1489年ブタペストの城のディナー・ルームで集団自殺があった。その自殺の首謀者も最後に命を絶つのだが、一人だけ赤ちゃんが生き残る。500年後、今まで閉ざされていたその城の見学ツアーが企画される。カメラマンのデビッド、女優のメリー・ルーとアンナ、キャメロン、ドーソン教授、他数名が招待された。一行が城に着くとすぐ外は吹雪になる。仕方なくみんなは城に泊まる事になった。・・・

howling501.jpg

The Howling V: The Rebirth trailer
ゴシック調な始まりは、いかしているのですが話が進むにつれサスペンス色が強くなっていくのです。城に呼ばれた者はすべて右腕に三角のアザがあり、そしてこのアザのある者の1人が狼人間だというようになっていきます。この狼人間を殺すべくこのツアーは企画されたのです。後半の中心が城に呼ばれた者の中に広がる疑心感となり、だんだんホラーらしさが薄れていくのが残念。特殊メイクもほとんどなく、一番ドッキリしたのが最初の犠牲者ドーソン教授の死に様。そして暗闇から飛び出す狼の口だけでした。

howling502.jpg

1989年 アメリカ HOWLING V: THE REBIRTH ★★
監督:Neal Sundstrom
音楽:The Factory
出演:Philip Davis ... Count Istvan
Victoria Catlin ... Dr. Catherine Peake
Elizabeth Shé ... Marylou Summers
Ben Cole ... David Gillespie
William Shockley ... Richard Hamilton
Mark Sivertsen ... Jonathan Lane
Stephanie Faulkner ... Gail Cameron
Mary Stavin ... Anna
Clive Turner ... Ray Price
Nigel Triffitt ... Professor
Jill Pearson ... Eleanor
József Madaras ... Peter (as Joszef Madaras)
Renáta Szatler ... Susan