西暦2201年、ガミラス帝国による人類滅亡の危機から逃れた地球は、その勢力圏を太陽系全体にまで広げるほど復興・発展していた。地球防衛軍も新型艦が次々配備される中、人類を救う大役を終えたヤマトは、艦長代理である古代進の下、太陽系外周艦隊旗艦として辺境警備の任に就いていた。その任務を終え、地球へ帰還しようとしていたヤマトは、正体不明の航空部隊の奇襲を受ける。さらに同時に、謎の強力なエネルギーが流れ込んでくる。地球に帰還した古代が真田志郎とともに記録したエネルギーを解析すると、それは宇宙からの救援メッセージだった。さらに同時期、地球へ向かう巨大な白色彗星の存在が確認される。謎の奇襲・謎のメッセージ・巨大彗星と、同時期に起こった3つの現象に関係性を感じた古代たちは、新たな危機として防衛軍上層部へ進言するが、平和に慣れきった高官たちは耳を貸さなかった。堕落した上層部に見切りをつけた古代は、旧ヤマト乗組員を招集し、ヤマトを無断で発進させる。発進したヤマトは、古代の恩師である土方竜が駆る最新鋭艦アンドロメダの追撃を受けるが、古代たちの決意を汲んだ土方に見逃される。その後、太陽系辺境の第11番惑星において以前ヤマトを襲撃した敵部隊と遭遇・交戦し、第11番惑星基地から斉藤始率いる空間騎兵隊を収容し、太陽系を離脱する。

宇宙戦艦ヤマト2 登場人物一覧
宇宙戦艦ヤマト2 amazon
再び宇宙からのメッセージを受信すると、航海班長の島大介は、より詳細な情報を得るため自らその通信を担当する。通信の結果、発信源の星テレザートと発信者テレサの名が判明。何度も通信を重ねた島とテレサは、やがて互いを慕うようになる。そして、ヤマトがテレザートへ辿り着くと、古代たちはテレサと邂逅し、大帝ズォーダー率いる白色彗星帝国の存在を教えられる。しかし、テレサはそれ以上の協力はしてくれなかった。テレサは、かつてテレザートで起こった戦争の終結を祈った結果、無自覚だった自身の不思議な力で、テレザートを滅ぼしてしまったことを島に打ち明ける。島に別れを告げ、テレザートへと残ったテレサは、島のためにテレザートを爆発させ、接近する白色彗星を道連れにしようとする。彗星の破壊には失敗したが、時間稼ぎには成功し、ヤマトは太陽系へと帰還する。太陽系へ帰還したヤマトは、アンドロメダ率いる地球艦隊とともに彗星帝国艦隊と交戦し、苦戦しながらも勝利する。しかしその直後、白色彗星がワープで出現し、損傷したヤマトは戦線を離脱。地球艦隊は拡散波動砲一斉射で彗星を破壊するが、その中から巨大な都市帝国が無傷で現れ、その攻撃で地球艦隊は壊滅し、土方もアンドロメダと運命を共にする。彗星帝国は地球への無条件降伏を勧告し、地球はこれを受諾するが、ヤマト乗組員は土方が残した言葉を胸に、降伏を拒否し、彗星帝国への徹底抗戦を決める。都市帝国との戦闘に臨んだヤマトは、都市帝国内部へと突入して動力炉を破壊し、都市帝国を撃破する。しかし、都市帝国の中からさらに超巨大戦艦が出現。もはや戦う力も残っていないヤマトはなすすべもなく、乗組員を退艦させ一人残った古代は、自らの無力に苦悩した末、ヤマトで超巨大戦艦へ特攻することを決意。古代と最期まで一緒にいようとする雪とともに超巨大戦艦へと向かうが、その目の前にテレサが現れる。ヤマトの戦う姿に動かされたテレサは、自らの全ての力を使って超巨大戦艦へと突撃し、ともに消滅する。テレサの最期を見届けた古代たちは、生きて美しい地球を作っていくことを誓い、地球へ帰還した。・・・幕

