モンゴルの王家の血を引く若者テムジンは、雪山でチョルーゲンと名乗る男と出会う。彼はテムジンと分かるや否や「タタル族に父王の動静を流して殺したのは私だ」と許しを乞う。テムジンは命を助ける代わりに舌を切り、自分の家の犬になれと命ずる。1179年、ホルホノク・ジュベル谷でテムジンの母ホエルンの元へ兄弟、部下がお正月の挨拶に来た。ホエルンは仲たがいしていた兄弟が仲良くなって喜んでいた。しかし義兄弟ジャムカは何故か、テムジンを恨んでおり、弟を差し向けてテムジンの馬を逃がす。その際、怪しいものだということで射られて死んでしまった。この件でジャムカとはさらに亀裂が深まった。そしてジャムカはタタル族に加勢、テムジンは中国の大国・金と組んで、ジャムカ+タタル族と戦う。その時、弓矢の名手ジルゴアダイに毒矢を首に受けるが、部下が毒を吸いだしてくれて九死に一生を得る。(ジルゴアダイはのちにテムジンの部下となる。)テムジンはなんとか勝ち、1202年にもタタル族と開戦。やっと支配下に置き、父の復讐を果たす。すると、休む間もなくジャムカ、仲間のケレイト族のワン・ハーン・トーリル、息子のセングン、アルタン、クチャルに裏切られる。テムジンは劣勢を補うため精鋭軍だけで夜襲をかけて勝利する。当然裏切り者は斬首、ジャムカだけは背骨を折って処刑した。そしてテムジンは、全モンゴル統一を果たし、チンギス・ハーンと改名する。

1206年、民族も宗教をも超えた統一国家の建設という目標を定め、中央アジアから中国の金へと攻め入り制圧、中国の統治を部下に任せる。その後、母ホエルンが亡くなり、チンギスは自らは大軍を率いて1219年西方の国ホラズムと戦い、支配する。更に1226年タングトに侵攻して降伏させるも、病魔は確実にチンギスの体に迫っていた。チンギスは側近たちに「自分が死んでも隠し通せ、タングトの半分は側室のイェスイに与え、チョルーゲンには立派な服、馬、王の通行証を与え自由の身を与える」と言った。チンギスは亡くなり、チンギス軍は帰国する。ただし途中であった者はすべて切り捨てろと命令して。一方チョルーゲンは立派な馬も服も捨て下民の服を着て、剣と通行証だけ大事にして放浪してた。ある日、チンギス軍の斥侯隊と遭遇。彼らは命令を守り口のききないチョルーゲンを切り捨てた。でも、チョルーゲンの魂は体から抜け出して、チンギス軍の後を追い想い出のモンゴルへ帰国するのだった。・・・幕

モンゴルを平定したチンギス・ハーンの伝記。盟友、仁義、裏切り、戦争の日々です。広大なロケ地を見ていると、そこにいるようで、すがすがしい気持ちになりますがストーリーはドロドロです。でも、戦闘は古来の馬に乗った剣術式ですので派手さは少ないし、グロ・シーンも大したことありません。チンギスの人生が足早に語られているので全体の印象はサラッとした感じで作られていて、歴史上何があったかは分りますが登場人物の心理描写という点とか、ドラマチック性では物足りないですね。チンギスの下僕チョルーゲンにしても最初から出てきますが、ずっと傍にいるだけで活躍しませんし。アクション的に言えば、走りながら疲れた馬から新しい馬に乗り換えるチンギス軍のシーンは面白かったです。

1992年 モンゴル・日本 UNDER THE ETERNAL SKY
監督:ベグズィン・バルジンニャム
製作:ロンビーン・ゼネメルデル
脚本:ダラミーン・バトパヤル、ドゥゲルジャビーン・マーム、センギーン・エルデネ
音楽:ナツァキーン・ジャンツャンノロブ
出演:アグワンツェレーギン・エンフタイワン テムジン、チンギス・ハーン
ジャムスラニー・スフホヤグ チョルーゲン
ツェベグミディン・トムルバートル ジャムカ
ナムスライン・ソヴド ホエルン、テムジンの母
サンボーギーン・サラントヤ ボルテ、テムジンの正室
ベヒチリーン・ジャルガルサイハン カサル、テムジンの実の弟
ジャムスラニー・スフホヤグ
ナムスライン・ソヴド

chinggis_khan.jpg