パプア・ニューギニアの「ホープ・センター」と名付けられた化学工場でバイオハザードが発生する。ここで生成されていたガスが外部に流出しガスを吸った者はゾンビと化し人間を襲ったのだ。実はここの目的は人口爆発を避ける為に、人類を共食いさせるガスの開発、名付けて『スウィート・デス計画』だった。その後アメリカ領事館でテロ事件が発生する。テロリストたちはホープ・センターの閉鎖を要求したが、事実は隠され彼らは全員殺された。そしてTVリポーターのリアはカメラマンのマックス達仲間と二ューギニアに来る。同行していた子供が村人に襲われたため薬を探しに、ある村に立ち寄ると、そこにはゾンビが、、、。親子は死に、リア達にも危険が迫ってきた。その時ニューギニアでの任務を命じられ現地に赴いたビンセントたちの特殊部隊に助けられた。・・・

ヘル・オブ・ザ・リビング・デッド amazon
Hell of the Living Dead trailer 1980
音楽はゴブリンの『ゾンビ』サントラをパクッタ作品ですが、これが結構映像とマッチしています。話もSWATは出てくるし、テロリストをプエルトリコ人に引っ掛けたり、ロメロの『ゾンビ』の亜流作品なんですが、オイラ的には、巷で言われているような糞映画ではないと思いましたね。どのみちゾンビ映画を作れば、パクラなくても必然的に似てくるのは否めないしね。お食事シーン等グロもちゃんと入っているし。リア役のマルグリット・イヴリン・ニュートンのヌードや断末魔の奇抜さも面白かった。LDの題名は『死霊の魔窟』でしたが、DVDでは改題してます。

hellofthelivingdead001.jpg

1980年 イタリア・スペイン Hell of the Living Dead 、Virus ★★★
監督:Bruno Mattei(as Vincent Dawn) 、Claudio Fragasso (uncredited)
脚本:José María Cunillés(as J.M. Cunilles)、Rossella Drudi、Claudio Fragasso、Bruno Mattei
出演:Margit Evelyn Newton ... Lia Rousseau
Franco Garofalo ... Zantoro (as Frank Garfield)
Selan Karay ... Vincent
José Gras ... Lt. Mike London (as Robert O'Neil)
Gabriel Renom ... Max (as Gaby Renom)
Josep Lluís Fonoll ... Osborne (as Luis Fonoll)
Pietro Fumelli ... Man on TV
Bruno Boni ... Josie's Husband
Patrizia Costa ... Josie
Cesare Di Vito ... Technician Lawson
Sergio Pislar ... Technician Fowler
Bernard Seray ... Barrett's assistant
Víctor Israel ... Zombie priest
Pep Ballenster ... Reporter
Joaquín Blanco ... Professor Barrett
Esther Mesina ... Woman in Bar