バース島が消滅し、ゴジラとリトルゴジラが姿を消した。1ヶ月後、香港に出現したゴジラは従来と違い赤く発光し、赤い熱線を吐きながら香港の町を蹂躙していった。バース島消滅は、その地下の高純度の天然ウランが熱水に反応した結果の爆発であり、その影響を受け体内炉心の核エネルギーが暴走したゴジラは、いつ核爆発を起こしてもおかしくない状態であった。同じ頃、東京周辺において異変が発生。東京湾横断道路で工事用パイプが消滅し、品川水族館では魚が突然骨と化した。その原因はデストロイアという生物の仕業。それは、かつてオキシジェン・デストロイヤーを使用してゴジラを死滅させた時、海底に眠っていた古生代の微小生命体が無酸素環境下で復活し、その後、異常進化を遂げた生物だ。デストロイアは人間大の大きさとなって警視庁の特殊部隊SUMPを襲い、更には自衛隊の攻撃に対して集合・合体し、40メートルの巨大生物と化して東京を破壊。一方、御前崎沖にゴジラより小さい、ゴジラジュニアと呼ぶべき怪獣が出現した。それは行方不明となっていたリトルゴジラが、天然ウランの影響を受け成長した姿であった。バース島を失ったゴジラジュニアは、自らの故郷である北極のアドノア島へ帰ろうとしていたのだった。ゴジラは、伊方発電所を襲撃しようとした際にスーパーX3の放ったカドミウム弾を受け、体内の核分裂が制御されたため、核爆発の危機を免れる。しかし、今度は体内の温度が1200度に達した時にメルトダウンが発生する事が判明。地面に穴を開け地球が灼熱の星と化してしまう危機が訪れる。もはやゴジラを倒せるのは、オキシジェン・デストロイヤー=デストロイアしかいない。ゴジラとデストロイアを戦わせるため、三枝未希と小沢芽留のテレパシーを使ってゴジラジュニアを囮として誘導、デストロイアに向かわせる作戦が提案される。・・・

gvsdestroyah_poster.jpg

ゴジラVSデストロイア amazon


平成ゴジラ7作目、通算22作目です。香港~台湾~日本とリトルの後を追って移動するゴジラ。胸、お腹、太もも、背びれが赤く光るゴジラ・・・核爆発前やメルトダウン前の壮絶なイメージが強烈かつ美しいです。リトルも含め怪獣の死を、こんなに悲しく、かつ、かっこよく撮られた監督に脱帽ですね。ストーリーも1作目とくっつけてあり、山根恵美子さんや山根博士の孫が出てきます。そしてデストロイア誕生の秘密も40年前のオキシジェン・デストロイヤーの使用により、東京湾の土の中から先カンブリア紀の無酸素で生きられる微生物が生き返り、酸素と触れ変異する、、、無敵の変異生命体デストロイアの誕生って設定。でもデストロイアは、この映画の中では所詮付け足しの存在です。死に方もゴジラのメルトダウンに合わせて、どうも一緒に溶かされてしまったようです。(死に方ははっきりせず)ゴジラの死に様に感動して見ていたら、知らぬ間にエンドクレジットでした。(笑)

