Piket's Movie Memorandum

ぴけっとの映画ブログにようこそ!ホラサス、SF、ドラマが好きです。各記事内の続きを読むをクリックすると、ネタバレが有りますので、ご注意を。記事数は2019年10月10日現在で、2156作品です。記事内の星はオイラのお勧め度で★1点☆0.5点で、5点満点で採点してあります。よろしくお願い致します。

2018年01月

ブルース・ウェインは古い井戸に落ちコウモリの群れに襲われて以来、それがトラウマとなる。ある夜、両親のトーマス・ウェインとマーサと一緒にオペラ・ドンジョバンニを見ている時、ブルースはコウモリに仮装したパフォーマーを見て井戸のコウモリを思い出し怯えて帰りたいと頼む。そして帰り道に強盗のチルによって両親を殺害されてしまった。孤児になったブルースは執事のアルフレッド・ペニーワースに育てられる。14年後、チルはゴッサム・シティーのマフィアのボス、カーマイン・ファルコーニに不利な証言と引き換えに釈放される。復讐のためチルを殺害しようとするブルースだったが、ファルコーニの暗殺者が一足早くチルを殺害した。ブルースの幼なじみのレイチェル(地方検事の補佐)は司法制度を無視しようとする彼を叱りつけ、彼の父親が恥じていると言う。その後、ファルコーニの元へ向かったブルースは、汚職と腐敗の蔓延したこの街では正義や個人の力など何の意味も持たないことを知らされた。ブルースは不公平に戦う力を得るため、世界中を巡る旅に出る。そして犯罪者の心理を知るため自ら罪人となり、中国の刑務所に入る。ある日、刑務所にデュカードが訪れて、悪と戦う気があるなら釈放すると申し出てきた。ブルースはヒマラヤ山脈で悪と戦う力を手に入れるには超然的な存在になる必要があると説くデュカードに導かれ、ラーズ・アル・グール率いる影の同盟のメンバーとして訓練を受ける。戦闘およびブルースの恐怖を克服する訓練が終わった後、ラーズは腐敗しているゴッサム・シティーをブルースに破壊せよと命令する。ブルースは影の同盟を否定し脱出の間に寺を焼失させる。ラーズは落ちてくる梁によって死亡した。ブルースは気絶した恩師デュカードだけを助け、彼を麓の村人に預けた。ブルースは犯罪と戦うためにゴッサムに帰郷。子供の頃の恐怖から、恐怖のシンボルになるためにコウモリの姿をした自警団になり、ウェイン邸の地下洞窟に拠点を作る。ブルースは不況による貧困、犯罪の横行、司法の腐敗に喘ぐゴッサムシティーでバットマンとしての闘いを開始。ウェイン産業の応用科学部門のルーシャス・フォックスの協力を得て、ボディスーツと装甲車を含む試作品の兵器を提供される。ブルースは自分への疑いを避ける為に、浅はかなプレイボーイのふりをわざとし始めた。・・・


続きを読む

バットマン&ロビンの前に現れた冷凍怪人Mr.フリーズ。不治の病の妻を冷凍保存する際、事故で氷点下でしか生きられなくなった彼は、冷凍スーツの原動力ダイヤモンドを強奪していた。そのころ南米ではウッドルー教授の実験により、改造戦士ベインが誕生。ウッドルーはこの筋肉増強剤を闇で売りさばこうとしていた。植物学研究者パメラ・アイズリーはその秘密を知った為、殺されかけるが植物の毒素と反応を起こしフェロモンと毒を含有するポイズンアイビーとして蘇生。ウッドルーを始末しベインとともにゴッサム・シティーへ向かう。ブルースの忠実な執事にして親代わりであるアルフレッドはマクレガー症候群と言う病に冒されていた。余命いくばくもないと感じた彼は自らの後釜として弟を探す。そんな頃、アルフレッドの姪である学生バーバラが訊ねてきて住み込むようになった。アイビーとフリーズが手を組む一方で、仲間割れするバットマンとロビン。そして倒れるアルフレッド。そんな中バーバラは、病床のアルフレッドから弟に渡すようにと託された記録ディスクを盗み見し、屋敷の地下秘密基地バットケイブに侵入した。・・・


続きを読む

ブルースはバットマンという裏の顔に悩み、精神科医チェイスを訊ねる。美貌の精神科医はバットマンに惹かれていたが、ブルースも彼女に惹かれていた。しかし正体は中々ばらせなかった。ある日、彼女を名士の集まる慈善サーカスにエスコートする。だが、そこにギャングのボス、トゥー・フェイスがバットマンを出せと登場し暴れ始める。時限爆弾を取り外す為、空中ブランコ乗りの一人、ディックが活躍するが、その際彼の肉親が地面に墜落し死亡してしまう。孤児になったディックを引き取るブルース。トゥーフェイスに復讐心を燃やす彼は、家の中を散策する内にバットマンの正体を知る。一方、狂気の天才科学者、エドワード・ニグマは自己顕示欲が抑えきれず、会社の上司を殺害。緑の怪人リドラーとしてトゥーフェイスと手を組みバットマンの正体を調べ始め、そして暗殺を計画するのだった。・・・


続きを読む

ゴッサム・シティに跳梁跋扈するサーカスギャング団。奇形ゆえ捨てられた過去を持つボス・ペンギンは、表の世界に乗り出すべく自作自演や狂言などで自らの価値を高めていく。それに協力するのは、野心溢れる実業家マックス・シュレック。彼は原発を建設して電力を一手に牛耳り、市の生命線を握ろうとしていた。そんな計画に気付いた内気な秘書セリーナ・カイルは、口を封じるためにビルから突き落とされる。しかし猫の魔力で甦った彼女はキャットウーマンとして街に繰り出すようになる。ペンギンの企み、シュレックの野望を阻止する為に、そしてキャットウーマンと争うべくバットマンは今宵も闇を走る。クリスマスを舞台に怪人たちのサーカスは幕を開けた。・・・


続きを読む

このページのトップヘ