関東に直下型地震が発生して数週間。都市の機能は回復しつつあった。しかし、地震の影響で太平洋の海水温が上昇しイルカや魚が死亡。水蒸気が大量に放出され台風が発生する。その台風は中心気圧870hPa(ヘクトパスカル)、最大風速110mの巨大さで9月16日東京に上陸予定だ。まず予兆として台風はヒョウを銀座に降らせ、高潮で都市を破壊。東京は完全にパニック状態に陥る。旧新橋駅地下に閉じ込められた5人の中には、元ハイパーレスキュー隊(消防救助機動部隊)の篠原祐司がいた。彼は、“252”(要救助者あり、2回、5回、2回と音を出すこと。)の信号を地上に向けて送り続ける。・・・

252 生存者あり amazon
海猿でお馴染みの伊藤英明のレスキューものですが、海猿よりもパニック映画要素が格段に高く作ってあります。洪水や崩落シーンは、ホントおっそろしい迫力。身の毛もよだつとは、この事ですね。そして困難に立ち向かう人間愛のドラマは、旧新橋地下鉄駅に閉じ込められた5人を中心に、ハイパーレスキューの隊員の根性は脇役という感じでした。スリリングさは満点だったんですが、ラスト、崩落した地下から伊藤英明がレスキュー隊員を担いで地上へ出てくるシーンは、やり過ぎじゃないかな。生きてて良かったいうより、「スーパーマンになっちまったんかいな」、という驚き、または、ある意味あきれ返りと思いました。純粋にレスキューが助けた方が現実味がありますよ。それに台風の目に入っている時間は18分だけという設定だったんですが、ラストは何分たっても空は晴れたまま。ここも、辻褄が合ってませんよね。ラストは生還の感動シーン連発の為、忘れがちですがオイラは疑問に思いました。(笑)

252seizon.jpg

2008年 日本 ワーナー・ブラザーズ配給 ★★☆  
監督:水田伸生
製作総指揮:島田洋一
脚本:小森陽一、斉藤ひろし、水田伸生
音楽:岩代太郎 主題歌 MINJI 『LOVE ALIVE』
出演:伊藤英明 ... 篠原祐司、以前はハイパーレスキュー隊員だったが兄を助ける為、同僚を見殺しにして落ち込み、また妻の願いもあり外車のセールスマンに転職。しかし真っ正直な性格の為、上司から認められていない。9月16日は娘の誕生日で誕生日プレゼントを銀座で買った後、災害にあい、地下に閉じ込められる。
内野聖陽 ... 篠原静馬、ハイパーレスキューの隊長であり、祐司の兄。
桜井幸子 ... 篠原由美、祐司の妻。・・・桜井幸子さん、ほとんど泣き叫びのシーンばかり、お疲れ様です。
大森絢音 ... 篠原しおり、祐司の娘。口が聞けない障害を持つ子。
MINJI ... キム・スミン、東京のクラブ勤め。韓国の弟が交通事故死し失意の中、災害にあう。重村誠のB型の血を貰い生き延びる。
山田孝之 ... 重村誠、開業医の息子で研修医。だが父が患者を死亡させた為、裁判にかけられうつ病となる。医者になる事をあきらめかけている。祐司と共に閉じ込められ最初は反目するが、後に団結。
香椎由宇 ... 海野咲、気象予報士。
木村祐一 ... 藤井圭介、関西人であり水槽の水中ポンプの社長。借金だらけだが新製品を東京に売り込みに来て災害に遭遇する。子だくさんのいい親父。祐司と共に助け合う。
杉本哲太 ... 真柴哲司、ハイパー・レスキューの課長であり、篠原静馬の上司。