Rock'N Horror

ぴけっとの映画ブログにようこそ!ホラサス、SF、ドラマが好きです。各記事内のあらすじの後、続きを読むをクリックするとネタバレが有りますので、ご注意の程を。記事数は2020年08月01日現在で、2260作品。星はオイラのお勧め度で★1点、5点満点で採点してあります。

2020年07月

モンゴルの王家の血を引く若者テムジンは、雪山でチョルーゲンと名乗る男と出会う。彼はテムジンと分かるや否や「タタル族に父王の動静を流して殺したのは私だ」と許しを乞う。テムジンは命を助ける代わりに舌を切り、自分の家の犬になれと命ずる。1179年、ホルホノク・ジュベル谷でテムジンの母ホエルンの元へ兄弟、部下がお正月の挨拶に来た。ホエルンは仲たがいしていた兄弟が仲良くなって喜んでいた。しかし義兄弟ジャムカは何故か、テムジンを恨んでおり、弟を差し向けてテムジンの馬を逃がす。その際、怪しいものだということで射られて死んでしまった。この件でジャムカとはさらに亀裂が深まった。そしてジャムカはタタル族に加勢、テムジンは中国の大国・金と組んで、ジャムカ+タタル族と戦う。その時、弓矢の名手ジルゴアダイに毒矢を首に受けるが、部下が毒を吸いだしてくれて九死に一生を得る。(ジルゴアダイはのちにテムジンの部下となる。)テムジンはなんとか勝ち、1202年にもタタル族と開戦。やっと支配下に置き、父の復讐を果たす。すると、休む間もなくジャムカ、仲間のケレイト族のワン・ハーン・トーリル、息子のセングン、アルタン、クチャルに裏切られる。テムジンは劣勢を補うため精鋭軍だけで夜襲をかけて勝利する。当然裏切り者は斬首、ジャムカだけは背骨を折って処刑した。そしてテムジンは、全モンゴル統一を果たし、チンギス・ハーンと改名する。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

チンピラのディーは、兄貴と一緒に詐欺師まがいの暮らしを送っていた。そんなある日、2人は食堂でクーの荷物を盗もうとしたのだが、功夫の達人である彼に叩きのめされてしまう。その実力に惚れ込んだディーと兄貴は弟子入りを志願。クーの命を狙うスキンヘッドの男とオカマと戦いながらも、何となく平和な日々を過ごしていった。ところが、ディーの知り合いの刑事が現れたことでクーが指名手配中の悪人だったことが発覚。以前殺したスキンヘッドとオカマは、昔クーの仲間で、彼が裏切って警察にぶち込まれていたのだった。刑事はクーを逮捕しようとカンフーを使うが負けて殺され、それを隠れて見ていたディーにも魔の手が伸びる。しかし、兄貴の犠牲によって辛くも助かったディーは前々から因縁のあった、へんてこな乞食に弟子入りし猿拳の極意を教わる事になった。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

20年前、太田勝造(大勝だいかつ)は娘義太夫の呂鶴と駆け落ちするが、呂鶴は追っ手に斬り殺され、幼い娘・房子(ふさこ)が残された。大勝は房子を土佐随一の料亭、陽暉楼に預けた。昭和8年、房子は売れっ子芸妓(げいぎ)・桃若(ももわか)に成長した。大勝の仕事は芸妓、女郎(じょろう)をあっせんする女衒(ぜげん)である。彼は、ある日稲宗(いなそう)組から、妻の身売りに来た中学教師を紹介される。勝造が男に百円の前金を渡すと、翌日夫婦はそのままトンズラ。しかし、大勝は2人を探そうとはしなかった。大勝の愛人・珠子(たまこ)は「大勝と別れて、一花を咲かすため芸妓になる」と言いだす。彼は陽暉楼に連れて行くが、女将に「この子ではあかん」と断られる。帰りがけに桃若の姿を見かけた珠子は「これが陽暉楼の芸妓(げいぎ)かいな」と捨て台詞を吐く。そして、桃若への対抗心から、珠子は玉水遊廓(たまみずゆうかく、女郎屋)に行くことを決めた。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

アメリカ軍は度重なる戦闘活動によって兵力不足に陥っていた。そこで軍はホームレスや不法入国者など社会的に立場の弱い者達をゾンビ・ウィルスに感染させ、兵士として利用しようと画策。だが、ゾンビウィルスを開発した研究員たちが感染する事態になり、特殊部隊Z分隊が掃討に赴く。そして作戦遂行中に新人兵士バードフルーが手を噛まれ感染。仲間にバレると殺されるので、そのまま脱走して、ネブラスカ州のストリップクラブ「ライノス」に侵入した。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

