Piket's Movie Memorandum

ぴけっとの映画ブログにようこそ!ホラサス、SF、ドラマが好きです。各記事内の続きを読むをクリックすると、ネタバレが有りますので、ご注意を。記事数は2019年10月10日現在で、2156作品です。記事内の星はオイラのお勧め度で★1点☆0.5点で、5点満点で採点してあります。よろしくお願い致します。

2017年11月

泥沼のベトナム戦争が終結を迎えつつある1973年。アメリカの気象衛星ランドサットが南太平洋上に未知の孤島を発見する。そしてランダ率いる米国政府特務機関“モナーク”によって編成された調査隊が派遣される。リーダーを務めるのは、ジャングルでのサバイバルに精通した英国陸軍特殊空挺部隊の元兵士コンラッド。他のメンバーは研究者に戦場カメラマン・ウィーバー、ベトナム帰りの米軍ヘリ部隊を率いるパッカード大佐といった面々。しかし地質調査のために爆破を繰り返す一行の前に突如、巨大な猿コングが現われ、ヘリコプターを次々と破壊し始める。その圧倒的な破壊力に為す術もない人間たちは、この恐るべき生物から逃げ延び、一刻も早く島から脱出すべく決死のサバイバルを繰り広げるのだった。・・・


続きを読む

地上600kmの上空で地球を周回しているスペースシャトル「エクスプローラー号」。今回が初めてのミッションとなる女性エンジニアのストーン博士は、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキーの指揮の元、シャリフと共に船外でのハッブル宇宙望遠鏡の修理作業に当たっていた。その時ヒューストンの管制から、膨大な量の宇宙ゴミが高速で接近しているため船内に避難するよう緊急連絡が来る。ロシアが自国の人工衛星を破壊したところ、他の人工衛星も連鎖的に破壊され宇宙ゴミとして拡散してしまうケスラー・シンドロームが発生したのだ。ライアンらは作業を中断して退避しようとするが間に合わず、「エクスプローラー号」の水平翼に宇宙ゴミが衝突。シャリフは頭部に宇宙ゴミが直撃して貫通し即死、ライアンとマットは2人とも宇宙空間に投げ出される。船外活動ユニットを装備していないライアンは錐揉み状態になって現在位置を特定できなくなり、パニック状態による過呼吸で宇宙服の酸素も少なくなる。だがマットは的確な指示を出し続け、船外活動ユニットを駆使してライアンをロープで自分の身体に繋ぎ止めることに成功する。・・・


続きを読む

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。エンドアの戦いから約30年後。最後のジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーが姿を消した。その間に帝国軍の残党から新たにファースト・オーダーという結社が誕生し再び銀河に脅威をもたらすと同時にルークの抹殺を狙っていた。彼の双子の妹であるレイア・オーガナ将軍は新銀河共和国の支援の下で、独自の軍事組織「レジスタンス」を指揮してファースト・オーダーに立ち向かうと共に彼の行方を捜索していた。
ルークの居場所を見つける為、レジスタンスのポー・ダメロンは、BB-8と砂漠の惑星ジャクーにいる探検家ロア・サン・テッカを訪れる。ポーは彼から地図を受け取るが、間もなくフォースを操るカイロ・レンやキャプテン・ファズマ率いるファースト・オーダーが村を襲撃。ポーは乗ってきたXウイングにBB-8と乗り込み離陸しようとするが、ストームトルーパーに見つかり、彼らのブラスターでXウイングの後部を破壊され、離陸不可能に。逃げられなくなったポーはBB-8に地図データを託して逃げるよう指示。テッカがレンのライトセーバーで斬り殺された後、ポーはブラスターで立ち向かうが、レンを狙って放たれたレーザーは彼のフォースで止められ、ポーは捕虜になってスター・デストロイヤーに連行される。一方、戦友の死や村人の虐殺に衝撃を受けた一人のストームトルーパー「FN-2187」は帰還したスター・デストロイヤーの格納庫デッキで動揺を鎮めようとするが、キャプテン・ファズマに咎められて出頭を命令される。ポーは独房で拷問を受けるが、ルークの所在を示す地図の在りかを答えるのを拒み続けていた。最終手段としてレンはフォースの力を使ってポーの意識の中を探りBB-8が地図を持っていることを知った。そしてハックス将軍にBB-8の捜索を命じた。
ジャクーでゴミ漁りしている女性レイが屋外で夕飯を食べていると、電子音を聞き、ディードーに網で捕えられたBB-8を発見。彼女は網を切りBB-8を解放し、BB-8が付いてくるので一緒に行動することとなった。翌日彼女は廃品をアンカー・プラットに売りに行った際、彼からBB-8を売るよう言われるが断る。一方、立場を失って追い詰められたFN-2187はスター・デストロイヤーから脱走を決意。パイロットであるポーを独房から救出すると、共にTIEファイターを強奪して脱出する。その最中ポーはFN-2187を“フィン”と名付けた。しかし追手のミサイル攻撃を受けたTIEファイターはジャクーへ墜落、フィンとポーははぐれてしまった。