『宇宙戦艦ヤマト』シリーズのテレビアニメの第2作目。『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』のテレビ版にあたり、地球と白色彗星帝国との戦いを描いています。『さらば』では、主要キャストが、ほぼ全員死亡しますが、このTV版では死なず、パラレルストーリーとして、その後のシリーズに続いていきます。ちなみにレンタルDVDには、このヤマト2の総集編(第1~3話は完全にカットされて、ヤマトは定例の宇宙パトロールに出航した、と変更されている。)も入っていました。以下、オイラの気づいた点のみ書いていきます。

1 2201年ヤマト帰還せよ!
白色彗星帝国は宇宙の支配を企む・・・ガミラスよりたち悪し。デスラーは白色彗星帝国のズォーダー大帝に助けられ同盟関係を結んでいます。古代進はヤマトの艦長代理で、実質の艦長だが一応艦長は不在となっています。艦長は今でも亡き沖田艦長なのでしょう。2200年10月10日古代は1年間の辺境警備の任を終え、地球に帰還します。森雪は古代の恋人で地球で待っていました。テレザート星のテレサは超能力人間。
2 彗星出現・ヤマトを改造せよ!
新戦艦アンドロメダは全自動。真田は命令で作ったものの人間の血が通わない船は敵に勝てないと警鐘を鳴らします。真田の信念は不変ですな。ヤマトの波動砲オートメーション化に異議を唱える古代。
3 地球の危機に起てヤマト!
デスラーはガミラス残存艦隊を引き連れて、ヤマトへの復讐を果たすためにテレザート星に向かいます。古代はヤマトを司令部の許可なしに発進させることを決意します。元クルーの相原、南部、太田、徳川、真田が合流。
4 未知への発進!
2201年11月4日午前7時、司令部の戦闘衛星を破壊して未知の敵を探しに行くヤマト。最後に島、佐渡先生、猫、森雪搭乗します。
5 主砲全開!目標ヤマト!!
アンドロメダ艦長土方がヤマト阻止に迫るが、最後に見逃してくれた。地球人同士で戦うのか?緊迫した展開でした。
6 激戦!空間騎兵隊
太陽系第11番惑星でナスカ艦隊と戦闘、ナスカ本人は逃がしてしまうが空間騎兵隊の斎藤らを救助するヤマト。
7 逆襲!姿なき潜宙艦(スペース・サブ)
艦内で作戦の邪魔をした斎藤と喧嘩になる古代。
8 宇宙気流!脱出不可能
時間が早く過ぎ去る移動するブラックホール・サルガッソー。
9 突撃!ヤマトを爆沈せよ!
彗星帝国の捕虜を捕まえるが、情報は何も得られなかった。斎藤コスモゼロを操縦している。ヤマトはデスタールを打ち破る。
10 危機突破!吠えろ波動砲
意味無く恐竜を殺す彗星帝国。ヤマトはアステロイド・ベルトで防御して、ゴーランド艦隊を波動砲で駆逐する。
11 復讐の鬼・デスラー総統
デスラーは宇宙蛍をヤマト艦内に持ち込ませ、動力回路を食わせて、集中攻撃をかける。
12 ヤマト空洞惑星に死す!?
デスラーの空洞惑星に磁力線封鎖装置で捕らわれるヤマト。デスラー砲を浴びる瞬間、新米(真田の部下、ニュー・キャラ)の案で波動砲の反動で脱出に成功する。サーべラーはデスラーが大嫌い。
13 猛攻!テレザート上陸作戦
テレザード星の地底都市は廃墟状態。ザバイバル戦車軍団VS空間騎兵隊の地上戦が面白い。デスラーはサーべラーの陰謀にはまり、戦線離脱の臆病者のレッテルをはられてしまう。
14 反撃!テレサを発見せよ
ヤマト、ザバイバルに勝つ。テレサは宮殿テレザりアンに幽閉されていた。テレサは湖の水を割り古代、真田、斎藤、アナライザーを通す。 (これっ、モーゼかい。)デスラーは大帝に会えず逮捕されてしまう。
15 テレサ・愛のはじまり
テレサ、後から来た島に対して恋心を抱き、テレザート壊滅のいきさつを話す。彼女は戦争に明け暮れる人々に嫌気がさし廃墟にしたのだ。テレサはヤマトに力を貸さず、もう戦いはしないと言った。
16 テレサ・愛と別れ
ヤマトに帰還命令が出る。島はテレサと愛し合い、ヤマトに連れ帰るが、彼女は艦から飛び降りテレザードに残ってしまった。彼女は言います。「愛し合うというのは一緒にいることばかりでは、ないはず」と。
17 テレザート・宇宙に散る!
テレサは自分の力でテレザードを爆発させて白色彗星に打撃を与える。ヤマトはワープして土星へ向かった。
18 決戦・全艦戦闘開始!
地球防衛軍は土星に集結。デスラーは牢屋を脱走し、サーべラーの企みが大帝にばれる。デスラーはヤマト追撃を許可される。
19 ヤマト・激突ワープ!!
斎藤は友の追悼の為、第11番惑星に行きたいと申し出る。古代は悩んだが許可する。 第11番惑星の敵基地を叩きヤマトは地球防衛軍に合流。
20 ヤマト・奇襲に賭けろ!
戦力を互角にする為、ヤマト奇襲をかけ、成功する。



