で光るのは、ヴァリ・ケンプ

1972年 アメリカ・イギリス Dr. Phibes Rises Again ★☆
監督:ロバート・フュースト
製作:ルイス・M・ヘイワード
脚本:ロバート・ブリーズ、ロバート・フュースト
撮影:アレックス・トムソン
音楽:ジョン・ゲイル
出演:ヴィンセント・プライス アントン・ファイブス博士
ロバート・クォーリー バイダベック
フィオナ・ルイス ダイアナ、バイダベックの恋人
ピーター・ジェフリー トラウト警部、1作目と違い完全に脇役。警察はいても、いなくても一緒でした。
ヴァリ・ケンプ バルナビア、ファイブスの助手も復活、この女、ファイブス共々人間じゃないし。前作のヴァージニア・ノースからチェンジ。綺麗になった。
キャロライン・マンロー ファイブスの妻、ヴィクトリア。
ピーター・カッシング 船長、カッシングの出番は1シーンだけ、本筋に絡まず。マンローといい贅沢な、ある意味無駄なキャスティング。