destroyer.jpg

Wikipedia からのトリビアです。
この作品は1954年のシリーズ第1作から製作に携わっていた田中友幸の遺作となっており、また、音楽担当の伊福部昭もゴジラシリーズ最後の作品となった。
ゴジラの死亡が明確に描写された作品はこの作品と1954年公開の『ゴジラ』の2つのみであり、ゴジラが自身の肉体能力(原子炉)が暴走してしまい(原子力発電所などにおいて原子炉が耐熱限界を上回る高熱による炉心溶融のようなもの)自爆とも取れる映像が描かれている。
体内で核エネルギーが暴走しているゴジラには通常兵器による攻撃は核爆発を誘発する危険性が高いため、前2作のGフォースに代わり、冷凍系の兵器で武装した自衛隊が活躍した。なお、この作品でデストロイアにとどめを刺したのはゴジラではなくスーパーX3率いる自衛隊の冷凍兵器部隊である(カットされてしまったが、デストロイアが自衛隊の攻撃でも倒れず、ゴジラと最後の死闘を繰り広げた末に倒され、その後ゴジラも死んでいくというエンディングがある。DVDの特典映像で未公開シーンとしてその一部始終を見ることができる)。
スーパーXシリーズの兵器が『ゴジラvsビオランテ』以来6年ぶりに復活した作品でもある。劇中では2度出撃しているが、2度目の出撃の際に「これで我々の来年度の予算はゼロだな。来年度があればだが・・・」というシーンがある。このシーンは本作の名シーンとしても語られることがあるが、「たった2回の出撃で一体何億使ったのか」という笑いのネタとしても使われることがある(前2年に国連G対策センターの超兵器・メカゴジラとMOGERAに防衛費等の出費をつぎ込みすぎた結果という説もある)。初期段階では、スーパーX3の代わりに『海底軍艦』の轟天号が登場する予定だった。変更の理由は定かでは無いが、平成ゴジラ的な超科学兵器がそぐわないという事と艦首に巨大なドリルが付いている前作『ゴジラvsスペースゴジラ』のMOGERA(もしくはランドモゲラー)とイメージがかぶるからとも言われている。
シリーズ第1作『ゴジラ』のオマージュとして山根恭平の娘・山根恵美子(演じるは1作目と同じく河内桃子)やオキシジェン・デストロイヤー再登場の他にも、オープニングが海上を走るカット(第一作目でも同じようにして物語が始まる)、臨海副都心にデストロイアが出現した際に伊集院が警察官に「生命の保証はできませんので、お通しする事は出来ません!」と言われるシーン(『ゴジラ』では山根博士がゴジラ上陸の際、防衛隊員に同じセリフを言われる)や、それぞれ怪獣への対応を注意する点が共通している。予告編では、第1作の『ゴジラ』をデジタル処理でカラー化した映像が使われているものがある。
デストロイアの幼体群が等身大の人間と戦うため、その演出にはハリウッド映画の『エイリアン2』や『ターミネーター2』、『ジュラシック・パーク』からの影響がみられる。デストロイア幼体と戦うのは(劇中で説明はないが、監督が明言している)警視庁の特殊部隊SUMPである。これは架空の組織であるが、当時この組織に相当する実在の組織特殊急襲部隊(SAP、翌1996年にSATとして正式に発足した)が公になっていなかったため、架空の組織を設定したという事情による。
本作の初期案は、初代ゴジラの生体エネルギーが幽霊のような「ゴーストゴジラ」として出現。ゴジラと戦い、ゴジラは倒されるが、ゴーストゴジラはジュニアによって倒される、というものだった。実体のない怪獣という見せ方としては面白い見せ方も考えられた。元々ゴジラのバリエーションが割と成功していたために企画されたのだが、やはり3作もゴジラとゴジラのバリエーション怪獣が戦う作品が連続するのはよろしくない上(前作と前々作はそれぞれスペースゴジラとメカゴジラという、いずれもゴジラのバリエーション怪獣との対決ものになっていた)、実態のないものに感情移入はしにくいのではないかということで不採用となっている。ちなみに、この脚本を持ってきたのは川北紘一曰く、富山省吾プロデューサーだったらしい。
ゴジラのメルトダウンとデストロイアに相当するバルバロイという新怪獣が登場する企画は川北組のとある人物が考えたとされる。川北サイドではゴーストゴジラ案が没案となったことを受け、それなら「ゴジラを死なせる」ことを考え、唯一ゴジラを葬り去った兵器・オキシジェン・デストロイヤーでも死ななかった最強の生物・デストロイアと戦わせるというプロットが生まれたという。田中友幸はゴジラを死なせることに反対したそうだが、また復活することを前提に「ゴジラ死す」という企画が認められたとのこと(『ゴジラ・デイズ』に所載。集英社刊 ISBN 4-08-748815-2)。なお、このインタビュー記事で川北は『ゴジラvsスペースゴジラ』でゴジラを死なせた方がいいと考えていたことも明かしている。
『ゴジラvsモスラ』まで参加した大森一樹は、ゴジラで描ける事がある限りは参加するとしていたが、今回川北・大河原両人に口説かれ、ゴジラの死を描く事に賛同し参加を決めた。プロットのやり取りは大森が海外にいてもなお、FAXによって続けられた。大森は阪神・淡路大震災にて被災した事で、火災鎮火のために冷凍レーザーを考案したそうである。
デストロイアの形態に関して、完全体だけ(実際は前身の「飛翔体」も含む)いわゆる怪獣の姿なのは、製作サイドの事情としてはスポンサーバンダイの「最終形態だけは怪獣の姿にして欲しい」という要請によるものである。バンダイは作品自体には発光する「バーニングゴジラ」の着ぐるみのための透明素材やデストロイア集合体のソフトビニール人形(群れのシーンに使われている)を大量に提供している。
劇中、篠田三郎演ずる国友満が林泰文演ずる山根健吉にGサミットへの参加を依頼。当初参加を拒んでいた健吉が、密かに思いを寄せていた小高恵美演ずる三枝未希がメンバーだという事を知ると、参加を快諾するというシーンがある。このシーンの直後、部屋の棚に三枝の写真立てが映る。
小学館コミックス『名探偵コナン』の第13巻の表紙において、東京港湾部の自衛隊vsデストロイア(幼体)の撮影ミニチュアが掲載されているが、これは作者の青山剛昌が東宝に使用要請を行い許可が下りたためである。要請理由は、コナン作中の『大怪獣ゴメラ』(ゴジラとガメラを掛け合わせた風貌のパロディ怪獣)製作現場で発生する殺人事件と表紙を関連させるためであったとアシスタントが語っている。

melt_godzilla.jpg

1995年 日本 GODZILLA VS. DESTOROYAH ★★★★★
監督:大河原孝夫
製作:田中友幸 富山省吾
特技監督:川北紘一
脚本:大森一樹
音楽監督:伊福部昭
出演:辰巳琢郎(伊集院研作、ミクロオキシゲンを開発する科学者)
石野陽子(山根ゆかり、健吉の姉)
林泰文(山根健吉、1作目山根博士の孫)
河内桃子(山根恵美子)
小高恵美(三枝未希)
大沢さやか(小沢芽留)
中尾彬(麻生孝昭、Gフォース司令官)
高嶋政宏(黒木翔、自衛隊特殊戦略作戦室特佐)
篠田三郎(国友満(G対策センター長官)
上田耕一(水族館の警備員)
薩摩剣八郎(ゴジラ)
破李拳竜(ゴジラジュニア)
播谷亮(デストロイア完全体)
柳田英一(デストロイア)