21 壮烈・土方艦長の死!
地球防衛軍、火炎直撃砲の威力で劣勢になりながら土星の輪を利用して帝国艦隊を蹴散らす。しかし白色彗星の前で全滅する。アンドロメダ艦長兼司令総官・土方死す。ヤマトはエンジンが壊れ、操縦不能になってしまう。
22 ヤマト・徹底抗戦せよ!
ズォーダー大帝は月を破壊して無条件降伏を要求、大統領は受諾を決意。同じ頃、ヤマトは惑星で修理完了、古代は怪我しているが出陣する。
23 宿命の対決!
古代、斎藤、加藤、捨て身の体当たりでデスラー艦に乗り込む。島は雪を庇って爆発を浴び宇宙に放り出され死す。古代はデスラーと対峙する。彗星帝国は地球の海に着水する。古代はガミラス艦の中でヘルメット無しで歩いている。ガミラスの生存出来る空気は放射能付きじゃなかったのかい!矛盾。
24 死闘 二人の勇士!
デスラーと古代、銃を向けあうが古代が倒れ雪が古代を庇って抱く。その姿を見てデスラーはヤマトへの恨みが消えた。彗星帝国は 真上と真下がもろいと言い残し、2人を助け、部下タランを連れ、去って行った。宇宙を漂う島はテレサが救う。ヤマトはアナライザーが運転して地球へ向かう。
25 ヤマト 都市帝国攻略作戦
新米が彗星帝国下部の艦載機発着口の位置を特定するも爆死。そこから侵入する古代、真田、斎藤。コスモタイガー山本は古代を庇い敵に撃たれ敬礼して爆死。斎藤一人、動力室へ着き自爆する。古代、真田をつれ加藤のコスモタイガーでヤマトへ戻るが、到着した瞬間、操縦していた加藤が死ぬ。彗星は壊滅したがズォーダーはサーべラーらを見捨て超巨大戦艦で脱出する。
26 ヤマトよ永遠に
ヤマト、超巨大戦艦の砲撃を浴びボロボロ。徳川機関長死す。地球も攻撃され火の海になる。テレサは自分の力を島にあげ、島は蘇る。古代は乗組員を退艦させたが(佐渡先生、真田技師長)雪は残っていた。古代、雪が特攻を決意した時、テレサが来て島を預けた。テレサは島の血の中で自分も生きると言い、ズォーダーの戦艦に体当たりして自爆した。古代、雪、島は地球に向かい再建に努力し始める。

放映日:1978年10月14日 - 1979年4月7日
企画・製作:西崎義展
原案:西崎義展、松本零士、舛田利雄
監督:松本零士
アニメーションディレクター:石黒昇
音楽:宮川泰
制作:よみうりテレビ、アカデミー製作