隕石の研究をする会社に勤めるボブは個人的に細胞再生を研究していた。(コイツ会社の給料貰って違う事やっている)ある日研究所に強盗2人組が入り、ボブは脅迫される。そして試薬を適当に調合され飲まされてしまった。すると彼の体に異変が起き、怪物になってしまい強盗を惨殺してしまった。翌日ボブの体は元に戻ったが昨夜の記憶が無い。ボブはジキル博士とハイド氏になってしまったのだ。・・・

deadly_spoon31.jpg
 


「デッドリー・スポーン」の製作者であるテッド・A・ボーハスが自ら監督したSFホラー。内容は現代版ジキル博士とハイド氏で前作との関連はまったく無し。(原題はRegenerated Man なんで、これは日本の配給会社が悪いっす。)怪物の爪がピストルのように発射されるのは斬新な趣向。ラストは試薬を飲んだホームレスも怪物となりボブの身代わりとして殺人の罪をきて死んでいきます。ボブ側から見ればハッピーエンドですが、踏んだりけったりなのはホームレスのじじい。人生良い事なかったね、、、。俳優の演技は学芸会レベルで現実感はありませんので、物語に余り入り込めませんでした。嬉しかったのはボブの恋人キャサリンはまずまず美人。パイオツもたれ気味だけど大きくてキレイでしたよ。

deadly_spoon32.jpg

1993年 アメリカ THE REGENERATED MAN ★★
監督、製作、脚本:Ted A. Bohus
音楽:Ariel Shallit
出演:Cheryl Hendricks ... Kathryn
Pete DeLorenzo ... Weasel
Andrew Fetherolf ... Tony 'Oni' Agar
Arthur Lundquist ... Dr. Robert Clarke
Eric Marshall ... Hobo Ronald
Debbie Rochon ... Kelly
Orin Shemin ... Chubak, Charlie
Kevin G. Shinnick ... Regenerated Man
Ted A. Bohus ... Thug