続きを読む

ジオノーシスの戦い以降、クローン大戦は激しさを増し銀河系の各地で激戦が繰り広げられ、銀河は疲弊していた。その結果、分離主義勢力が惑星コルサント等銀河共和国の主要な惑星が集中するコア・ワールドへと続く各航路を抑えて、共和国は広大なアウター・リムの様々な場所で立ち往生を余儀なくされていた。一方で、分離主義勢力の宇宙船がタトゥイーンへ向かい、ジャバ・ザ・ハットの息子ロッタ・ザ・ハットを誘拐する。これはハットをクローン大戦へ巻き込むための計画の一環だった。ジャバは息子の救出を共和国に依頼する。これを機にパルパティーン最高議長とマスター・ヨーダはロッタ救出によりジャバの信用を得て、ハットの支配する宇宙域の安全航行を確保しようと画策。オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーの2人にロッタの捜索及びジャバとの交渉を託すことにした。これを受けて、惑星クリストフシスでロースサム将軍が指揮する独立星系連合の猛攻を受け、苦戦を強いられているオビ=ワンとアナキン達の元へ、コルサントから1機の共和国攻撃用シャトルが派遣された。戦場に着陸したシャトルから降りてきた少女アソーカ・タノはヨーダ達からの伝言を伝えると、加えて自分はアナキンのパダワン、弟子だと名乗ったのだった。程なくして再び戦いが始まり、分離主義勢力のドロイド軍が大砲では貫通できないシールドを広げながら前進を開始した。


続きを読む

今から15年前、ロイド=アルハーグは自分の姿、地球人の協力者トム、状況の報告そして寄生生物ラウティスの産卵を危惧して故郷の星に応援要請をしていた。その後、ホルトに寄生したラウティスを始末したが、その記者会見場に犬がまぎれ込みラウティスの体の一部を持って行った。ラウティスは未だ死んでおらず、突然触手が出て犬の体に寄生する。そして犬の寝床、廃製鉄所でラウティスは産卵、そして幼虫が飛び出した。一方トムは病院で亡くなったが、ロイドから飛び出したアルハーグはトムの体に宿って地球で暮らし始めた。現在トム=アルハーグは妻が亡くなって独り住い、娘ジュリエットとも2年あってない。彼は48歳のはずだが、やけに老けてまるで老人のようだった。そして、あの廃製鉄所にクラブを作るため、6人が見学に来た。不動産屋らしき男は盛んに褒めちぎっていて、ここをクラブにすると引き出す。喜んでいる時、ラウティスの幼虫が目覚め不動産屋の体内に入っていった。こいつはコルベットスティングレイを盗み、ブロックハースト社の社長の婚約者を惨殺した。そのニュースをTVで見たトムは繭を殺すべく廃製鉄所へ向かう。不動産屋は何とか殺したが、自分もやられて死んでしまった。死体安置所に父の身元確認に来るジュリエット。余りの変わりように父と判別できず。でも検死官に歯型が一致したよと言われ、信じることにした。その夜ジュリエットの家に侵入者があった。彼はマクラクランといい、ジュリエットの指を切らせ寄生されていないことを確認。そしてトムは宇宙人だと話し始め、自分はアルタリア星からきた援軍だと話したがジュリエットは全く信じない。やむなく彼は体から一回外に出て、光輝く自分の姿を見せて信じさせた。・・・


