マロリーは結婚式の夜に夫が悪魔と分かり、愛する夫を斧で叩き殺す。その日から彼女は悪魔狩りの運命を背負い、フランスの超常現象特殊部隊のリーダーを務めてきた。仲間は指揮官のデュラン刑事、爆弾専門のオカマのヴェナ、声は出せないがテレパシーで話したり、幽体離脱して生物に乗り移れる少女トーキング・ティナ。最近修道女が3人誘拐された事件を追ってついにアジトに踏み込むメンバー達。処女を使って繁殖、そして死んだ処女の肉を食うグールを素早く片付けるマロリーだったが、突然現れた鉄仮面の男にデュランは殺されてしまう。同じ時刻パリではローマ教皇ヒエロニムス1世が即位していた。彼は同性愛を否定、女性の避妊も否定し、罪人を火あぶりにと諭し、カリスマ的位置に君臨しつつあった。その後、例の鉄仮面がパリに現れ教皇を誘拐してしまう。マロリーの次の任務は教皇救出となった。・・・

Bloody Mallory
ブラッディ・マロリー amazon
bloody_maroly_vhs.jpg

フランスのアクション・ホラー映画。監督は日本のアニメオタクだとか。DVDのジャケもアニメ調ですが、アニメじゃありませんよ。ホラーテイストはいっぱいあり、グールの子供が生まれるシーンで修道女の腹が膨らんで爆発する所は面白いし、ローマ教皇のボディガードが聖職者なのに戦闘服というのも笑えました。また小道具にも拘り、悪魔用ドラえもんの『どこでもドア』とか『十字架型聖水パーフューム』もアイデア勝ち!!。小粋なお洒落なフレンチ感覚が溢れ、マロリーとマロリーが殺した悪魔族の元夫との変わったラブストーリーも盛り込まれています。オイラが好きなザ・コンヴェント~死・霊・復・活~>風で大好きな映画です。お勧め作でっす。

bloody_mallory01.jpg

bloody_mallory02.jpg

bloody_mallory03_1.jpg

2002年 フランス BLOODY MALLORY ★★★
監督、脚本:Julien Magnat
音楽:川井憲次
出演:Olivia Bonamy ... Mallory
Adrià Collado ... Père Carras
Jeffrey Ribier ... Vena Cava
Laurent Spielvogel ... Le pape
Valentina Vargas ... Lady Valentine
Julien Boisselier ... Le mari
Thylda Barès ... Talking Tina
Ludovic Berthillot ... Le molosse
Thierry Perkins-Lyautey ... Inspecteur Durand
Sophie Tellier ... Morphine
María Jurado ... L'infermiere
Dominique Frot ... Prisonnière nue