古代の気象を研究する気候学者のジャック・ホールは、地球の温暖化により新たな氷河期が到来する不安を察知していた。すぐに手を打たねばいけないとアメリカ政府に警告するジャックだが、副大統領ベッカーは経済コストを盾に彼の主張をいなしてしまう。しかしやがて、南極の氷棚から巨大な氷河が崩落。そこから東京、ハワイ、ニューデリー、ロサンゼルスと、世界中で深刻な異常気象が立て続けに起きていった。

デイ・アフター・トゥモロー amazon
the day after tomorrow trailer
そして本当に氷河期がやってきた。その頃、ジャックの17歳の息子サムは友人の女の子ローラたちと参加した高校生学力クイズ大会の開催地であるニューヨークに足止めされていた。南の地への全米規模の大移動が始まる中、あわやというところで公立図書館に逃げ込んだサムたちは、そこにとどまって本を焼いて暖を取り、生き抜こうと必死に試みる。やがて、決死の覚悟でニューヨークにやってきたジャックが救出に駆けつけ、サムたちは無事に保護された。そして死亡した大統領の代わりに新大統領に就任したベッカーは、今までの行いを反省して世に環境問題の大切さを訴えるのだった。・・・幕

dayaftertomorrow02.jpg

ローランド・エメリッヒ監督の災害パニック巨編。俺が特に怖かったのは、LAの竜巻襲来(思わず固まって鑑賞。ひぇー大迫力)、息子の乗るNY行きの飛行機が暴風雨に直撃(CG無しのセット撮影ですが、自分が乗っていると勘違いしてゾゾッ)その次がスーパーフリーズですかね。(バルゴンの冷凍光線と一緒だ)表は地球温暖化等人類への警鐘映画、そして裏は現在のアメリカの力を誇示しすぎる姿勢を皮肉っている映画、「世界はサミットの国で支配してはいかん」という意味も込められた映画ですね。

dayaftertomorrow01.jpg

2004年 アメリカ The Day After Tomorrow 末日浩劫 ★★★☆
監督:Roland Emmerich
脚本:Roland Emmerich、Jeffrey Nachmanoff
音楽:Harald Kloser、Thomas Wanker
出演:Dennis Quaid ... Jack Hall
Jake Gyllenhaal ... Sam Hall
Emmy Rossum ... Laura Chapman
Dash Mihok ... Jason Evans
Jay O. Sanders ... Frank Harris
Sela Ward ... Dr. Lucy Hall
Austin Nichols ... J.D.
Arjay Smith ... Brian Parks
Tamlyn Tomita ... Janet Tokada
Sasha Roiz ... Parker
Ian Holm ... Terry Rapson
Nassim Sharara ... Saudi Delegate