続きを読む

ロス市警刑事トム・ベックは凶悪殺人犯を逮捕した。この2週間、犯人はフェラーリを6台盗み、銀行やスーパーを連続強盗、犠牲者もウナギのぼりだった。しかしいくら調査しても犯人のデヴリーズは平凡な常識人であったという証言しか得られなかった。その事に混乱しているベックをロイド・ギャラガーと名乗るFBI捜査官が訪ねてくる。エリートの若僧への反発から、ベックは犯人が死亡したことを理由に追い返そうとするがロイドは強引に捜査に介入してくる。彼はこれは連続した事件で、次の事件がまた起きると言い、そのとおりに同様の凶悪事件が発生。その後、犯人ミラーはストリップ小屋で殺されていた。ミラーはデヴリーズとはまったく交友はなく唯一の接点はデヴリーズが死亡した病院で同室だったことだけだった。・・・



続きを読む

葬儀社の息子で神学生マイケル・コヴァックは、司祭の資格を手に入れたのに自ら辞退、聖職者を辞めようとする。理由は「自分は基本的な信仰が欠落しているから」と先生のマシュー神父にメールした。ある夜、マイケルの眼の前でマシュー神父が歩道から転倒、彼を避けようと車道に出た女性が車に轢かれた。虫の息の女性は「神父さん、お祈りを」とマイケルに懇願する。未だ学生のマイケルは戸惑いながらも、お祈りの言葉を述べて彼女を看取った。その後マシュー神父に、司祭を辞退すると10万ドルの学費を請求されるぞと教えられる。そしてバチカンで2ヶ月エクソシスト養成講座を受けてみないか?辞めるのはその後でも良いだろう、と誘ってきた。 マイケルは悪魔祓いという儀式だけでなく、神の存在さえ疑っていたが、背に腹は代えられず承諾した。しかし深い猜疑心を硬い殻のようにまとうマイケルは、バチカンで悪魔にとり憑かれた者への対応において必要なのは、司祭より精神科医だと指導者たちに言い放つ。だが何千回も悪魔祓いをおこなってきた伝説的なエクソシスト、ルーカス神父の助手を務めることになり、邪悪で凶暴な悪魔がルーカス神父によって追い出されるのを目の当たりにする。しかし、そのルーカス神父もやがて悪魔に取り憑かれた。マイケルは自ら十字架を手に取り、悪魔との対決に挑む。・・・


続きを読む

近未来、脊髄にバイオポートという穴を開け、生体ケーブルを挿しこみゲームポッド(ゲーム機本体で突然変異した両生類の有精卵からできている)と人体を直接つないでプレイするヴァーチャルリアリティーゲームが人々の娯楽となっていた。ある教会でアンテナ社が開発した新作ゲーム『イグジステンズ』の発表イベントが行われている。一般の参加者が天才ゲームデザイナーのアレグラ・ゲラーとこのゲームを体験できるのだ。ゲームが始まった直後、遅れてやって来た青年の隠し持っていた奇妙な銃で、責任者の男とゲーム中のアレグラが撃たれてしまう。ゲームの開発者や販売会社は、現実主義者(リアリスト)から敵視されているのだ。警備員のテッド・パイクルは負傷したアレグラを連れて逃げだした。アレグラは、襲撃された時に傷ついた原本のゲームポッドが正常かどうか、確かめるためにテッドと共にゲームを始めた。ルールもゴールも分からないまま、現実並にリアルなゲーム世界のキャラクターになるテッド。自意識はあるが、必要なセリフは勝手に口をついて出てくる。更に設定されているのか?中華料理屋の給仕らを殺しながらステージをクリアして行く。そうしたら、何と現実の世界に戻っても殺人は続いていた。彼らが戻った世界は、果たして現実なのだろうか?


