Piket's Movie Memorandum

ぴけっとの映画ブログにようこそ!ホラサス、SF、ドラマが好きです。各記事内の続きを読むをクリックすると、ネタバレが有りますので、ご注意を。記事数は2019年10月10日現在で、2156作品です。記事内の星はオイラのお勧め度で★1点☆0.5点で、5点満点で採点してあります。よろしくお願い致します。

2007年01月

花屋の娘・結花は、大学生の浅海と何気なく出会い、惹かれ合ったが浅海が携帯を無くした事から、その後はお互いに連絡が取れずにいた。それから1年後、2人は偶然に再会する。今でも父・重雄の花屋を手伝う結花と、その花屋の近くの県立高校の教師になっていた浅海。年が明けて1月7日。一部の落ちこぼれ生徒を集めて、冬休みの補講が行なわれていた。学校には、女の子に人気の大友や、高松たちの落ちこぼれ軍団、ブランド好きでローン地獄にハマっている女教師・関谷則子らがいた。そこに、結花が関谷のもとへ昨年からの花代の集金に来るが、関谷にまた逃げられてしまう。その後、校庭でたまたま会った結花と浅海が話そうとした時、突然、地響きが起こる。激しい揺れが収まった時、そこで二人が見たものは学校の外が荒れ果てた荒野になっている光景だった。・・・

hyouryuukyousitull.jpg

ロング・ラブレター ~漂流教室 amazon
続きを読む

桃ヶ丘音楽大学を舞台に、指揮者を目指す千秋と落ちこぼれ天然ピアニストのだめ(野田恵)が奏でる笑いと愛の青春ラプソディ。この二人がお互いの幼い頃のトラウマを克服しながらプロのクラシックのアーティストを目指すお話です。コミック、アニメは見ていなくて、予備知識無しで、いきなりドラマから入ったオイラでしたが、最高に笑わせてくれましたよ。のだめちゃんの子供っぽいキャラは言うに及ばず可愛いし、他のキャラも特徴が傑出しています。その中で竹中直人はサイコーの偽外国人でしたね。合コン好きのセクハラ親父。酒とたばこと女が無ければ死ぬという彼の言葉は、オイラ自身もそうです。(爆笑&反省、でもやめられませんよね。)

のだめカンタービレ amazon
続きを読む

非道な領主、荒川飛彈守は隣の国の木こりをかどわかして、戦争をする為の砦作りに硫黄が立ち込める地獄谷で強制労働させる。その内の一人が立ち入り禁止の魔神の山を越えて命からがら逃げ出した。彼は現状を村人に伝え、まもなく息絶えた。村人は吹雪の到来、魔神の怒りを恐れて助けに行けない。そんな時、父、兄たちを救うため、四人の子供たちが立ち上がり、魔神の山を越え、地獄谷へ向かう。・・・

大魔神逆襲 amazon

続きを読む

湖を挟んで親戚同士の国、名越と千草は神様に感謝して、湖の幸にて平和に暮らしていた。ある日、千草の隣国の領主・御子柴弾正は山ばかりの地形の為、年貢が取れず、千草領土を占領すべく襲ってきた。千草の若頭・十郎は傷を負ってなんとか逃げたが、弾正は十郎が匿われているのではないかと名越にやってきた。逆らった名越の頭領が殺され、長男の勝茂は拉致。残された名越の姫・小百合(十郎の婚約者)は湖に浮かぶ小さな島の神に祈るしかなかった。ところがその祈りの対象である像を弾正は心の拠り所を無くす為、爆破してしまう。小百合は怪我をしていた十郎を島で見つけて看病するが、やがて二人は弾正の罠にかかって捕らえられてしまう。そして弾正は十郎、勝茂、逆らった村人を縛り上げ、小百合を公開処刑にして火あぶりにしようとする。小百合は神に「自らの命はいりません。神に捧げます。その代わり皆をお助け下さい。」と必死に祈った。すると、大きな雷鳴が鳴り響き、湖水を割りながら大魔神が姿を現した。・・・

大魔神怒る amazon
続きを読む

戦国の世、丹波の国で主、花房忠清を弑して謀反が起こった。新しい領主大館左馬之助は、家臣小源太と忠清の息子忠文と娘小笹を探したが見つからなかった。彼らはお家再興を胸に秘め巫女の悠乃に魔神が封じ込められていると伝わる山にかくまわれていた。それから10年後、大館左馬之助は厳しい年貢の取り立て、砦作りの為、過酷な労役を領民に課していた。更には村の守り神たる魔神像をも破壊しようとした。だが、額にくいを打ち込んだ途端、像は血を流し、突如山崩れが起こり、作業にあたっていた人足たちは土砂に呑み込まれてしまう。左馬之助は魔神像の破壊をあきらめたが、小源太と忠文は捕まえる事に成功し磔を実行しようとしていた。忠文の妹・小笹は、唯一の心の拠り所、魔神像に助けを求めるのだった。・・・

大魔神 amazon
続きを読む

“若人よ、若き日に楽しめ  コヘレトの言葉”
この出だしから始まる。1967年のベトナム共和国、白人のクリス・テイラーは自分と同年代の、しかも少数民族や黒人・貧困層という、アメリカ合衆国の底辺層である若者が、職と金を求めて、次々とアメリカ合衆国軍に徴兵していく現実に憤りを覚え、両親の反対を押し切り大学を中退して、アメリカ陸軍に志願、ベトナム戦争の戦場へやってきた。しかし南ベトナム解放民族戦線のゲリラ戦に悩まされ、鬱蒼とした密林のジャングルで対峙する戦場の過酷さは、彼の想像を遥かに超えるものであり、現地に配属された当日に、自身の決断を後悔する。テイラーはカンボジア国境付近のアメリカ陸軍第25歩兵師団に配属される。

プラトーン amazon
続きを読む

このページのトップヘ