シカゴのクーガー食品研究所で勤めるジェイミー。彼は人工フレーバーを開発している研究者だ。ある日、彼は寝ていると口の中でチョコレートの味が残っている事に気づく。でもダイエット中の彼はチョコレート等食べるはずがなかった。翌日同僚ウォーリーのライブに行くと突然耳が聞こえなくなったり、また運転中に幻覚を見た。彼には他人の感覚が同調してしまったのだ。それはカナダで画家を営む女、キャサリンだった。・・・

マスターズ・オブ・ホラー DVD-BOX Vol.2 amazon
ジェイミーは男なのにキャサリンの女の感覚と同調してしまいました。彼女がSEXする感覚、恋の感覚、お風呂で一人Hする気持ちよさまで分かるって、なんか楽しそうだなって思います。女性の知られざる世界を覗き見しているような感覚ですね。これって男が欲しがっている究極の感覚なんじゃないでしょうか?ううううう羨ましいでっす。でも、最後には殺人現場まで感じてしまい彼女に恋して、よせばいいのに、カナダのバンクーバーへ行きます。そして悲劇の幕開けとなってしまいます。純真なジェイミーの気持ちなど受け入れる事はキャサリンには出来ませんでした。この時、ジェイミーにキャサリンの感覚が伝わっていれば、また違ったオチになったのにねぇ。やっぱり男には感じれない物、女性の感覚を味わう事は禁断の道なのかもしれませんね。



chocolate01.jpg

chocolate02.jpg

2005年 アメリカ・カナダTV "Masters of Horror" Chocolate  ★★★★
監督、原作、脚本:Mick Garris
音楽:Nicholas Pike
出演:Henry Thomas ... Jamie
Matt Frewer ... Wally
Lucie Laurier ... Catherine
Stacy Grant ... Vanessa
Jake D. Smith ... Booth (as Jake Smith)
Michael Curtola ... Band Member
Katharine Horsman ... Sue
Paul Wu ... Hooper
Leah Graham ... Elaine