続きを読む

1953年、ニューヨーク。ウィリアム(ビル)・リーは害虫駆除の仕事をしていたが、殺虫剤が減るのが早すぎることに気づく。実は家にいる妻ジョーンがくすねて麻薬として使用していたのだ。ある日、麻薬捜査官に連行されたウィリアムの前に巨大なゴキブリのような虫が現れ、彼に話しかける。私は貴方の上司で、スパイ活動と報告書提出、更にインターゾーン商会の回し者だというジョーンの殺害を指示されるが、ウィリアムはバグを叩き潰して逃げ出す。友人に紹介されてウィリアムはベンウェイ医師を訪ね、ジョーンのために中毒に効くというムカデのパウダーをもらってくる。


続きを読む

田舎町の深夜のGSで女が一人給油を待って車内にいる。突然頭巾をかぶった不気味な奴が現れ、ガラス窓を破って襲いにかかった。そいつは屋根に乗って暴れる。女は驚きながら逃げ出し給油中なのを確認してジッポのライターを投げつけ車ごと爆破した。しかし奴は死なないぞぉ。女はコンビニに助けを求めるが店員はいなくて、すぐに奴に捕まって殴られ続ける。その様子を防犯カメラは録画しているのだが犯人の姿は映っていない。女が一人で飛ばされているだけなのだ。更に奴は女が気絶すると、おもむろに首筋に噛みつき血をすすった。その後、奴の肌がみるみる若返っていった。
チャーリー、エイミー、エドは学校の課外授業でルーマニアに到着。チャーリーはこの前違う女とキスして、エイミーはおしまいよとカンカンな状態。プレゼント攻撃で仲直りを画策するも上手くいかないチャーリー。親友エドにあと1週間経ったら俺が口説くよと茶化されてしまう。一行はホテルに入ってくつろいでると、チャーリーは対面のホテルで女がレズってるのを見た。初めは笑って見ていたが、んっ、一人の女の背中に血が流れている。急いでエドを呼んだが女2人は消えていた。その夜講義があり生徒みんなが集められる。ルーマニアの歴史の先生の名は、セクシーな女性でジェリー・ダンドリッジという。その後、エドとチャーリーはドラキュラツアーに参加して城を見に行く。途中チャーリーが列を離れてトイレを探しに行くと男と女がキスしてた。よく見るとそれはさっきの先生、ジェリーだった。ジェリーと眼が合い驚いてチャーリーが隠れると彼女らは消えていた。翌日の講義中チャーリーは居眠りしてて、ジェリーがエイミーの喉を掻き切る夢を見て飛び起きた。そしてホテルに帰ると刑事さんが来ていた。昨日のツアーで男が一人行方不明だとか。チャーリーは部屋に帰り対面を見ると、ジェリーが窓から下を覗いてキョロキョロしてる。そしていきなり大きな袋を担いで4階の窓から飛び降りた。ふわっと柔らかく着地した彼女は、袋を車の荷台に乗せて走り去った。彼女はやはり普通じゃ無いわ。チャーリーは窓をよじ登り、ジェリーの部屋に忍び込み調査を始めた。・・・


続きを読む

別居中のDV夫から逃れるため、双子の息子たちを連れて田舎の一軒家に移り住んだコートニー。ある日、息子たちが家の中で映写機と8ミリフィルムを発見する。再生してみると、そこには恐ろしい殺人事件の映像が収められていた。実はコートニーたちが引っ越してきたのは、邪神ブグールに取り憑かれたいわくつきの家だったのだ。かつてここで起きた事件に関わった元副保安官の男は、新たな惨劇を予感して阻止しようとするが。・・・


いきなり白黒で出るのは、ロメロのNOTLD(ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド)の終盤です。。。