香港で仕事を済ませたアルダーソン社のベス・エムホフは、結婚前の元カレ、ジョン・ニールと関係を持つためにシカゴに立ち寄る。2日後、ミネアポリス郊外の自宅で、ベスがけいれんを起こし意識を失う。ベスの夫ミッチ・エムホフは慌てて病院に運ぶが、ベスは死因不明で病死する。ミッチが自宅に戻ると継子のクラークがそっくりな症状で死んでいた。ミッチは濃厚接触者ということで隔離されるが、この病気に免疫があることが判明し解放される。自宅では10代の娘ジョリーが待っていた。アトランタではDHS(国土安全保障省)の職員らが、CDC(疾病予防管理センター)のエリス・チーヴァー博士に会い、この病気は11月の感謝祭を狙った生物兵器によるテロではないかとの懸念を伝える。チーヴァーはEIS(CDCの1部門)の「病気の探偵」であるエリン・ミアーズをミネアポリスに派遣し調査に当たらせる。ミアーズは発生源をベスまでさかのぼって突き止めた。しかし、ミアーズは地元の役人と交渉するが、感染拡大阻止に向けて協力を得ることができないまま、自ら感染し死んでしまう。ウイルスが広がるにつれシカゴやミネアポリスはロックダウンされ暴動や強奪などが発生する。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

マチューとアナ夫妻には、自己免疫疾患のせいで隔離部屋(カプセル)の医療装置から出られない11歳の娘サラがいた。ある日、パリで地震が発生し、街中が有毒の霧に包まれてしまう。2階に住むマチューらはマンションの最上階のベルカセム老夫婦の部屋に避難したものの、娘を部屋から救出できずにいた。レスキュー隊も為す術がなく医療装置のバッテリー切れが迫る中、2人はスーツを手に入れ、サラをカプセルから出すべく奔走する。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

135㎏の肥満体のやり手弁護士ビリーは、裁判の勝利パーティーの後、妻のハイディに運転中にフェラされてわき見運転。ロマの老女スザナ・レムキをひき殺してしまう。罪に問われたくなかった彼は、顔馴染みのホプリ警察署長とケアリ判事に頼み込んで、事件を揉み消してもらうのだった。そして、裁判所を出た時、ビリーの前に現れたジプシーの老人タドゥツ・レムキが、彼の頬に触れて「痩せてゆく」とつぶやく。すると、翌日から本当にビリーは急激に痩せていく。後に彼は、この原因がジプシーの呪いによるものだと知る。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

28年前にベトナム戦争で戦友チルダース大佐に命を救われたホッジス大佐は、その後引退して弁護士となるが、今では離婚が原因で自滅的な生活を送っていた。一方、海兵隊屈指の勇士として知られたチルダース大佐は、暴徒に囲まれたイエメンのアメリカ大使館から大使家族を救出する命を受け、作戦を決行。しかしチルダースは、一家の命と引き換えに、イエメンの女子供を含む一般市民多数の死傷者を出したので、殺人罪を問われ軍事裁判にかけられることとなる。責任を追求されたチルダースはホッジスに自分の弁護を依頼する。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

西暦1世紀前期(キリストが処刑されて30年後)皇帝ネロが支配するローマ帝国の時代。マルクス・ウィキニウス将軍は3年に渡る遠征を終えてローマに凱旋した。マルクスは元将軍アウルスの館に泊まる時、若く美しい養女のリギア(実はリギア国の王女で人質)と知り合う。リギアは武力で国土を広げるローマのやり方を非難したが、マルクスは惹かれていく。マルクスは皇帝ネロに取り入り、リギアをもらい受ける許可を得たが、リギアは彼の求愛を拒み姿を消してしまう。マルクスは占い師の力を借りて彼女の行方を探した結果、リギアが禁制のキリスト教の信者であることを知る。マルクスは教徒の秘密の集会場へ行き彼女を見つけ、リギアの隠れ家に向かう。そしてリギアを連れ戻そうとしたが、護衛のウルススの抵抗を受け傷を負った。リギアは初めて心を許してマルクスを看護し、2人はお互いの愛を告白した。しかし、マルクスは未だキリスト教徒にはなれず、やむなく別れた。その頃ネロはネロポリスという新しい首都を建設するため、ローマ市内に放火する。それをキリスト教徒の仕業にして彼らに弾圧を加え始めた。そんな中、マルクスもリギアと共に逮捕され、マルクスもだんだんキリスト教に帰依しようとしていた。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1982年8月デサレーション・パッセージの海域。幼いレイは両親をここで巨大イカ・クラーケンに殺された。そして、彼はいつか復讐を果たそうと心に誓っていた。そして両親の死から数十年後、古代神話の宝石とマスクを探すため海域を調査していた海洋考古学者ニコール、学生のジェニー、マイケル達に、レイは本当の目的を知らせないまま加わることになる。その後、彼らの前に同じく宝石を狙うギリシャ系マフィア、オーデマス一族のマックスウェルが現れる。実は、宝石やマスクは以前オーデマス一族の所有物だった。・・・



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