ジャレドはサッターズ・ビルで1849年のゴールドラッシュの時の秘密の地図を見つけ、金を手にする。彼はその一部を姉クレアに送る。その後、ジャレドの住むコテージの地下で白骨から化け物が蘇る。彼は鉱夫の怨霊で名はジャレマイア・ストーン。自分の金を盗みに来る奴を呪い殺すのが仕事だった。あわれジャレドはかぎ爪で殺されたが、何も知らない姉夫婦と友達は金目当てでサッターズ・ビルに向かっていた。・・・

ゾンビハザード/死霊危険地帯 amazon
紛らわしい邦題で、がっかりしました。オイラはてっきりゾンビがあふれる映画と思い見たのですが、あふれる所か、怨霊一人が暴れてる。この映画は13金風のスラッシャーものでした。でもアメリカの田舎町の出来事なんで、怨霊が出て来ないと雰囲気がほのぼのカントリー調になって恐怖度ゼロ。アクセル(Axi)のボケ具合がコメディ風なんで、それを余計に加速させてます。そして怨霊の顔も笑えるし。血は当然少し出てますが、まったく怖くなかったですね。後、驚いたのがカレン・ブラックがネリーおばさんという役で出ていた事。彼女、もうおばあさんだと思うのですが、昔と全然変わらない「いかつい顔」でした。年をまったく感じられないので、驚嘆。最後に原題は『Forty-Ninerの呪い』なんですが、Forty-Ninerって何と思い、調べたら、1849年のゴールドラッシュの金採掘者の事でした。それ、見なさい、やはり邦題は「金の番人」とか「恐怖の番人」でいいんじゃありませんか。

forty01.jpg
Eve 役のAlexandra Ford。この子、メチャ、スレンダーで一番好みかな。

2002年 アメリカ Curse of the Forty-Niner ★☆
監督:John Carl Buechler
脚本:Antonio Olivas
音楽:Pierpaolo Tiano
出演:Sean Hines ... Nick Berman、クレアの夫
Carrie Bradac ... Claire Berman
Stephen Wastell ... Axl (as Steve Wastell)
Elina Madison ... Rox Ann、ヘイデンの恋人
Rick Majeske ... Hayden (as Rich Majeske)
Karen Black ... Aunt Nelly
Alexandra Ford ... Eve、ネリーおばさんと一緒に湖のほとりで住んでいる。
Shadrach Smith ... Jared、クレアの弟
Vernon Wells ... Jeremiah Stone
Sangie ... Tori
John Phillip Law ... Sheriff Murphy