フッテージ デス・スパイラル amazon続きを読む

10年前にベストセラーを執筆して以来、その後全く売れないノンフィクション作家のエリソンは、妻トレイシーと二人の子供と共に、ペンシルヴァニア州郊外の一軒家へ引っ越した。しかしエリソンは、以前そこである事件が起きた事を家族に伝えていなかった。その家は、かつてスティーヴンソンという一家が住んでいたが、家族は惨殺され、幼い娘ステファニーが失踪するという事件が起きていた。エリソンは事件の真相を調べて本を書き、作家として起死回生を図るために越して来たのだ。屋根裏部屋で5本の8ミリフィルム(フッテージ=未編集フィルム)と映写機の入った箱を発見するエリソン。「家族一緒に 2011」というタイトルのフィルムを見ると、スティーヴンソン一家が庭で楽しそうに過ごす映像が映し出される。すると突然場面が変わり、大木に一家が縄で吊られ、惨殺される映像が流れる。それは殺人の実行犯が自ら写した記録フィルムだったのだ。



フッテージ amazon続きを読む

1970年代後半の5年間、ミュージックシーンから完全に姿を消したマイルス・デイヴィスは、慢性の腰痛に悩まされドラッグや鎮痛剤の影響から、自宅で1人すさんだ生活を送っていた。そんなマイルスのもとにローリング・ストーン誌の記者・デイブ・ブレイデンが強引におしかけてきた。それから2日間、2人は盗まれたマイルスの最新曲のテープを取り戻すため思わぬ追跡劇に巻き込まれた。・・・





続きを読む

1950年代に一世を風靡した、ジャズ・トランペッター「チェット・ベイカー」は、ドラッグ絡みのトラブルをたびたび起こしスポットライトから久しく遠ざかっていた。 1966年公演先のイタリアで投獄された後、アメリカに帰国したチェットは俳優として自伝映画の撮影に参加する。しかしヤクの代金未払いにより売人から惨たらしい暴行を受け、アゴが砕かれ前歯を全部失う重症を負わされた。これは今までのキャリアの終焉を意味していた。トランペットが吹けないチェットの心のよりどころは、映画で共演した女優ジェーンの存在だった。 ジェーンの献身的な愛に支えられ、険しい再起への道のりを乗り越えていくチェットだった。・・・



続きを読む

トランシルヴァニアのパスブルグを訪れた司書のジョナサンは、友人である町長の娘ルーシーの紹介によって街の発展の功労者であるドラキュラ伯爵の城へ招かれた。城へ泊まり込んでの仕事は膨大な蔵書の目録作りだったが、それはドラキュラがジョナサンの妻であるミナをおびき寄せるために仕組んだ罠だった。・・・





dariodracula001
続きを読む

今から約3000年前。大神官イムホテップはセティ1世の愛人であるアナクスナムンと恋に落ちる。セティ1世から仲を疑われた2人はとっさに彼を殺害。イムホテップはアナクスナムンを生き返らせることを彼女に約束し逃亡、アナクスナムンは自害する。死者の書を手に、死者の都ハムナプトラへ赴き儀式を行うイムホテップだが、完遂を目前にして王の兵団が乱入。儀式の中断によりアナクスナムンの蘇生は失敗、部下の神官たちは罰として生きながらミイラにされ、イムホテップは“その残酷さゆえに一度も行われたことが無い”という禁断の呪い「ホムダイ」にかけられる。1923年。外国人部隊所属のリック・オコーネルは、部隊がトゥアレグ族に敗北、部下のベニーにも見放され、1人で砂漠を放浪するはめになる。3年後、死刑が確定し、カイロ刑務所に服役していたオコーネルの元を、カイロ博物館に勤務する女性エヴリンとその兄でお宝目当てのジョナサンが訪れ、救い出す。船でハムナプトラに向かうオコーネル一行は、同じくハムナプトラを目指すアメリカ人のグループと案内役を務めるベニーに遭遇。途中で謎の組織からの攻撃を受け、船は沈没するも、彼らはハムナプトラに辿り着いた。敵対しながら発掘作業を進める2つのグループを再び謎の組織が襲い、「去らねば死ぬ」と言い残して去る。そしてアメリカ人達は死者の書を、エヴリン達は謎の石棺とそこに眠る生乾きの奇妙なミイラを発見する。拝借した死者の書をエヴリンが解読し音読すると叫び声をあげるミイラ。イムホテップが蘇ったのだ。・・・





続きを読む

このページのトップヘ