呪いのビデオ事件から遡ること30年前、昭和43年(1968年)、18歳の山村貞子は、東京の劇団「飛翔」に入団していた。折りしも劇団は、次の公演「仮面」の上演を控えていたが、団員の間では全員が奇妙な井戸の夢に悩まされていた。そんな中、公演の練習中に主演女優の葉月愛子が謎の死を遂げる。疑いの目を向けられる貞子。音響係の遠山は、そんな貞子を気遣い、庇おうとする。彼女と遠山の接近を懸念する衣装係の立原悦子。一方、12年前の山村志津子の公開実験で婚約者を亡くした中央日報の記者の宮地彰子は、貞子の過去を追う内、貞子の入学していた小学校の教師の話から「もう一人の貞子」の存在に気づく。復讐に燃える宮地。劇団「飛翔」は、演出家の重森勇作の指導のもと、山村貞子を新たな主演女優に据え、「仮面」の上演を強行する。・・・

ring001.jpg

リング0 バースデイ amazon


ring002.jpg

貞子の歴史、出生の秘密が解き明かされる第3弾。怨霊ではない優しく気弱な人間・貞子の姿が描かれ、井戸に突き落とされる経過が明らかにされます。貞子はなんと、双子でした。一人は大人になった母親似の貞子。もう一人は父親似の醜い姿の為、母が発狂して成長を止める薬を投下、大島の山村家の2階の天井裏に監禁していたのです。子供貞子は死に(記述は劇中には無いが霊魂状態になって仲間貞子にとりついている。)邪悪、怨念の塊と化しました。また仲間貞子はサイコキネシスの他に、イエス・キリストのような細胞蘇生能力がある事が判明。だから30年も井戸の中で生きていられたのですね。作品は怨霊も出てきますが、超能力殺人という方が適切です。ですから1や2の不気味さは消え、仲間貞子の悲しいストーリーがメインになっています。今では大女優の仲間由紀恵さんも、まだ初々しいっすね。スッピンに近い、丸顔が若さを感じます。その反面色気は薄いですが、、、。最後に、Wikipediaのトリビアを見ると、貞子の本当の父親は伊熊平八郎ではなく、海から来た正体不明の化物だとか、山村志津子は三原山で自殺せず、精神を病んで死んだと書いてありました。そんなシーンあったかな?オイラは気づかなかったけど。見逃したのかな?

ring003.jpg

2000年 日本 東宝映画 RING0 BIRTHDAY ★★★
監督:鶴田法男
製作:一瀬隆重 小川真司 永井正夫
脚本:高橋洋
音楽:尾形真一郎
出演:仲間由紀恵(山村貞子)
田辺誠一(遠山博)
田中好子(宮地彰子)
麻生久美子(立原悦子)
若松武史(重森勇作)
奥貫薫(葉月愛子)
伴大介(伊熊平八郎)
雅子(山村志津子)
大場真人(山村敬)